声優・アニメ・e-sportsの専門学校 | 声優・アニメ・e-sports業界で「好き」なことを「仕事」にする【東京アニメ・声優専門学校】
産学連携プロジェクト 産学連携プロジェクト

株式会社アニプレックス

在校生が参加

アニプレックス

花澤香奈さんと学生がコラボ制作

「私たちは映像や音楽を制作し、世界中に提供するエンタテインメント・カンパニーです。中心となるアニメでは、TVシリーズや劇場版などの作品を数多く制作しています。また、音楽ではアニメやゲームの劇伴(劇中音楽)・サウンドトラック、主題歌のコンピレーションアルバムなどの制作を行っています。さらに、ドラマやバラエティのTVシリーズや劇場版など、実写作品の制作にも取り組んでいます。それらのDVD・BD・CDへのパッケージ化と販売、配信、劇場配給、番組販売、商品化ライセンス、舞台化など幅広いビジネスを国内外で展開しています。100%子会社としてアニメスタジオの「株式会社A-1 Pictures」、モバイル配信の「株式会社番町製作所」、北米拠点の「Aniplex of America Inc.」を設立しています。みずみずしい感性、柔軟な発想、そして熱狂を武器に、さまざまな領域で挑戦し続けます。

「花澤香菜のひとりでできるかな?」の公開録音を本校にて開催!!

「花澤香菜のひとりでできるかな?」の公開録音

花澤香菜さんとコラボ

龍田さん

作品のコンセプトを教えていただけますか?

私が選ばれたのはワンポイントとボタンの2つです。どちらもシンプルにさりげなく可愛さを演出しました。ワンポイントは花澤さんの直筆イラストを使いライブでしか買えない限定感を出しました。

製作中心がけたことを教えてください。

できるだけデザイン案を出すことです。多ければ多いほど花澤さんが思うカーディガンのイメージに近いものが出てくる確率が高くなると思ったので、思いついたものをどんどん出しました。

自分的にはどこが評価されたと思いますか?

ただ単に自分だったらこんなデザインのカーディガンが欲しいからという理由で作らず、冷静に花澤さんのイメージ・イラスト・ライブに来るお客さん(ターゲット)などを分析してデザインをしたところが評価されたと思っています。

実際に花澤香菜さんにお会いした感想は?

とても顔が小さくてお人形さんみたいでした。会議室に花澤さんが入ってきた瞬間、有名人ならではのオーラっていうんですかね?「おおお!」ってなりました(笑)。

プレゼン会場の雰囲気は?

プレゼンする人は全員ガチガチに固まって緊張しているというのが一目でわかりました(笑)。花澤さんが全部のプレゼンを見て、選ぶ瞬間はみんながドキドキしていたのではないでしょうか。とにかく緊張した雰囲気でした。

花澤さんとは少し話せましたか?

目は絶対合いました!! でも話すなんてとんでもない…。できるなら話をしてみたかったのですが、マネージャーさんと「選ばれてよかったね!」と話しただけで精いっぱいでした。

学べたこと、良かったこと、 なんでも良いので教えてください。

たくさん学びました。締切までに決められた範囲の中でグッズのデザイン案を考える大変さや、プレゼンの出来の悪さに反省したりしました。でも一番は自分のデザインを評価され採用されたという嬉しさを味わうことができました。いい経験ができてよかったです。

中村さん

作品のコンセプトを教えていただけますか?

僕が採用された案は「家紋」なんです。やはり声優さんのグッズには可愛らしさなどの他にも、ライブでのファンとの一体感が生まれるようなものもほしくて、こういった「家紋」という案になりました。僕の気持ちとしてはファン全員がこの家紋を背負ってひとつの家族、「花澤組」となり「香菜になれずとも花澤に!」というコンセプトのもと企画しました(笑)。ちなみに、この家紋はラベルにプリントされるようです。

製作中心がけたことを教えてください。

そうですね。やはり「家紋」っていうと、どうしても堅苦しいイメージになりかねなくて、ライブへの一体感のみに頭が行きがちにならないように、あくまでも花澤香菜らしさというものを忘れないように心がけました。僕にとっての花澤香菜さんのイメージはやはり可愛らしさだったので、それを念頭に置きつつ家紋のデザインへと落とし込んでいきました。

実際に花澤香菜さんにお会いした感想は?

むちゃくちゃかわいかったです! もう普段雑誌などで見る姿と全く同じで逆にビビりました。プレゼンの際も花澤さんはとても礼儀正しく、声も小さく可愛らしい声で、イメージ通りの方で要所要所でやはり堪えきれず顔がニヤついていたと思います(笑)。最後に記念撮影を撮って頂いたのですが、花澤さんの真後ろであんなに近くで撮ることができて、一生の思い出ができました! 悔やまれることが出来上がった写真が僕だけ目をつぶってしまっていたことです(泣)。

プレゼンは緊張しましたか?

とても緊張しました。部屋自体も広く、また周りの大人も十数人近くいて、ただでさえアニプレックスでのプレゼンというだけでも緊張するのに、その上花澤さんを目の前にして緊張しないわけないです。ほんと頭が真っ白な状態でした。なので時間が経つのも早く感じましたし、今思い返してみても自分の出来に全然納得がいきませんね。ですが、この経験はとても身になりましたし、この経験から次に繋いでいけたらと思っています。

学べたこと、良かったこと、
なんでも良いので教えてください。

今回は初めての経験も多く、あらゆる面で勉強できました。こういったグッズ開発自体初めての経験でしたし、プレゼンもこういった大人の方たちの前ですることが初めてで、自分の実力も未熟なこともあって、何もかもが勉強でした。ただ、そんな中で自分の案が採用されたことは、大変運が良かったという一言につきますが、この経験は今後の自分にとって大きな自信となりました。

過去の産学連携プロジェクトはこちら

合同会社ライアットゲームズ

合同会社ライアットゲームズ

© Riot Games, Inc. All rights reserved.

ウェルプレイドカップ

ウェルプレイドカップ

©CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社スクウェア・エニックス

株式会社スクウェア・エニックス

©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
株式会社スクウェア・エニックス 第2ビジネス・ディビジョン

株式会社神南スタジオ

株式会社神南スタジオ

©モレンジャーVひにょうきか製作委員会

planetarian~ちいさなほしのゆめ~

配信アニメ「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」先行試写会

©VisualArt’s/Key/planetarian project

東映アニメーション株式会社

東映アニメーション株式会社

キラキラプリキュアアラモード©ABC-A・東映アニメーション

株式会社STUDIO4℃

株式会社STUDIO4℃

©Project Itoh / HARMONY

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

©SHAFT / MADOGATARI
©Magica Quartet / Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
©西尾維新 / 講談社・アニプレックス・シャフト
主催:MADOGATARI製作委員会

株式会社ブシロード

カードファイト!! ヴァンガードGZ

©ヴァンガードG2016/テレビ東京
カードファイト!! ヴァンガードGZ

株式会ぴえろ

NARUTO-ナルト-

©岸本斉史スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ©劇場版NARUTO製作委員会2012

株式会社WHITE FOX

装神少女まとい Re:ゼロから始める異世界生活

©黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
©つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の制作に在校生が参加!!

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の制作に在校生が参加!!

©バードスタジオ/集英社©「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会