学校情報を見る
メインビジュアル 背景
About Us

JIKEICOM Team Esportsについて

MISSION

日本から世界最強へ

e-sports業界クロストーク

これからのe-sportsシーンを担う人材にインタビュー!!

e-sports イメージ画像
/

プロとアマチュアを分けるのは「職業としての覚悟」

馬場先生
馬場先生

ふたりの活躍はよく耳にするけど、この業界を目指したきっかけは何かな?

岡崎さん
岡崎さん

今でこそ、e-sports大会の舞台でゲームの実況やMCを担当していますが、もともとは声優を目指していました。
私がe-sportsと出会ったのは、2年生の時に参加した合同企業説明会です。
e-sports系の企業の方と知り合うことができて、一気にe-sports業界への道が開けましたね。
声優からキャスターへの進路変更に不安はありましたが、1年次に産学連携プロジェクトで『Call of Duty』シリーズの実況を担当していたので、その経験を必死にアピールしました。
当時を振り返ってみても、合同企業説明会に参加したこと、声優からキャスターに進路変更したこと、1年次に産学連携プロジェクトに参加したこと、どれか一つでも欠けていれば、今の職業に就いていなかったかもしれません。

馬場先生
馬場先生

その頃は日本のe-sportsの出発点とも言える時期で、タイミングも良かったよね。

岡崎さん
岡崎さん

そうですね。
その後も、在学中にe-sports選手権『FIFA』シリーズの実況を担当することができました。
就職先が決まっていない状況でしたが、在学中からお金をいただいて仕事をするという経験を積んだことで、e-sportsキャスターとしてやっていく自信がつきました。

岩崎さん
岩崎さん

これまでにプレイヤーとして数々のイベントに参加し、たくさんのキャスターの方を見てきましたが、岡崎さんのように複数のゲームタイトルを実況できるキャスターは多くないですよね。

馬場先生
馬場先生

確かに、ゲームタイトルによって実況の盛り上げ方も違うし、キャスターはプレイヤーと同様にゲームのルールを知っていなければならない。
複数のタイトルを実況できるキャスターは20名もいないかもしれないね。
岩崎さんがe-sportsプレイヤーを目指したきっかけは?

岩崎さん
岩崎さん

もともと小さい頃からゲームは好きでしたが、高校生の頃に目指していたのは、e-sportsとは全く違う動物系や保育系分野の進路。
高校3年生の時に『レインボーシックス シージ』をプレイし始めたのがきっかけで、e-sportsの世界にハマりました。
友達のチームに誘われて大会に出場したところ、順当に勝ち進み決勝戦に進出しました。
結果は惜しくも準優勝でしたが、e-sportsプレイヤーとしてやっていける確実な手応えを感じることができました。
ただ、当時はe-sportsがメディアに取り上げられる機会も少なく、プロゲーマーとしての道のりが今より厳しいものでした。
でも、大変な道のりだからこそ、先駆者としてその道を切り開いていきたい。ゲームを「娯楽」から「競技」に変えていきたいという思いが強くなっていったのです。

馬場先生
馬場先生

プロのe-sportsプレイヤーになることに不安はなかったのかな?

岩崎さん
岩崎さん

プレイヤーとしてやっていく決意が本格的に芽生えたのは、出場した大会で優勝した時です。
ファンの方からサインや握手を求められて、大きなやりがいを感じましたね。
滋慶学園への進路を考えたのも、ちょうどその頃。
はじめは進路に反対していた親も納得してくれたようでした。

岡崎さん
岡崎さん

入学当時から岩崎さんのことを知っていますが、e-sportsプレイヤーとしての職業意識、覚悟はずば抜けていましたね。

馬場先生
馬場先生

「プロとアマチュアの違いは何か」と聞かれることが多いけど、2人の話を聞いていると、プロとアマチュアを分けるのはライセンスや賞金獲得以上に「絶対に職業にする」「これこそが自分の職業だ」という自覚を持てるかどうかだと改めて気づかされるね。

活躍のチャンスが世界にまで広がるe-sportsのフィールド

馬場先生
馬場先生

岩崎さんは、高校生の頃からプロのe-sportsプレイヤーだったけど、e-sportsを専門学校で学ぶメリットは?

