JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『レインボーシックス World Cup』第一回目となるR6Sワールドカップが開催決定!
投稿日 2020年9月14日
thumbnail

 

ユービーアイソフト株式会社は、2020年9月11日に配信された「Ubisoft Forward」にて、レインボーシックス シージの世界大会「レインボーシックス World Cup」を開催することを発表しました。

決勝大会は2021年夏を予定しており、世界から45の国と地域が参加し、20チームがファイナルステージへと進出する。既にシード14か国は決定しており、日本はシード権を持つ国として、ファイナルステージへの出場権を獲得しています。

 

以下、公式サイトを引用

「レインボーシックス WORLD CUP」とは?

レインボーシックス Eスポーツ史上初、世界中の45カ国・リージョンを対象とするプレイヤーが集結し、トップレベルの戦いを繰り広げる舞台であり、勝ち残った唯一の最強チームだけがレインボーシックス WORLD CUPの歴史を作り、最初のトロフィーを手にすることができます。「レインボーシックス WORLD CUP」には最新のレインボーシックス Eスポーツのエコシステムが適用され、レインボーシックス シージの中でも初めて国・地域をベースとする独立したレイヤーの大会となります。また、レインボーシックス WORLD CUPはファンの皆様にとっても、国際大会のステージで代表チームに対する無償の愛や誇り・応援を分かち合うことのできる前例のない機会となることでしょう。

2021年夏に開催されるファイナルステージへの参加条件

ファイナルステージへの予選は、第1弾では全45カ国・地域を対象に行われます。そのうち14の国・地域の代表チームが招待枠を勝ち取ることができ、残りの6枠をかけて31の国・地域でオンライン予選を行います。最終的には20チームでファイナルステージを戦います。

予選について

2021年初頭より5回のオンライン予選を行います。

チーム構成および役割について

各国・地域のチームを決定するにあたって、各地のレインボーシックス シージコミュニティとプロシーンが2段階のプロセスに関与します。

<ステップ 1>

9月14日から、全45カ国・地域を対象に各地で3人のチームマネージャーからなるナショナルコミッティー(委員会)が設置されます。チームマネージャーの選出手順は以下の通りです。

・1人目のチームマネージャーはリージョン内UbisoftのEスポーツチームによって選出される
・2人目のチームマネージャーはリージョン内プロプレイヤー及びコーチによってプロシーン代表として選出される
・3人目のチームマネージャーはリージョン内レインボーシックス シージコミュニティによって選出される

チームマネージャーとして選出される者は以下の条件を満たす必要があります。

・2020年9月1日時点で18歳以上であること
・2020年1月1日時点で国籍を有すること

<ステップ 2>

晩秋に各国ナショナルコミッティーがチームとして出場する5名のプレイヤーを選出します。 チームメンバーに選出される者は以下の条件を満たす必要があります。

・2020年9月1日時点で18歳以上であること
・2020年1月1日時点で国籍を有すること

また、同一のプロ組織からナショナルチームに選出できるプレイヤーは2名までです。(2020年11月時点のプロ組織登録メンバーに基づくものとします。)

ナショナルコミッティーは、熟慮を重ねて構成された選抜チームがWorld Cupチャンピオンへの道に挑めるよう、力を尽くしてチームを導くことが求められます。

 

レインボーシックス World Cup 特設サイト

 

オープンキャンパス
Related関連記事