東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校

声優・アニメ・e-sportsの専門学校 | 声優・アニメ・e-sports業界で「好き」なことを「仕事」にする【東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校】
情報公開について 情報公開について

各学科等の教育

  • アニメ総合制作科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
    1. 業界が求める人材育成を実践するにあたり多数の優秀な講師陣を配して、目指す。
    2. 各年次生への通常の教育実習及びアニメコンテンツ制作/E-sportsスキルの他に、特別講義や、インターンシップなど職業観を養う取り組みを実施する。
    3. 産学連携においては企業課題へ取り組み、イノベーション・クリエイティビティーを養い、業界が求める人材育成を目指す。
  • アニメ総合制作科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
    1. 業界が求める人材育成を実践するにあたり多数の優秀な講師陣を配して、目指す。
    2. 各年次生への通常の教育実習及びアニメコンテンツ制作/E-sportsスキルの他に、特別講義や、インターンシップなど職業観を養う取り組みを実施する。
    3. 産学連携においては企業課題へ取り組み、イノベーション・クリエイティビティーを養い、業界が求める人材育成を目指す。
  • パフォーミングアーツ科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
    1. 業界が求める人材育成を実践するにあたり学生の能力に応じた丁寧な指導を行い、高いレベルの実践力・人間力の習得を目指す。
    2. 各年次生への通常の教育実習及び、オーディション対策、舞台制作の他に、特別講義やワークショップなどを経て職業観を養う取り組みを実践する。
    3. 企業プロジェクトを通して、コミュニケーション、クリエイティビティ、プレゼンテーション能力を養い、業界が求める人材を目指す。
  • パフォーミングアーツ科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
    1. 業界が求める人材育成を実践するにあたり学生の能力に応じた丁寧な指導を行い、高いレベルの実践力・人間力の習得を目指す。
    2. 各年次生への通常の教育実習及び、オーディション対策、舞台制作の他に、特別講義やワークショップなどを経て職業観を養う取り組みを実践する。
    3. 企業プロジェクトを通して、コミュニケーション、クリエイティビティ、プレゼンテーション能力を養い、業界が求める人材を目指す。
  • 受入方針、定員
  • 学年暦
  • 学習の成果資格・検定
  • 卒業後の進路、主な就職先
  • 東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では以下のディプロマポリシーを策定し、学則、細則に則り進級、卒業を認定しています。

    アニメ総合制作科 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
    1. 2年間のカリキュラムの履修を通し、アニメ/E-sportsに関わる専門技術を習得する。
    2. アニメ/E-sports業界の現場で必要とされる技能、表現及びコミュニケーション能力を身につける。
    3. 業界・企業においてリーダーシップを発揮して将来のマネージャーとなる人材を輩出する。
    4. 国際性豊かな感性を身につけ、国内外でグローバルな人材育成を行う。
    パフォーミングアーツ科 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
    1. 2年間のカリキュラムの履修を通し、声優としての専門技術を身につける。
    2. 声優・芸能を中心とした業界の現場で必要とされる技能、表現及びコミュニケーション能力を身につける。
    3. 声優/俳優/芸能業界から指名を受ける人材を目指す。
    4. 国際性豊かな感性を身につけ、国内外でグローバルな人材育成を行う。

キャリア教育・実践的職業教育

様々な教育活動・教育環境

学生納付金・修学支援