岩崎さん
岩崎さん

もちろん専門学校に入学しなくてもプロになることは可能です。
ただ、プロゲーマーとして活躍するためには、正直技術を磨くだけでは難しい。
専門学校で学ぶメリットは、ゲームに集中できる環境の中で、技術はもちろん、プロに必要な知識、経験、礼儀まで身につけられるということ。
例えば、滋慶学園の「海外研修」では、世界的e-sports企業を訪問し、プロチームと対戦したり、企業ブースを見たりと、世界のレベルを体験することができます。
実際、大会に参加するために海外に行くことも多く、リアルに海外を経験することはとても大事だと思います。

岡崎さん
岡崎さん

私も海外研修に参加し、本場のエンターテインメントを自分の肌で感じましたが、他では一生得られないような経験をすることができました。
岩崎さんが言うように、e-sports業界に進むと海外に行くことが多いため、海外研修で見たもの、聞いたことはダイレクトに役に立つと思います。

馬場先生
馬場先生

日本と比べて海外のe-sportsの盛り上がりはどうだった?

岩崎さん
岩崎さん

海外では高額賞金をかけて競う大会も複数開催されており、他のプロスポーツ大会にも引けをとりません。
海外では「プレイヤー=アスリート」として捉えられ、プレイヤーに対するスタッフの対応もVIP待遇。
日本と比べるとこんなに違いがあるんだ、と驚きました。

馬場先生
馬場先生

日本のe-sportsは「海外より10年遅れている」と言われることもあるけど、まだまだ「アスリートファースト」の考え方が根付いていないよね。
「プレイヤー=ゲーマー」として捉えてしまう傾向がある。
ただ、近年日本でもメディアで取り上げられる機会も増え、急速に盛り上がりを見せているよね。
プレイヤーにとっても、キャスターにとっても活躍のチャンスが広がっていると言えるんじゃないかな。

岡崎さん
岡崎さん

確かに、開催される大会の数も圧倒的に増えて、自分の仕事量も大きく変わりました。
岩崎さんがプレイしている『レインボーシックス シージ』も、以前から世界大会が開催されていましたが、どちらかというと知る人ぞ知るという感じで…。
今は多くの方が熱狂するe-sportsの代表的な競技の一つになりましたね。

馬場先生
馬場先生

海外でも活躍するふたりに聞きたいんだけど、これからe-sportsを専門学校で学ぶ学生には、何を身に付けてほしいかな?

岩崎さん
岩崎さん

英語ですね。海外のプロチームと意見交換したり、一緒に作戦を組み立てたりすることも多いのですが、相手の考えていることを理解するには英語が必須です。
英語を身につけておけば、海外のプロチームに入ることも、海外のプロチームのコーチとして活躍することもできると思います。

岡崎さん
岡崎さん

私自身、長年英会話を学んできましたが、英語を話せることで、日本の企業と海外の企業との間に入って翻訳したりと、活動の場を日本から世界に広げることもできるでしょう。
英語以外で身につけてほしいのはプロ意識。
学生時代は「礼儀」「社会人としてのマナー」を徹底的に指導していただきましたが、業界に出てからすごく助けてもらいました。
最近はプレイヤー、キャスターのほとんどがSNSやYouTubeを使って広報活動を行うため、メディアリテラシーについて学べたことも役に立ちました。

それぞれが見つめるe-sportsの今と未来。
e-sportsを変えるのは君たち

馬場先生
馬場先生

すでにプロとして活躍しているふたりの今後の目標は何かな?

岡崎さん
岡崎さん

実は、e-sportsキャスターになった頃から「滋慶学園の学生や卒業生と仕事をする」ことを目標にしていましたが、以前に岩崎さんがプレイヤー、私がキャスターとして参加したイベントがあり、念願だった目標を達成しました。

岩崎さん
岩崎さん

あのイベントでは、岡崎さんに応援してもらって助かりました。岡崎さんの応援の仕方がTwitterでも話題になるほど盛り上がった大会でした(笑)。

馬場先生
馬場先生

他のプロスポーツと比べると、e-sportsはキャスターの質によって会場の盛り上がりが大きく変わる。
ゲームのルールを理解していない人には競技のおもしろさを伝えて、ルールを理解している人にはさらにおもしろく伝えるのがキャスターの役割。
キャスターが発した印象的な言葉が、ネット上に大きな爪痕を残すこともあるだけに、プレイヤーにとってもなくてはならない存在だよね。

岡崎さん
岡崎さん

私も実況する際には、ゲームの専門用語を使いすぎず、少ない言葉でわかりやすく、おもしろく伝えることを大切にしています。
現在、e-sportsキャスターを志望する学生を指導していますが、学生たちと同じ舞台で共演することがこれからの目標です。

岩崎さん
岩崎さん

僕の場合は、日本で勝ち続けること、そして世界一の称号を手に入れること。
やはりFPSは反射神経が必要とされるゲームで、選手としての寿命も限られています。
そして、勝ち続けることを通して、ゲームを「娯楽」から「競技」へと導き、e-sportsの業界を盛り上げていきたいと考えています。
これから入学する人には、ぜひ僕を超えるという気持ちを持って入学してほしい。みんなの挑戦を待っています。

