体験入学

資料請求

文部科学大臣認定
「職業実践専門課程」学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
e-sportsプランナー 和仁 大志

卒業生インタビュー
INTERVIEW

ゲームイベントの裏側には、
常に自分がいる。
e-sports業界に、
なくてはならない存在を目指して。

e-sportsワールド プロゲーマー専攻 卒業

株式会社GameWith e-sportsプランナー

和仁 大志

国内最大級のゲームメディア「GameWith」を運営する株式会社GameWithのイベント制作チームに所属し、全国各地で開催されるe-sports大会から、ゲームのオフ会イベ ントまで様々なイベントの企画、制作、運営を手がける。高校時代には、国際的なロボット競技大会の格闘技部門で世界2位に輝くなど、異色の経歴を持つe-sportsプランナー。

株式会社GameWith e-sportsプランナー 和仁 大志

ゲームの大会で勝利する喜びよりも
より多くの人にゲームの楽しさを届けるやりがい。

──e-sports業界に進もうと思ったきっかけを教えてください。

子どもの頃からゲームが好きで、将来はゲームクリエイターになることを夢見ていました。高校3年生の進路選択では、ゲームクリエイターを養成する専門学校を検討していましたが、ふと「自分はゲームを作るよりもプレイする方が好きなのかもしれない」と考えたのです。そんなときに出会ったのが「東京アニメ」のe-sportsプロゲーマー専攻。本格的なゲーミングデバイスを使った授業、現役プロ講師による指導など。私の背中を押すものとして充分魅力的でした。ただ、プロゲーマーとして活躍できるのは、ほんのひと握り。不安があったのも事実ですが、目指す以上はその“ひと握り”になるしかない。私の進路がゲームクリエイターからプロゲーマーへと変わった瞬間でした。

──東京アニメのオープンキャンパスには参加しましたか?

2回参加しました。周りを見渡すと、高校生の頃からプロゲーマーとして活躍している人もいたので緊張しましたが、逆に「自分もこうならないといけない!」と刺激を受けました。熱い夢を持った人が身近にいる環境で学べるのは、東京アニメならではですね。

──在学中はどんな学生生活を送っていましたか?

ゲームの大会で勝利する喜びよりも、より多くの人にゲームの楽しさを届けるやりがい。 在学中はOverwatchのチームに所属し、大会にも出場しましたが、プロゲーマーの道は簡単なものではありませんでした。このままアルバイトを続けながらプロゲーマーを目指すという選択肢もありましたが、私の中で気持ちの変化がありました。ゲームの大会で勝利するのはうれしい。でも、自分がここまで熱くなれた「ゲーム」の楽しさを多くの人に知ってもらえることの方がもっとうれしい!そんなことを考えていたところ、GameWithの企業説明会、会社見学会があったので迷わず参加しました。会社見学会では、スタッフの方が自由に働いていて、働きやすい会社という印象を持ちました。何より「ゲームをより楽しめる世界を創る」という理念に共感を覚え、ここなら自分の夢を叶えられると思い、入社を決めました。

なりたい自分を明確にし、
未来を思い描くことが成長へ繋がる

──e-sportsプランナーに必要な知識について教えてください。

常に「なぜそうなのか」という問いを突き詰めること。例えば、この作業はなぜ必要なのか、なぜこのやり方をしているのか、と意味を考え理解することで限られた時間で効率よく作業を進めることができます。ときには、この作業は必要ないという結論に至ることもありますが、無駄を省くことで仕事の工数を減らし、より価値の高い仕事に時間を割くこともできます。これは、ゲームの世界でも同じことが言えます。「なぜその操作・行動をしたのか」を突き詰めることで無駄を減らし、上達することができるでしょう。これからe-sports業界へ進むみなさんに伝えたいのは、「なりたい自分」を明確にすること。e-sports業界で「何をしたいか」を思い描けなければ、ただ時間だけが過ぎてしまいます。いつかみなさんとe-sportsイベントの運営に携われたらうれしいです。一緒にe-sports業界を盛り上げていきましょう。