JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『Overwatch League All-Stars』出場選手とカスタムマッチの内容が決定!
投稿日 2019年5月4日
thumbnail

 

5月15日に開催される“Overwatch League All-Stars”について、AtlanticとPacificのオールスターとカスタムマッチの内容が公表されました。

 

4月28日まで各部門ごとに行われていたファン投票によって、最も多くの投票数を獲得したプレイヤーが決定し、以下の画像の通り、アトランティックとパシフィックディビジョンからタンク、ダメージ、サポートが2名ずつ決定しました。

 

出典:Overwatch League

 

Overwatch League All-Starsでは通常のゲームモードとは異なるカスタムゲームモードが採用されており、特定のヒーローのみで競い合うモードなど、以下のカスタムモードが採用されています。

Sibling Rivalry:6vs6。各チームにゲンジとハンゾーが3名ずつ。アサルト(HANAMURA)
Healers Never Die:6vs6。サポートヒーローのみ。1ヒーロー制限あり。コントロール(NEPAL)
Terrible, Terrible Damage:6vs6。ダメージヒーローのみ。1ヒーロー制限あり。ハイブリッド(HOLLYWOOD)
Keeping the Peace:6vs6。マクリーのみ。エスコート(ROUTE 66)
Thanks, but No Tanks:6vs6。タンクヒーローなし。1ヒーロー制限あり。ハイブリッド(BLIZZARD WORLD)

 

同日に開催される“Talent Takedown”では、Atlantic、PacificのコーチがOverwatch Leagueのキャスターとアナリストによるチームを選出し、3マップセット(6vs6 ロックアウト・エリミネーション、エスコート、コントロール)で競い合います。試合の実況を担当するのはプレイヤーとのこと。

そして、“Widowmaker1v1”では、ウィドウメーカーのトッププレイヤーが各ディビジョンから選出され、1対1のヘッドショットのみによるエリミネーション形式で戦います。準々決勝、準決勝では7キル先取で、決勝戦では9キル先取で行われる。オートマチック・ライフルの使用は禁止となり、60秒後に敵の位置が公開されます。

 

スケジュール

5月15日
10:00 Talent Takedown
11:15 Widowmaker 1v1
12:30 All-Star Arcade
14:30 Widowmaker 1v1 決勝戦

5月16日
All-Star Game 公式戦

 

他にもAll-Starsイベント中は、1時間ごとに獲得できるリーグ・トークンが倍増し、TwtichやOverwatch Leagueのプラットフォームで試合をライブ観戦することで、1時間ごとに6トークンを獲得できる。

 

Overwatch
公式サイト:https://playoverwatch.com/ja-jp/

 

オープンキャンパス
Related関連記事