JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
『e-sportsのジャンルって?』
投稿日 2018年12月15日

“e-sportsでプレイするゲームって、どういう種類があるの?”

 

ゲームには“ジャンル”、すなわち種類というものがあります。

よく知られているジャンルとして、物語に登場するキャラクターを操作し、冒険や試練に立ち向かうロールプレイングゲーム(RPG)というものがあります。

しかし、e-sportsはスポーツ・競技である以上、対戦相手が必要不可欠です。

なので、ロールプレイングゲーム(RPG)やアドベンチャーゲーム(ADV)といった、対戦相手が存在しないゲームに関しては、競技として成り立つことはありません。

競技種目となるゲームには、ゲームとしての面白さはもちろんのこと、観戦する際にそのゲームの伝わりやさというものも重要になってきます。

そのことを踏まえ、e-sportsで競技されるゲームのジャンルを見ていきましょう。

 

First Person Shooter(FPS)は、主にシューティングゲームと呼ばれるジャンルのひとつです。

操作するキャラクターの視点で、ゲームの世界を移動し、銃や剣のような武器、もしくは素手を用いて対戦相手と戦います。アクション要素が満載で、展開も早く、目が離せないe-sportsの代表的なジャンルです。

他にも、キャラクターを第三者視点で操作し、対戦するアクションゲームをThird Person Shooter(TPS)と呼ばれるジャンルがあります。

プレイヤーの視界が目線だけに限られているFPSとは違い、操作するキャラクターの姿が見えているのがTPSの特徴です。

Real-Time Strategy(RTS)、リアルタイムに進行する時間に対応しながら、俯瞰視点で戦場を大局から見据え、指揮官として戦略を立て、命令を出す戦略的なシミュレーションゲーム。

ゲームの内容を簡潔に表現すると、“資源を集め、軍隊を組織し、敵と戦う”という流れになります。

プレイヤーの瞬時の判断力、操作の正確性が問われるジャンルです。

Multiplayer online battle arena(MOBA)は、2つのチームに分かれ、味方プレイヤーと協力しながら、敵チームの本拠地を破壊し、勝利を目指すゲームです。

複数人数でのチーム戦で戦い、「敵の本拠地を破壊する」ことを勝利条件とした、RTSのサブジャンルのひとつ。

相手を倒すことよりも、「敵陣地の破壊」を重要視するため、チーム内のメンバーの配置や、攻撃と防御の人数の割り振りも重要になります。

プレイヤー人数の多さから、賞金も極めて高く、国内外ともにかなり人気のあるジャンルです。

プレイヤー同士が操作するキャラクターが、1対1の格闘技等で戦う対戦型ゲーム。略称は“格ゲー”

ゲーム上で設定されている、対戦相手キャラクターの体力を0まで減らした方が勝利というシンプルなルールで、観戦する人にとって勝敗が分かりやすいのも魅力です。

日本のゲームセンター文化の影響もあり、日本のe-sports界ではとても人気のあるジャンルでしょう。

 

その名の通り、スポーツを題材としたシミュレーションゲーム。

e-sportsでは、サッカーゲームからバスケットボール、アメリカンフットボールなど多岐に分かれ、多くのスポーツがe-sportsの競技種目として採用されています。

スポーツをそのままゲームとして競い合うので、e-sports初心者の方でも大いに楽しむことができる。

他にも選手が乗り物(自動車やオートバイなど)を操縦し、他のプレイヤーとタイムや順位を競うゲームをレースゲームと呼びます。

プレイヤーは運転席からの視点で乗り物を操作するので、臨場感や緊張感は半端ないです。乗り物のあらゆる要素が再現されており、タイヤの消耗、地面との摩擦抵抗、空気抵抗などなど、本当に運転している気分になれること間違いなし。

Online Card Game(OCG)または、Collectible Card Game(CCG)。日本ではTCG(トレーディングカードゲーム)とも呼ばれています。

対戦形式の2人プレイのデジタルカードゲーム。

運の要素もありつつ、高度な頭脳戦が繰り広げられます。

 

 

他にもゲームのジャンルは細かく分類することができますが、今回は代表的な6つのジャンルを紹介してみました。

e-sportsとしてメジャーなジャンル、そう思ってもらって結構です。

『e-sportsってどんなゲームをするの?』

そう質問された時に、このブログが役立てば何よりです。

オープンキャンパス
Related関連記事