卒業生 岩崎拓巳さん
インタビュー

TAKUMI IWASAKI

岩崎 拓巳

GUTSGaming所属。
選手名はジェノバ(JJ)。
高校生でe-sportsプレイヤーになり、姉妹校のe-sports総合プロゲーマー専攻に入学。
プロのe-sportsプレイヤーとして活躍し、国内・国外のあらゆる大会に出場。
闘会議GP2017のレインボーシックス シージ大会にて日本一。
プロリーグシーズン8 APAC finalで優勝。アジア1位で世界大会に出場決定。
プロリーグシーズン8 Final[世界大会]ベスト4。

e-sportsプレイヤーの先駆者になり
世界と戦うために入学を決意。

アイコン

インタビュアー

e-sportsプレイヤーを目指すようになったきっかけを教えてください。

アイコン

岩崎さん

高校生の頃にめざしていたのは、e-sportsとは全く違う動物系や保育系分野の進路。

高校3年生の時に『レインボーシックス シージ』をプレイしたのがきっかけで、e-sportsの世界にハマりました。

その後、友達のチームに誘われて大会に出場したところ、順当に勝ち進み決勝戦に進出。
結果は惜しくも準優勝でしたが、自分の中にプロのプレイヤーとしてやっていける確実な手応えを感じました。

アイコン

インタビュアー

進学先として東京アニメを選んだ理由は?

アイコン

岩崎さん

専門学校で学ぶメリットは、ゲームに集中できる環境で、技術はもちろん、プロに必要な知識、経験、礼儀まで身につけられるということ。

もちろん専門学校に入学しなくてもプロになることは可能です。
ただ、プロゲーマーとして活躍するためには、正直技術を磨くだけでは難しいと思います。

東京アニメには「海外研修」がありますが、そこでは世界的e-sports企業を訪問し、プロチームと対戦したり、企業ブースを見たりと、世界のレベルを体験することができます。
e-sportsプレイヤーとして海外の大会に参加することも多く、リアルに海外を経験することはとても大事なことだと思います。

また、e-sportsの業界動向やマーケットの展望など、e-sportsプレイヤーとは違った目線でe-sportsの全体像を知ることができるのも、専門学校ならではの学びだと思います。

変化を恐れない対応力を身につけて
僕を超えてほしい。

アイコン

インタビュアー

プロとして意識していることや、取り組んでいることは?

アイコン

岩崎さん

世界で活躍するe-sportsプレイヤーのプレイ動画を普段から視聴し、分析しています。

現代のゲームは定期的に新キャラクターや新システムが発表されることが多く、そのキャラクターに合わせた戦術も日々生まれています。
そのため、他のチームの戦術を分析した上で、その戦術に対応できる作戦を考えることが必要。
プロとしてトップを取り続けるためには、変化への対応力が求められます。

また、海外のプロチームと意見交換したり、一緒に作戦を組み立てたりすることも多いのですが、相手の考えていることを理解するには英語が必須です。
英語を身につけておけば、海外のプロチームに入ることも、海外のプロチームのコーチとして活躍することもできるので、学生の間に身につけてほしいと思います。

アイコン

インタビュアー

プロのe-sportsプレイヤーとしての今後の目標を教えてください。

アイコン

岩崎さん

海外では高額賞金をかけて競うe-sports大会も複数開催されており、ほかのプロスポーツ大会にも引けをとりません。

その一方で、日本では「プレイヤー=ゲーマー」として捉えてしまう傾向があり、まだまだ「プレイヤー=アスリート」の考え方が根付いていません。
だからこそ、日本で勝ち続けること、そして世界一の称号を手に入れることで、ゲームを「娯楽」から「競技」へと導きe-sportsの業界を盛り上げていきたいと考えています。

近年、日本でもe-sportsがメディアで取り上げられる機会も増え、急速に盛り上がりを見せており、プレイヤーとして活躍のチャンスが広がっている今がチャンスです。

これから入学する人には、ぜひ僕を超えるという気持ちを持って入学してほしい。
みんなの挑戦を待っています。

その他の
スペシャルインタビュー

イメージ画像

e-sports業界
クロストーク

e-sports業界クロストークを見る