体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
ナレーター キャラクター
声優

声優の仕事

ナレーター

ナレーターとは?

ナレーターとはナレーション(解説や語り)を入れることが仕事です。ナレーターが必要な場所は意外にも多く、皆さんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?具体的にはテレビ、ラジオ番組やバスの車内放送、スーパーなどの施設の館内放送、企業のプロモーション映像、機械の自動音声など様々な場所で使われています。

仕事内容

ナレーター

ナレーターの仕事は、ナレーションの他ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティ、ニュースなどたくさんあります!
仕事の流れとしては、放送作家やディレクターが作成した台本を受け取ってから打ち合わせで番組の内容や収録の手順を確認した後に、リハーサルや本番を行って実際にナレーションを入れる作業を行います。生放送の場合は修正が効かない一発勝負になるので、読経が試されます。その番組の雰囲気に合うような声のトーンや間の取り方を考えながら音声による演出していくことがナレーターの仕事です!

求められる能力

ナレーターになるために必要な能力について3つ紹介していきます。

ナレーション力
ナレーターはいろいろな場面で違う声の表現をする必要があるため、幅広い声の演技力や1つの表現方法だけではなく、それぞれのシーンに合わせて柔軟に表現を変えていく為のナレーション力が求められます!
滑舌・発音
滑舌や発音の基礎能力がナレーターには求められます!だれにでも聞き取りやすい言葉で伝えられる滑舌や発音の技術を身につけていきましょう!
スピード
またナレーターの仕事は特に打ち合わせがないままいきなり本番と言うことも多く、現場入りから本番までのスピードが速いです。ですが初めて見た原稿をミスのないようにしていかないといけません!東京アニメでは様々な授業でスキルを身につけていくことができますし、授業は皆プロの先生が教えてくれるので、分からないことやアドバイスをしっかりと聞くことができるので安心です!

東京アニメで上記のスキルが学べる授業は?

スタジオ実践/声優アーティストゼミ
「スタジオ実践」「声優アーティストゼミ」の授業では、東京アニメにあるプロと同じ環境で学べるスタジオで実践的なナレーション力を身につけることができます!
声優・俳優基礎
「声優・俳優基礎」の授業では発声や発音、呼吸法、滑舌などのスキルを基礎からしっかりと学ぶことができます!

目指せる専攻

仕事図鑑TOPへ戻る

このワールドを体験しよう。

東京アニメのオープンキャンパス

東京アニメでは声優・アニメ・e-sports業界の素晴らしさ・楽しさを知るイベントを開催しています。
先ずは、イベントに参加して、“本物”の声優・アニメ・e-sports業界を体験してください!

学生