JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『Predator League 2020 Japan Round』PUBG日本公式予選情報が公開
投稿日 2019年11月28日
thumbnail

 

先日、予選受付が開始した「Predator League」の日本公式予選について、日本エイサー株式会社は、「Predator League 2020 Japan Round」の出場チーム及び、実況・解説、スポンサーを発表しました。

二日間に渡って開催される予選では58チームがエントリーしており、Week2へ進むことのできる24チームの枠をかけて競い合います。Week2からは、「PJS Season4 Grade1」総合順位上位8チームの日本を代表する強豪チームが加わり、2020年2月にフィリピン・マニラで開催される本戦への出場権をかけて争います。

 

以下、プレスリリースを引用

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、当社主催の「Predator League 2020 Japan Round」出場チーム、解説・実況、スポンサー様を発表いたします。

「Predator League」は、アジア・パシフィックの各国・各地域の代表が参加するeスポーツトーナメントです。予選を勝ち抜いた代表チームは2020年2月にフィリピン・マニラで開催するグランドファイナルで、アジア・パシフィック最強の称号をかけて激突します。グランドファイナルの採用タイトルは「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (以下PUBG)」、「DOTA 2」。各国・各地域予選および決勝戦の賞金総額は400,000ドルです。日本公式予選「Predator League 2020 Japan Round」にエントリーいただいた58チームの皆様にWeek1 11/30(土)、12/1(日)の1次予選ラウンドで24チームの枠をかけ対戦いただきます。

Predator League 2020 Japan Round Week1 参加予定チーム

配信も始まるWeek2からはPJS Season4 Grade1総合順位上位8チームを加えた32チームでの激闘が始まります。

熱戦を伝え、大会を盛り上げる実況・解説・MCも下記の通り決定いたしました。

実況・解説

Week2(12/7(土)、12/8(日))abaraさん(実況)、takomayoさん(解説)、堀内華央理さん(MC)
Week3(12/14(土)、12/15(日)):OooDaさん(実況)、abaraさん(解説)、堀内華央理さん(MC)

スポンサー

また、日本公式予選「Predator League 2020 Japan Round」を共に盛り上げていただくスポンサー企業様をご紹介いたします。

※順不同

・株式会社ソフマップ 様

私たちは、世界観を大切にした売場づくりを心掛けています。中心となる秋葉原の5店舗は、サブカルチャーに力を入れ、「女性に支持される店」「海外の方も楽しめる店」「eスポーツが体験できる店」などへと進化しています。他にも魅力的な店舗を全国に展開しています。また、リユース事業も手掛けており、買取アプリ『ラクウル』ではデジタル製品のみならずアパレルや楽器など自宅にいながら幅広いジャンルの買取に対応しています。

・株式会社シューズセレクション 様

国内シェアNo.1傘ブランド『Waterfront』を運営する株式会社シューズセレクション。クオリティ・ファーストの物づくり本当に満足していただけるものだけをお届けするために、Waterfrontの商品企画は品質にこだわることを前提に始まります。当社社員が毎月足を運び、品質管理を徹底。常により良い生産方法、材料を取り入れています。

商品により多くの価値があれば、それが本当の意味でのブランドになると私たちは信じています。

・トレンドマイクロ株式会社 様

トレンドマイクロは、サイバーセキュリティのリーディングカンパニーとしてデジタルインフォメーションを安全に交換できる世界の実現に貢献します。当社提供のセキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド」は、オンラインゲームを狙うサイバー犯罪やリスクに対抗し、安全にオンラインゲームを楽しむ環境をご提供します。

・株式会社ドリームファクトリー 様

ドクターエアはコンディショニングツールで人々の健康をサポートするトータルボディケアブランド。今、世界からも注目が高いeスポーツ。私たちが創造する様々なコンディショニングツールを通じて、日本から世界のeスポーツを盛り上げていくプレイヤーの挑戦を応援していきます。

・株式会社ニデック 様

「ゲーマーの目を守る鎧」をコンセプトにG-SQUAREシリーズを開発。プロ選手と共同開発したG-SQUAREアイウェアは、現在多くの選手の勝利をサポート。

ゲームジャンルや好みに合わせてレンズやフレームカラーが選べます。

・東京メトロポリタンテレビジョン株式会社 様

TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)は地上波9chで放送している東京の放送局です。 2019年から「つなげるテレビ。」を企業メッセージに掲げ、放送事業以外でも視聴者の皆様とつながる事業を展開しています。4年前に放送を開始したeスポーツの情報バラエティ番組「eスポーツMaX」では、PUBGなど複数タイトルのゲーム大会を行う公開収録イベント「GAMING FESTIVAL」を定期的に開催するなど、eスポーツ関連事業の普及にも力を入れています。

・株式会社アウトソーシングテクノロジー 様

アウトソーシングテクノロジーは、ものづくり分野とIT分野において高度な技術力を提供しています。機械、電気、電子、IT、ソフトウェアを中心に幅広い領域で活躍する10,000名以上のエンジニアが在籍しています。国内メーカー、IT企業との取引実績やノウハウを活用し海外関連会社を通じてグローバル展開にも力を入れております。

・サッポロビール株式会社 様

当社は、サッポロ生ビール黒ラベルをはじめとしたお酒を通して皆様の生活に豊かと潤いをお届けする会社です。ビールを片手に皆さんが盛り上がる姿を想像しつつ、我々も一緒に選手の皆さんを「丸くなるな、★星になれ」のキャッチコピーとともに応援させていただきたいと思います。さて、優勝の★をゲットするのはどのチームなのか?今からワクワクしています。

日本公式予選は以下のように開催いたします。なお、日本公式予選の採用タイトルは「PUBG」のみです。

「Predator League 2020 Japan Round」開催概要

・開催日:2019年11月30日(土)~12月15日(日)の各土日、計6日間
・採用タイトル:「PUBG」
・1日のマッチ数:5マッチ (全30マッチ)
・全日程オンライントーナメント
・予定参加チーム数(SQUAD):無制限
・「PUBG JAPAN SERIES (以下PJS)」 Season4 Phase1、 Phase2の総合順位上位8チームはシードチームとして12月7日(土)から参加。棄権が出る場合は下位チームから繰り上げ出場予定
・優勝、準優勝の2チームは2020年2月フィリピン・マニラにて開催予定の「Predator League 2020」グランドファイナル(決勝トーナメント)への出場権を獲得、渡航費は日本エイサーよりサポート
・賞金総額 \1,000,000

 

Predator League 2020にかける弊社社員のインタビュー記事を掲載しております。是非ご覧ください。
https://www.predator-league.com/about?region=jp

Predator League 2020 Japan Round 公式ページ
https://www.predator-league.com/regionrules?region=jp

※配信チャンネルは改めて発表致します。

リーグ開始にあわせ、またリーグ配信をご視聴いただいた皆様を対象に、プレゼント企画などさまざまな企画を実施します。日本エイサー公式Twitterアカウント@AcerJapan にて情報を発信して参りますので、フォローしてご期待ください。

 

日本エイサー株式会社 公式サイト

 

オープンキャンパス
Related関連記事