声優・アニメ・e-sportsの専門学校 | 声優・アニメ・e-sports業界で「好き」なことを「仕事」にする【東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校】
スペシャル スペシャル インタビュー インタビュー

デザイナーとして活躍中の「瀧田さん」に突撃インタビュー!

自分がデザインしたものが商品化される喜び。「アニメビジネス」を学んで広がった未来への可能性。

(株)DLEでデザイナーとして大活躍中の東京アニメ卒業生、瀧田さんに突撃インタビュー!

スペシャルインタビュー
瀧田さん
2期卒業生/(株)DLE
瀧田さん
(株)DLEでデザイナーとして大活躍中!

ものづくりの楽しさを発見し、アニメに関わるデザイナー志望へ。

インタビュアーインタビュアー

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校への進学を選んだきっかけは?

瀧田瀧田

子どもの頃からアニメが大好きで、通っていた高校が商業系だったこともあり、将来はアニメグッズの販売や企画なんかの仕事に就けたらいいなと漠然と考えていたんです。進路探しをしている中で、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の「アニメビジネス」という専攻名を見つけた瞬間、これだ!と思いました。学校見学に来てみると、とにかく楽しそうな雰囲気で、イベントもいっぱいあり盛り上がっていて、ほとんど迷わずに決めました。

インタビュアーインタビュアー

実際に授業を受けてみて、どういう印象を持ちましたか?

瀧田瀧田

ビジネスというからには、企画やマーケティングとか難しい授業が多いんだろうなと身構えていたのが最初の頃です。確かにそういう授業もあるのですが、それだけじゃなく音響や画像加工の技術を学んだり、自分で脚本を書いてその絵コンテをつくったりと、ものづくりを幅広く経験できて新鮮に感じました。特に私が惹かれたのが「Illustrator」を使ったグラフィックデザインの授業です。ソフト自体それまで全く触ったことがなかったのですが、やっているうちに夢中になりデザインってこんなに楽しいんだと思うようになりました。

インタビュアーインタビュアー

今は、映像・デジタルコンテンツの企画会社でデザイナーとして勤務されていますね。専門学校での体験がその原点に?

瀧田瀧田

そうですね。デザインがあまりにおもしろかったから、就職は絶対にアニメのデザインができる会社でと決めていました。学校を通して紹介されたのが現在の会社、(株)DLEです。最初は短期アルバイトとしての採用だったのですが、やる気を買ってくれたのか、短期が長期となり、半年後には契約社員に登用となりました。みんながワイワイガヤガヤ一緒になってものづくりに励むという雰囲気が、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校と似ていて楽しいです。ホームページやPOP、パンフレットなどのデザイン制作が中心ですが、イベントがあればその小道具をつくったり、自社で持つアニメキャラクターのグッズを手がけたりなど、いろいろ経験させてもらっています。

現場に直結したスキルを学びつつ自分の適性を見極められる。

インタビュアーインタビュアー

デザイナーとして働くやりがいやおもしろさは?

瀧田瀧田

やはり自分がデザインしたものが商品として形になったとき一番やりがいを感じますね。初めて携わったグッズ製作がバンダナだったのですが、試作品が上がってきたときには感動しました。「出来上がり」は何回経験してもやっぱり嬉しくて「パンフレットできたよー!」なんて職場のみんなで盛り上っています。

インタビュアーインタビュアー

学生時代に学んだどんなことが現場で活きていると思いますか?

瀧田瀧田

まず「Illustrator」や「Photoshop」のスキルは、毎日の業務に絶対に欠かせないもので、すごく役立っています。そもそも最初にアルバイト採用されたのも、そうしたデザイン・画像加工ソフトが使えるということが大前提でした。あとは、企画の立て方や企画書の書き方、プレゼンの仕方などを学校でしっかり学べたこと。今の職場は「こういうのをやりたい」という声が通りやすい環境なので、自分のアイディアの効果的なアピール方法を身につけられたのはとても良かったと思います。

インタビュアーインタビュアー

高校生に紹介したい、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の魅力とは?

瀧田瀧田

いろいろ多岐にわたって経験できるから、学んでいるうちに自分の適性が分かる点。私がそうだったように、予想外の自分の素質を発見するということもあると思います。それに加えて、親身に接してくれる先生たちも大きな魅力です。私は今でも、何かアドバイスが欲しいことがあるとすぐ母校に駆け込んでいます。卒業生にとっても頼れる学校です!

スペシャルインタビュー一覧