JIKEICOM Team Esports

e-sportsの魅力を発信!

e-sports情報ブログHOME
Riot Gamesが『League of Legends』10周年を記念して、格ゲーからTCGまで新展開を発表!
投稿日 2019年10月18日
thumbnail

 

2019年10月16日、MOBAタイトル「League of Legends」の10周年を記念して世界中で放送された特別放送「Riot Pls」。その放送にて、Riot Gamesは複数の新作ゲーム、進行中のプロジェクトを発表しました。

LoLのチャンピオンが戦う格ゲーから、LoLの世界観を導入したカードゲーム、スマホ、コンシューマー向けのLeague of Legends、FPSプロジェクト、アニメ化などなど。10周年記念放送はRiotGamesJPの公式Twitchチャンネルにてアーカイブから視聴することができます。

 

今回の記事では、League of Legendsの新要素、新発表タイトル、新たなプロジェクトを簡単に紹介したいと思います。

 

「League of Legends」

・エレメンタルの目覚め

プレシーズン「エレメンタルの目覚め」では、サモナーズリフトが試合ごとに印象的かつ明確に違った、多様なプレイ環境をプレイヤーに提供することを目的とした「エレメンタルリフト」が導入されます。新しい道を作り出し、茂みを燃やすインファーナルリフト、、新たな茂みを海、水たまりをつくるオーシャンリフトなど、合計4つのエレメンタルリフトは、プレイヤーにより多くの戦術の幅を与える。

その他、サイドレーンの変更点、エレメンタルバフ、ドラゴンソウルなどの詳細は公式サイトからチェックすることができます。

・新チャンピオン、セナ

史上初のサポートマークスマンとなり、パブリックベータ環境では10月30日、11月10日から本環境に実装される予定です。

https://youtu.be/ZjvDFvzfxsQ

出典:League of Legends Youtubeチャンネル

◆League of Legends: Wild Rift

League of Legendsのスマホ・コンシューマー向けとして、PC版の移植ではなく、ゼロから作り直したタイトル。試合時間は15分~20分程度、PC版と互換性はなく、デュアルスティックなどで操作しやすい調整が施されている。

2019年末から一部地域でのみαテスト、βテストが実施され、2020年末には全地域、全プラットフォームでプレイできる予定です。現在、日本でも公式サイトから事前登録が可能です。

League of Legends: Wild Rift 公式サイト

◆Teamfight Tactics

オートバトラージャンルとして高い人気を誇るPC版「Teamfight Tactics」のモバイル版が2020年の第1四半期にリリースされることが決定。また、PC、モバイル版の両方でシーズン制度が導入され、3~4ヶ月でチャンピオン等の入れ替えが実施されるようになります。

PC版では11月5日より、「エレメントの目覚め」が実装、エレメントをテーマとしたコンテンツ、キャラクターやアイテムなど、戦力の幅が更に広くなります。

Teamfight Tactics 公式サイト

◆Legend of Runeterra

League of Legendsの世界観を導入した基本プレイ無料のストラテジーカードゲーム。おなじみのチャンピオンに加えて、ルーンテラの新キャラクターなどがカードになって登場します。また、カード入手の際にガチャなどのランダム性を取り除き、プレイし続けることで新たなカードが入手できるようになっているとのこと。

こちらもPC、iOS、Androidで2020年のリリースが予定されています。

League of Runeterra 公式サイト

◆Project A

完全新作となる一人称視点シューター(FPS)タイトル。リリース時期、対応ハードともに未定で、公開された映像では、防御壁を生成、クナイのような投擲物を投げるなど、一般的なFPSにはない要素が含まれています。

https://youtu.be/4iGU6PctOBg

◆Project L

対戦ゲームの世界大会「EVO 2019」にて発表され、LoLのキャラクターが文字通り格闘する格闘ゲーム。ダリウス、ジンクス、アーリなど人気のチャンピオンが登場し、特別放送では少しだけ動く様子が公開されました。開発は初期段階でリリースはまだ未定とのこと。

◆Project F

開発初期段階ということで映像、画像の公開はなく、「ルーンテラの世界を友達と一緒に歩くことができる」とだけ言及されました。そのため、ジャンルはMMORPGではないかと予想されています。

◆Arcane

Riot Gamesが企画、制作を行うLeague of Legendsのアニメーションシリーズ。2020年にリリースが予定されており、舞台は、豊かな生活を送っているピルトーヴァーと抑圧された地下世界ゾウン。

「すべての伝説には、始まりがあるーー。」というキャッチコピー、予告映像から、League of Legendsに登場するチャンピオンたちの起源となる物語と予想されています。

https://youtu.be/IA-v_LB3Qpc

◆League of Legends eSports Manager

現在開発中のチームマネジメントゲーム。プレイヤーはマネージャーとして選手との契約や交渉などを行い、世界一のLoLe-sportsチームを結成していきます。また、本作はビジネスエコシステムの拡大を目的としており、本作から得られた収益はゲームに登場するプロチームと共有し、持続的な活動を支援することになる。

League of Legends Pro League(LPL)地域で来年リリースが予定されており、その他の地域も順次拡大していく予定とのこと。

◆Riot Games Social Impact Fund

Riot Gamesが全世界で継続的に社会貢献を果たせるように創設された「The Riot Games Social Impact Fund」。Riot GamesのKarmaプログラムでは、すでに400万ドル以上寄付した実績があり、今後も特定のスキンなどの収益を寄付していくとのこと。

 

League of Legends 公式サイト

 

Twitter

e-sportsの最新ニュースやイベント情報を発信中!

オープンキャンパス
Related関連記事