スペシャルインタビュー -大物声優「藤原啓治さん」に突撃インタビュー!-

東京アニメ・声優専門学校でのあらゆる体験が、声優として歩み始めた今の自分を支えてくれていると思う。

アニメ「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役などで大人気の声優藤原啓治さんと、本校卒業生のスペシャル対談が実現!

プロフィール

藤原 啓治さん
AIR AGENCY所属
藤原 啓治さん
吹替「アイアンマン」/ロバート・ダウニーJr、アニメ「クレヨンしんちゃん」/野原ひろし、「鋼の錬金術師」/マース・ヒューズ、「HUNTER×HUNTER」/レオリオ、「青の祓魔師」/藤本獅郎、ナレーション「未来世紀ジパング」、ゲーム「進撃のバハムート」/マリンドラグーン・ザハールなど、数多くの作品に出演。
小池さん
1期卒業生/AIR AGENCY所属
小池 万瑠美さん
アニメ「楽園追放 Expelled from Paradice」、「極黒のブリュンヒルデ」、ゲーム「ウチの姫様がいちばんカワイイ」/セシル・スターシャ、「蒼穹のスカイガレオン」/アスタルテ/テフヌト、ラジオ「文化放送 超!A&G+『ノン子とのび太のアニメスクランブル』」などの作品に出演。

必要なのは、視野を広げ「頑張り続ける」強い精神。

インタビュアー
若い人材が業界で活躍していくために求められることとは?
藤原
声優は、これさえ身につければ確実に成功できるという職業ではないんです。何が正しいのかはっきりした道が見えない中を歩き続けなければならない。華やかな職業に見えても、その土台をつくるのは日頃の発声練習などの地道な努力の積み重ねだったりして、強い意志を持って頑張り続けることが大事です。
小池
私も、声優としての成長のため勉強勉強の毎日です。映画を見る、本を読む、人と関わる中でコミュニケーション力を磨く。普段の何気ない生活の中にも自分の引き出しになるものを見つけてストックを増やしていく――そうした過程に楽しさを感じたりもします。
藤原啓治さんと小池万瑠美さん
藤原
あと、僕が若い人に望むのは「自分の声はこうだから、こういう役は苦手」など自分で枠を決めないこと。何年声優をやっていても、思いがけない役への出演依頼に「僕にこういう役が求められるのか」と驚くことがあるのだけれど、そんなときは積極的に挑戦します。可能性はいろいろな方向に開けていて、自分で勝手に得手不得手を決めるのは非常に惜しいことです。
小池
実際に藤原さんは役幅がすごく広くて、いつも勉強させてもらっています。
藤原
役幅を広げるという点では、声優として自分のクセを把握しておくことも大切。オーディションなどで、若手に同じ台詞を同じようにしゃべらせてみても、それぞれ違いや特徴があります。自分にどういうクセがあるのか、つまり与えられた台詞を自分がどういうふうに料理する傾向があるのかを知っておくと、そうでないものを求められたときに対応できる。自分の持ち味を消す必要はなくて、ただそれをうまく調整して出し入れ可能にしておくべきです。

「やってみたい」という気持ちに正直に一歩踏み出してみる。

インタビュアー
小池さんは東京アニメ・声優専門学校を第1期生として卒業されました。学生時代を振り返って思うことは?
藤原啓治さんと小池万瑠美さん
小池
専門学校では、本当にいろいろな経験をさせてもらえて、それが今の私を支えてくれていると思います。声優としての基礎的な学習はもちろん、舞台に出たり、映画に出演したり、そのほか業界とのネットワークを活かしたたくさんのプロジェクトに参加させてもらいました。歌やダンス、日本舞踊のレッスン、デッサンの授業まであり、そこまで幅広くやらせてもらえたのは東京アニメ・声優専門学校だからだと思います。
藤原
僕の時代にはそんな学びの環境はなく、そういった東京アニメのカリキュラムにはうらやましさを感じるほど。大事なのは、さまざまな体験を自分が目指すべきものとどう結びつけていくかです。声優として無駄な経験など一つもない。だからこそ、将来やりたいものと今学んでいることとの関係をきちんと汲み取って自分の肥やしにしなければ。
小池
はい。今振り返っても、日本舞踊では正しい姿勢や声の出し方を学べましたし、ダンスではリズム感を身につけられました。デッサンは感性を磨くチャンスを与えてくれるものだったと思います。現場に出てからさまざまな形で役立つものを用意してくれていたんだと実感します。
藤原
もうひとつ付け加えれば、東京アニメ・声優専門学校の設備の充実ぶりはプロの目から見てもすごいと思います。せっかくいいものが揃っているのだから「君たちにはもったいない!」と言われないよう、しっかり勉強して使いこなしてほしい(笑)。
インタビュアー
声優を志す高校生たちにメッセージを。
藤原
10代のときに将来目指すものへの立派な動機なんか必要ないです。というか、それまでの短い人生を元にそんなものを形成するのは無理な話。「これにすごく興味がある」という強い想いがあればそれで十分で、やってみたいという気持ちには正直に従っていいと思います。なぜ興味があるか、その先どうしていきたいのかなど、一歩踏み込んでみないことには分からないことも多いでしょう。ただし、いざその道に踏み入れたのなら、それを許してくれた家族には絶対に報いなければならない。
小池
それは、私も痛感しています。今後たとえどんな厳しい状況に置かれたとしても、簡単に諦める気にならない理由がそこにあります。自分の夢のためだけじゃなく、専門学校への入学を認めてくれた両親をはじめ、今まで応援してくれた人たちのために精いっぱい頑張り続けたいです。