馬場先生
馬場先生

滋慶学園グループは2019年からe-sportsの人材育成をさらに全国の5校に拡大します。
これまでゲーム制作に関わる人材を輩出してきましたが、これからはゲームをプレイする人材も育成して、e-sports業界に貢献したいと決意しています。
大阪の地元企業と在校生のみなさんが中心となってe-sportsの未来、ゲーム文化を大阪から豊かにしてほしい。
そのために、夢をつかみとろうとする意欲あふれる学生に、この学校へ集まってほしいと思います。

在校生インタビュー

在校生プロゲーマーに聞く!!

e-sports イメージ画像

TAKUMI IWASAKI

岩崎 拓巳

GUTSGaming所属。
選手名はジェノバ(JJ)。
高校生でe-sportsプレイヤーになり、姉妹校のe-sports総合プロゲーマー専攻に入学。
プロのe-sportsプレイヤーとして活躍し、国内・国外のあらゆる大会に出場。
闘会議GP2017のレインボーシックス シージ大会にて日本一。
プロリーグシーズン8APAC finalで優勝。アジア1位で世界大会に出場決定。
プロリーグシーズン8 Fina[l 世界大会]ベスト4。

e-sportsプレイヤーの先駆者になり世界と戦うために入学を決意。

インタビュアー
インタビュアー

e-sportsプレイヤーを目指すようになったきっかけを教えてください。

岩崎さん
岩崎さん

高校生の頃にめざしていたのは、e-sportsとは全く違う動物系や保育系分野の進路。
高校3年生の時に『レインボーシックス シージ』をプレイしたのがきっかけで、e-sportsの世界にハマりました。
その後、友達のチームに誘われて大会に出場したところ、順当に勝ち進み決勝戦に進出。
結果は惜しくも準優勝でしたが、自分の中にプロのプレイヤーとしてやっていける確実な手応えを感じました。

インタビュアー
インタビュアー

進学先として滋慶学園を選んだ理由は?

岩崎さん
岩崎さん

専門学校で学ぶメリットは、ゲームに集中できる環境で、技術はもちろん、プロに必要な知識、経験、礼儀まで身につけられるということ。
もちろん専門学校に入学しなくてもプロになることは可能です。

ただ、プロゲーマーとして活躍するためには、正直技術を磨くだけでは難しいと思います。
滋慶学園には「海外研修」がありますが、そこでは世界的e-sports企業を訪問し、プロチームと対戦したり、企業ブースを見たりと、世界のレベルを体験することができます
e-sportsプレイヤーとして海外の大会に参加することも多く、リアルに海外を経験することはとても大事なことだと思います。
また、e-sportsの業界動向やマーケットの展望など、e-sportsプレイヤーとは違った目線でe-sportsの全体像を知ることができるのも、専門学校ならではの学びだと思います。

変化を恐れない対応力を身につけて僕を超えてほしい。

インタビュアー
インタビュアー

プロとして意識していることや、取り組んでいることは?

岩崎さん
岩崎さん

世界で活躍するe-sportsプレイヤーのプレイ動画を普段から視聴し、分析しています。
現代のゲームは定期的に新キャラクターや新システムが発表されることが多く、そのキャラクターに合わせた戦術も日々生まれています。
そのため、他のチームの戦術を分析した上で、その戦術に対応できる作戦を考えることが必要。
プロとしてトップを取り続けるためには、変化への対応力が求められます。
また、海外のプロチームと意見交換したり、一緒に作戦を組み立てたりすることも多いのですが、相手の考えていることを理解するには英語が必須です。
英語を身につけておけば、海外のプロチームに入ることも、海外のプロチームのコーチとして活躍することもできるので、学生の間に身につけてほしいと思います。

インタビュアー
インタビュアー

プロのe-sportsプレイヤーとしての今後の目標を教えてください。

岩崎さん
岩崎さん

海外では高額賞金をかけて競うe-sports大会も複数開催されており、ほかのプロスポーツ大会にも引けをとりません。
その一方で、日本では「プレイヤー=ゲーマー」として捉えてしまう傾向があり、まだまだ「プレイヤー=アスリート」の考え方が根付いていません。
だからこそ、日本で勝ち続けること、そして世界一の称号を手に入れることで、ゲームを「娯楽」から「競技」へと導きe-sportsの業界を盛り上げていきたいと考えています。
近年、日本でもe-sportsがメディアで取り上げられる機会も増え、急速に盛り上がりを見せており、プレイヤーとして活躍のチャンスが広がっている今がチャンスです。
これから入学する人には、ぜひ僕を超えるという気持ちを持って入学してほしい。
みんなの挑戦を待っています。

PUBG学生日本No.1!

