体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
アニメ監督 キャラクター
アニメーション・イベント

アニメーション・イベントの仕事

アニメ監督

アニメ監督とは?

アニメ監督はテレビアニメや映画の企画、全体の演出、作画、音声などすべての仕事に関わってきます!テレビ局や映画会社でアニメーション作品制作が決定すると、内容について制作スタッフと会議します。そして作品をつくる意図や演出の仕方をスタッフと共有し全体を指揮していきます!
テレビアニメではシリーズものになると制作スタッフは100人以上にもなります。その際それらのスタッフをまとめていくのがアニメ監督です。

仕事内容

アニメ監督
絵コンテの制作
アニメ監督は企画に沿ったシナリオが出来上がり次第、「絵コンテ」を制作する場合もあります。他の人に任せることもありますが、絵コンテを制作することで、監督案を、スタッフやクライアントに知ってもらい、情報を共有していきます。
打ち合わせ
テレビアニメや映画の企画、全体の演出、作画、音声などすべての仕事に関割るため、それぞれで打ち合わせが必要となります!
レイアウト・原画のチェック
監督はレイアウトが意図通りに仕上がっているのかを確認し、キャラクターの原画もチェックしていき、手直しする部分があれば指示を出していきます。
カッティングやアフレコの立ち合い
編集スタッフとともに行うカッティングの作業もアニメ監督が行います。カッティングをすることで全体のバランスや時間配分を調節していきます。編集が終わったら、アフレコの立ち合いをするのもアニメ監督の仕事です!

どうやってなるの?

アニメ監督

アニメ監督になるためには、まずアニメ制作のスキルを全体的に学ぶことが必要です!アニメ制作の現場では、仕事内容でも紹介した通り、画を描く力や、映像や編集技術などさまざまなスキルや知識が必要なのです!このようなスキルや知識の習得には、時間をかけて集中して学べる学校で学ぶのが近道となります!
特に、アニメ制作に関する専門的なスキルを学ぶのであれば、アニメーションが勉強できる学校がおすすめです!

必要な能力

こちらでは、アニメ監督に必要な能力についてご紹介します!

コミュニケーション能力
アニメ監督になるためには仕事としてイメージを伝えたり説得したりしなければならないのでコミュニケーション能力は必須です!
制作・演出力
アニメ監督はアニメ制作の全体の流れや作画、音楽、撮影の知識なども求められ、制作スケジュールに遅れないようにチームをまとめていくといった制作力、絵コンテを元にカットを組み立てて画面にしていく演出力が求められます!
情報収集力
アニメ監督になるにはアニメの知識はもちろんですが、他にも映画や小説、劇などいろいろな作品を見ておくことが大切です!たくさんのことに触れることで今まで見たものや感じたことを知識にして自分の「武器」を増やしていきましょう!

東京アニメで上記のスキルが学べる授業は?

産学連携プロジェクト
「産学連携プロジェクト」を通して、企業からの課題にチャレンジしていき、アニメ監督に将来なる為のアニメーションスキルを実践的に学んでいくことができます!
アニメ制作
「アニメ制作」の授業では他の授業で学んだスキルを活かしてアニメーション制作をオリジナルでシナリオから制作できる為、制作力や演出力が身につきます!

目指せる専攻

仕事図鑑TOPへ戻る

このワールドを体験しよう。

東京アニメのオープンキャンパス

東京アニメでは声優・アニメ・e-sports業界の素晴らしさ・楽しさを知るイベントを開催しています。
先ずは、イベントに参加して、“本物”の声優・アニメ・e-sports業界を体験してください!

学生