JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『e-mode』e-sportsプレイヤー向けのマッチングプラットフォームがサービス開始
投稿日 2019年5月13日
thumbnail

 

Crossshare株式会社は、e-sportsプレイヤー向けのマッチングプラットフォーム“e-mode”のサービスを開始しました。

 

e-modeはゲーマー同士の仲間探しをより円滑にし、プロゲーマーや有名ストリーマーだけではなく、ライト層でも気軽に利用できるWebサービスです。

 

e-modeでは設定した条件にあわせて、対戦や協力相手の募集を投稿を閲覧することができ、プレイスタイルに合った仲間を見つけることができます。また、e-modeに自分のプレイスタイルなどを登録することで、自分の合ったプレイヤーから協力や対戦の申し込みが届くようになります。

 

また、TwitterやDiscordの投稿が全てまとめてリアルタイムで表示され、レベルやコンソール、ボイスチャットの有無などを始めとした計8項目の条件検索を利用することで、見たい募集投稿のみを閲覧することができる。

 

Crosshsareによると、今後、e-modeではプレイヤーの能力を可視化したり、競争環境の整備などを通じて、よりe-sportsに適した環境が構築されることになり、ゲームの実力や個人としての発信力次第で収益化可能なインフラを提供。ゲーマーのための生活基盤っていくとのこと。

現在、PUBG、Apex Legends、Fortniteといったバトルロイヤルが採用されており、既に多くの募集が投稿されています。

 

e-mode
公式サイト:https://gg.emode.jp

 

オープンキャンパス
Related関連記事