JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『Mid-Season Invitational 2021(MSI 2021)』LoLの国際e-sports大会、グループステージの組み分けが決定!
投稿日 2021年3月31日
thumbnail

 

合同会社ライアットゲームズは、MOBA「League of Legends」において、2021年5月6日から5月23日(現地時間)にアイスランドのレイキャビクで開催される国際e-sports大会「Mid-Season Invitational(MSI 2021)」のグループステージの組み分け表が決定したことを発表しました。

日本からの出場チームは、2021年4月11日(日)に行われる「LJL 2021 SPRING SPLIT」で勝利したチームが進出し、韓国、北アメリカ、中南米のLoL Leagueを勝ち抜いたチームとグループステージを競い合います。

 

以下、ニュースリリースを引用

MSI 2021には各地域のトップチームが参加することが決まっています。各地域におけるプレイオフの結果が出る前に、グループステージの振り分け抽選を行いました。全12地域が以下の4つのティアに分けられています。

1 – 中国(LPL)、ヨーロッパ(LEC)、韓国(LCK)
2 – 北アメリカ(LCS)、ベトナム(VCS)、東南アジア(PCS)
3 – トルコ(TCL)、独立国家共同体(LCL)、中南米(LLA)
4 -日本(LJL)、ブラジル(CBLOL)、オセアニア(LCO)

これらのティアは過去2年間にわたる国際大会(2020 World Championshipなど)の結果に基づいて決められています。オペレーション部門のグローバルディレクターであるTom Martellがソフトウェアを使って抽選を実施し、各チームを3つのグループにランダムで割り当てました。

抽選の結果は以下のとおりです。

グループA:LPL、VCS、LCL、LCO
グループB:LEC、PCS、TCL、CBLOL
グループC:LCK、LCS、LLA、LJL

各地域からの参加チームは、それぞれの地域におけるレギュラーシーズンのプレイオフの結果に応じて決まります。日本からは、2021年4月11日(日)に行う「LJL 2021 SPRING SPLIT」のプレーオフFinalで勝利したチームがMSI 2021に進出します。最終的なチームが決定したら、全チームがアイスランドのレイキャビクにて2021年5月6日(現地時間)から始まる試合に臨みます。

また本大会の優勝特典として、今年のMSI 2021で優勝したチームのリーグは、Worlds 2021への参加枠を1チーム分多く手に入れることができます。さらにMSI 2021が終了すると、2021年の最終的なグローバルパワーランキングが算出されます。このランキングで最上位となった地域のリーグも追加の参加枠を獲得します。ただし、その地域がMSI 2021で優勝していた場合はパワーランキングで2番目のリーグが参加枠を獲得します。

なお、出場チームのリストや放送スケジュールなどのMSI 2021に関する詳しい情報は後日お知らせします。

 

League of Legends 公式サイト

 

オープンキャンパス
Related関連記事