声優・アニメ・e-sportsの専門学校 | 声優・アニメ・e-sports業界で「好き」なことを「仕事」にする【東京アニメ・声優専門学校】
スペシャル スペシャル インタビュー インタビュー

イラストレーターとして活躍中の「小林さん」に突撃インタビュー!

絵を描く仕事という子ども時代からの夢を実現。現場で必要なスキルを磨き、プロとして踏み出す第一歩。

(株)和風アニメーションでイラストレーターとして大活躍中の東京アニメ卒業生、小林さんに突撃インタビュー!

スペシャルインタビュー
小林さん
4期卒業生/(株)和風アニメーション
小林さん
(株)和風アニメーションでイラストレーターとして大活躍中!

制作の基礎を身につける初めての専門的な絵の授業。

インタビュアーインタビュアー

アニメーション制作やゲームイラスト制作を手がける(株)和風アニメーションへ就職を決めた小林さん。絵を描く仕事を目指し始めたのは?

小林小林

本当に小さい頃からの夢でした!保育園の頃からお絵かきが大好きな子どもで、描いた絵を大人にほめてもらうのが嬉しかったのを覚えています。小学校でも中学校でもイラストを描くのが一番の趣味で、将来もそれを仕事にしたいという想いがありました。だから、中学生ぐらいからはイラスト作成ソフトを独学で勉強していたし、高校生になって進路を考えるようになったときも、他の道は全く眼中になかったですね。

インタビュアーインタビュアー

東京アニメ・声優専門学校に入学し、アニメーション専攻で学んでみて感じたことは?

小林小林

専門的な絵の授業はやっぱり新鮮でした。自分ではずっと描き続けていたものの、描いたものを添削してもらう機会はそれまでなかったので。デッサンやトレース作業はもちろん、デジタルの知識も磨けたし、セルアニメの動画の割り方を学んだりなど、いろいろ得るものは大きかったです。

インタビュアーインタビュアー

特に印象に残っている授業はありますか?

小林小林

キャラクターのドローイングの授業は特に思い出深いです。服でごまかしたりするのではなく、大元となるキャラクターの身体(素体)をどう描くかを徹底して学びました。頭の大きさや手足の長さといったバランス、関節や骨格など、そういう要素がいかに大切かを実感しましたね。アニメーション制作ではスピードも問われるから、素体を1カット数分で描く練習も繰り返しやりました。現場で必要な基礎を叩きこんでもらったと思います。

インタビュアーインタビュアー

高校まで描いていた絵からは成長を感じますか?

小林小林

すごく感じます(笑)。全然違うレベルになった気がします。ちなみに、内定をいただいたのは素体の描き方を教えてくれた高橋先生が代表を務める会社なんです。1年からずっと指導してきてくれた先生で、画力や今後の伸びしろを買ってくれたのだと思うと嬉しいし、頑張らなければという気持ちになります。

クライアントの期待を超えるイラスト制作を目指したい。

インタビュアーインタビュアー

イラストレーターとして就職とのこと。現在の仕事内容は?

小林小林

アプリやゲームで使われるキャラクターのイラストを描かせてもらっていて、ラフを元にした線画や塗り作業がメインです。今の目標は、イラストの土台となるラフ作成まで任せてもらえるようになること。「絵には完成形がない」と言われる難しい世界ですが、クライアントの要望に合ったイラストを、クライアントの期待を超えて描けるように成長したいです。

インタビュアーインタビュアー

学生時代に学んだどんなことが現場で役立っていますか?

小林小林

今はデジタル中心の現場にいますが、ペンタブレットを使った作業でも、学校で何度も練習した手描きでのトレースが活きています。最近のペンタブレットは力の入れ方がかなり正確に反映されるので、筆圧のコントロールや細かい線の引き方など、学んでおいてよかったなと感じます。

インタビュアーインタビュアー

振り返って感じる東京アニメ・声優専門学校の良さとは?

小林小林

第一線の現場で働くプロの方々から技術を学べるのが、やはり何より大きいんじゃないでしょうか。私もそうですが、周りの先輩や同級生を見ても、先生たちのネットワークが就職につながっているケースが少なくありません。授業を通して先生は学生をしっかり見てくれているので、頑張りや能力が認められればそこにチャンスが広がっているんだと思います。

スペシャルインタビュー一覧