スペシャルインタビュー一覧

関連ページをもっと見る
  • ネット出願について
  • 秋のスペシャルオープンキャンパス
  • 留学生の方へ 留学生向けスペシャルサイト
  • レディビアードさんが留学生特命大使に就任!
  • 超!アニメディアメディアプロモーションプロジェクト
  • 東京アニメLINE LIVEチャンネル!
  • ゲスト声優一覧 業界トップクラスの声優来校実績
  • 産学協同プロジェクト 在学中からプロの声優さんと一緒にお仕事できるチャンス!
  • 高校生アンケート
  • 学校説明会
  • 出張学校説明会
  • 無料送迎バス
  • 声優業界体験授業
  • e-sports業界体験授業
  • 2.5次元ミュージカル業界体験授業
  • アニメ・マンガ業界体験授業
  •  声優になりたい高校生のためのスペシャルサイト
  •  e-sportsプロフェッショナルゲーマーワールドスペシャルサイト
  • アニメーターになりたい高校生のためのスペシャルサイト
  • イラストレーターになりたい高校生のためのスペシャルサイト
  •  ライトノベル作家になりたい高校生のためのスペシャルサイト
  •  フィギュア原型師になりたい高校生のためのスペシャルサイト
  • 音響効果やサウンドエンジニアになりたい高校生のためのスペシャルサイト
  • 2.5次元ミュージカルワールド特設サイト
  • ネット出願について
  • 秋のスペシャルオープンキャンパス
  • 留学生の方へ 留学生向けスペシャルサイト
  • レディビアードさんが留学生特命大使に就任!
  • 超!アニメディアメディアプロモーションプロジェクト
  • 東京アニメLINE LIVEチャンネル!
  • ゲスト声優一覧 業界トップクラスの声優来校実績
  • 産学協同プロジェクト 在学中からプロの声優さんと一緒にお仕事できるチャンス!
  • 高校生アンケート
  • 学校説明会
  • 出張学校説明会
  • 無料送迎バス
  • 声優系体験授業
  • e-sports系体験授業
  • アニメ・イラスト・ラノベ・フィギュア・音響系体験授業
  • 声優になりたい高校生のためのスペシャルサイト
  •  e-sportsプロフェッショナルゲーマーワールドスペシャルサイト
  • アニメーターになりたい高校生のためのスペシャルサイト
  • イラストレーターになりたい高校生のためのスペシャルサイト
  •  ライトノベル作家になりたい高校生のためのスペシャルサイト
  •  フィギュア原型師になりたい高校生のためのスペシャルサイト
  • 音響効果やサウンドエンジニアになりたい高校生のためのスペシャルサイト
  • 2.5次元ミュージカルワールド特設サイト
  • LINE@公式
  • LINE@e-sports公式
  • twitter公式アカウント
  • facebook公式アカウント
  • youtube公式アカウント
  • ニコニコ生放送公式アカウント

ご希望の方に「学校案内」や「イベント案内」、「寮パンフレット」、「学校新聞」や「保護者様向け冊子」など、アニメ声優業界や学校のすべてが分かる資料を無料でお届けします。

プロの機材や設備を使った実際の授業さながらの体験が目白押し! 他では経験できない楽しい体験入学やイベントに参加して、声優・アニメ・e-sports業界をもっと、好きになろう!

ホームページを見ても解決できない悩み・疑問がある? そんな時は24時間受付「超サポート」へお気軽にお問い合わせください。担当スタッフが、優しく・丁寧にお答えします!

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西 3-14-9
TEL:0120-233-601  E-Mail:
E-Mail:

アクセスマップ

©TOKYO SCHOOL OF ANIME.