JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『Googleによるゲームストリーミングサービス“STADIA”』
投稿日 2019年3月20日
thumbnail

 

Googleはゲーム開発向けのイベント“Game Developers Conference 2019”で、ゲームストリーミングプラットフォーム“STADIA”を発表しました。

 

“STADIA”は、クラウドからChromeブラウザ、Chromecast、Pixel端末などにゲームをストリーミングできるサービスで、今後は、スマホやタブレット、PC、TVなどあらゆる端末でゲームがプレイできるようになる、ゲームプラットフォームです。

 

ゲームをプレイするのに必要なハードウェアを必要としないため、WindowsやmacOS、LinuxなどのパソコンではGoogle Chromeブラウザさえあればゲームができ、Chromecastを用いればテレビでゲームをプレイすることも可能です。そして何より、端末のスペックを気にする必要がなくなりますので、プレイヤー側は自分の望むような端末でゲームを遊ぶことができます。

 

そして、Stadiaは動画配信サービスYoutubeと連動、Yotuberが実況・配信するゲームタイトルを見て、そのゲームをStadiaですぐにプレイできるようになります。生放送する配信者と同じタイトルがすぐに遊べるので、コミュニティの活性化に大きく貢献することが期待されています。

 

出典:https://stadia.dev

 

また、GoogleはSTADIAでゲームをプレイする際、専用の“STADIAコントローラー”も同時に発表しました。従来のコントローラーでも遊ぶことはできますが、専用のコントーラーはゲーム機やスマホに直接接続するのではなく、Wi-Fiを通じて接続するのが特徴です。Googleのサーバーと直接繋がることになりますので、遅延もなくスムーズにプレイすることができます。

一般的なキー配置で慣れ親しんだコントーラーには、チャット、マイク、Youtubeのシェアボタン、Googleアシストボタンが搭載されている。

 

 

STADIAのサービス開始は、2019年内と発表されています。アメリカ、カナダ、イギリス、欧州の一部から開始されるようです。STADIAの発表により、ゲームをプレイするハードルは限りなく低くなりまりました。ゲームが競技として認知されているいま、STADIAが世界に広がれば、世界中どこでも誰とでも好きなゲームで競い合うことができるでしょう。

 

https://youtu.be/W7hc4R8JAJY

出典:Google Developers Youtube Channel

 

 

Game Developers Conference
公式サイト:https://www.gdconf.com

STADIA(開発者向けWebサイト)
公式サイト:https://stadia.dev

 

Twitter

e-sportsの最新ニュースやイベント情報を発信中!

オープンキャンパス
Related関連記事