「PSSU」
優勝メンバー

久我くん(yuuno選手) 住吉くん(kazuMaybe選手) 土佐くん(K_mochi選手) 野村くん(ArgyroS_aki選手)

e-sports科 e-sportsプロゲーマー専攻

PUBGの魅力とは?

イメージ画像

まずは一人の力では勝てないというところですね
チームで戦うからこそ、決して一人だけが強くても勝つことはできません。
ゲームとしては、敵の位置や自分たちの状況、安全地帯の中にいることやチーム個人のスキルなど、様々なことを考えながら勝ち抜いていくことが他のゲームにはない魅力です。

大会に向けた準備とは?

イメージ画像

まずは普段通りのプレイができるように心がけていました。
学校でも経験豊富な講師の先生から戦術やアドバイスをいただき、励みになりました。
メンタルトレーニングの授業で教えていただいたことも実践し、結果が出せたと思います。

大会に参加した感想は?

イメージ画像

国内予選では撃ち合いに負けない!との強い気持ちで挑みました。
国際大会への出場権がかかった大会は楽しい気持ちとプレッシャーを感じることができ、いい経験ができました。
韓国での本戦はオフラインだったので、いつもの環境でプレイできないことに、一番の違いを感じました。
例えば、足元が振動するくらい周囲の音が大きく、自分のゲームの音なのかどうか分からなかったり、いろんなトラブルが起こったり。
コミュニケーションエラーが起きないように、普段より大きな声を張り上げて、大変でした。
そのほかにも音響や机の高さ、モニターなど、様々な違いを感じることができました。

今後に向けて

イメージ画像

大きな国際大会に参加でき、今後の活動につながるいい経験ができました。
今後は、プロゲーマーとして国内の公式リーグ(PJS)で活躍し、PSSUの経験を活かして、世界大会で活躍できるよう頑張っていきたいです。

滋慶学園COMグループ 名誉学校長

サポーター企業・団体

トップレベルのe-sports企業・団体が100社以上がバックアップ!

滋慶学園COMグループ 名誉学校長

e-sportsは21世紀のスポーツです

滋慶学園COMグループ 名誉学校長
元東京大学教授
元日本eスポーツ協会理事
馬場 章

最先端のIT技術を駆使して開発されたデジタルゲーム。
そのゲームを使って競うe-sportsは21世紀のスポーツです。
海外ではe-sports選手が若者の憧れの職業となり、多くの選手が多額の賞金を獲得しています。
近年日本でもe-sportsの機運が急速に盛り上がり、活躍のチャンスが広がって来ました。
今、日本のe-sports界に最も求められているのは、人格も技術も優れたスター選手の育成です。
『JIKEICOM Team Esports』には、滋慶学園グループの人間教育・実学教育・国際教育の実績に基づく、科学的で組織的なカリキュラムが用意されています。日本から多くの優れたe-sports選手が世界に飛躍することを期待します。

滋慶学園COMグループ 名誉学校長
元東京大学教授
元日本eスポーツ協会理事
馬場 章

サポーター企業・団体一覧

背景画像

海外プロゲームチーム
からのメッセージ

海外でもトップクラスの実力を誇るプロゲーミングチームから、
JIKEICOM Team Esportsへのメッセージ!

Newbee

Newbee

日本から世界で活躍するプロゲーマーが育成されるように、NewbeeはJIKEICOM Team Esportsを応援しています。

Newbee

2016年には、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の施設を視察に訪れました。

メディア掲載情報

多くのメディアがJIKEICOM Team Esportsに注目しています

背景画像

テレビ

  • ・NHK「news web」
  • ・NHK「指原(さし)ペディア」
  • ・テレビ朝日「グッドモーニング」
  • ・フジテレビ「めざましテレビ」
  • ・フジテレビ「みんなのニュース」
  • ・日本テレビ「スッキリ」
  • ・日本テレビ「NEWS ZERO」
  • ・日本テレビ「ZIP!」
  • ・日本テレビ「ズームイン!!サタデー」
  • ・日本テレビ「世界一受けたい授業」
  • ・日本テレビ「マツコ会議」
  • ・TBS「アッコにおまかせ」
  • ・テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
  • ・テレビ東京系列 「夕ぎりゲーム学園」
  • ・TOKYO MX「eスポーツMaX」
  • ・MBS/TOKYO MX/他 「アニマゲー」

新聞

  • ・朝日新聞
  • ・日経新聞
  • ・読売新聞
  • ・産経新聞
  • ・毎日新聞

ネットメディア

  • ・日刊ゲンダイ
  • ・ファミ通
  • ・ヤングジャンプ
  • ・4gamer