JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『TFT: Fates Championship」TFT世界大会が開催決定!日本予選は3月6日に開幕!
投稿日 2021年2月11日
thumbnail

 

合同会社ライアットゲームズは、ラウンド制オートバトルゲーム「チームファイト タクティクス(TFT)」の世界トーナメント「TFT: Fates Championship」を開催することを発表しました。

世界トーナメントは現地時間4月7日から4月9日までの3日間にわたって開催され、地域予選を勝ち抜いた24名の選手による賞金総額25万ドル、世界一の座をかけてのオンライントーナメントとなります。

また、世界トーナメントに出場するプレイヤーを決定する日本予選は、2021年3月6日に開催、決勝戦は3月13日に行われます。エントリー受付は2021年2月19日15時から、2月25日23時59分までとなっている。

 

以下、プレスリリースを引用

「TFT: Fates Championship」世界トーナメント

「TFT: Fates Championship 」は、本戦は北米時間4月7日(水)から4月9日(金)の3日間開催します。TFTの競技人口が拡大し続けていることから、今回はプレイヤーが大会に参加できる機会と賞金総額の双方を増やすことになりました。「TFT: Fates Championship」には、地域予選を勝ち上がった総勢24名の選手が、賞金総額25万ドル(約2,500万円)とチャンピオンの座をかけてオンラインで激突します。

また、「TFT: Fates Championship 」の大会形式は、スイス式トーナメントという新形式を導入します。1日目ではスイス式で試合を5戦行い、24名が16名までに絞られます。1日目に参加する選手は各地域での成績に応じて3つのロビーに振り分けられます。2日目もスイス式で試合を5戦行い、ここで16名が8名にまで絞り込まれます。2日目に残ったプレイヤーは前日の成績に応じて2つのロビーに振り分けられます。3日目は全プレイヤーがポイント獲得を目指して連戦、いち早く18ポイントに到達し、そこでさらに1勝を挙げた最初のプレイヤーがチャンピオンとなります。

「TFT: Fates Championship」日本予選大会

世界トーナメント「TFT: Fates Championship」日本予選大会では、賞金総額100万円と世界トーナメントへの出場枠1名分をかけて争います。日本予選大会を優勝したプレイヤーが出場権利を獲得します。日本予選大会への出場には公式サイトよりご応募いただくことが必要となります。なお、応募開始は2月19日となるため、公式サイト及び公式Twitterでの情報公開をお待ちください。

<日本予選大会概要>
出場人数:256名※応募人数が超過した場合は、ゲーム内ランクを優先します。
日程:予選 3月6日(公式配信無し)、決勝 3月13日(公式配信有り)
賞金総額:$10,000(約100万円)
応募開始:2月19日15時00分
応募締切:2月25日23時59分

<応募資格>
・満13歳以上
・日本在住
・過去12ヵ月にアカウントペナルティーを受けていないプレイヤー
・身分証明書を提出できる方

 

TFT 公式サイト

 

オープンキャンパス
Related関連記事