体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
声優 和氣 あず未

卒業生インタビュー
INTERVIEW

声優からアーティストとして
デビュー!!

アニメ声優ワールド アニメ声優専攻 卒業

俳協所属

和氣 あず未

在学中から様々な企業プロジェクトで活躍し、卒業後に参加した「アイドルマスターシンデレラガールズ」の片桐早苗役でデビューを果たす。これまでに、「東京リベンジャーズ」(橘日向役)、「ウマ娘 プリティダービー」(スペシャルウィーク役)、「ブレンド・S」(桜ノ宮苺香役)など、人気作品のキャラクターを演じる。2019年には「私、能力値は平均でって言ったよね!」(マイル役)で主演を務め、2020年に1stシングル「ふわっと/シトラス」でソロアーティストデビュー。2021年に第15回声優アワードにて新人女優賞を受賞。

俳協所属 和氣 あず未

──なぜ、この仕事を目指そうと思ったのですか?

13歳のときに、大好きなアニメに出演する声優さんのアフレコ映像を見たのがきっかけです。アニメの裏側にはこんなふうにキャラクターに命を吹き込む人たちがいるんだと知って、私もやってみたい!って思ったんです。それからは、声優になるための専門学校選び。東京アニメのオープンキャンパスにも参加しました。もっとも印象に残っているのは、ドラマCDを作ったこと。与えられた役を演じ、最終的に音響スタッフの方に音声をつけていただくという貴重な体験をしました。声優に近づけたような気がして、とっても感動したことを覚えています。

東京アニメで舞台に立った経験が
声優としての土台に。

東京アニメで舞台に立った経験が声優としての土台に。 ──学校で学んだことが、
今の仕事に活かされていると思うことはありますか?

私の初舞台は東京アニメで開催されたサマーフェスタです。はじめは「声優なのに、なぜ舞台に立つ必要があるんだろう」と思っていました。でも、声優になって実感するのは、身体の演技は声の演技につながっているということ。アフレコをするときも、ただ台本を読んだり、声だけで芝居をするのではなく、身体、表情、声のすべてで表現するという発声の基本を学べたことは自分の力になっていると思います。

──「声優」のやりがいを教えてください。

やりがいしかないです(笑)。もともとアニメが好きだったので、テレビで放送される前に台本をいただけるのはうれしいですし、自分もアニメの制作に関われているという特別感もあります。何よりうれしいのは、「このキャラクターの声が和氣あず未でよかった」というメッセージ。自分を通して作品を好きになってくれたり、反対に作品を通して自分を好きになってくれるファンの方も多く、この仕事をしていて本当によかったと感じる瞬間です。

──最近はアニメやゲーム以外にも様々なフィールドで活躍されていますね。

声優としてデビューしてから5年が経ちますが、アニメやゲームのアフレコだけでなく、イベント、ラジオ、アーティスト、ライブなど様々なお仕事に携わっています。「和氣あず未」として出演することも多く、歌やトークスキルが問われる場面も増えています。もちろんプレッシャーもありますが、声優とは関係ないところで私を知ってくれて、ファンになっていただくことも。ファンの方に見ていただける機会が増えるので、今後もいろんなことにチャレンジしながら、声優の仕事に活かしていきたいです。

──声優を目指す人へのメッセージをお願いします。

東京アニメに入学し、声優になるという夢をかなえられましたが、その当時は自分がアーティストデビューできるなんて夢にも思わなかったです。これまで以上に声優の活動の幅は広がっており、他のジャンルの仕事が声優の仕事にフィードバックされて、新たな才能を開花させるチャンスも広がっています。声優の活動の幅が広がっている今、夢をあきらめるのはもったいない!本当になりたいという気持ちがあれば、それに共感してくれる人は必ずいます。ぜひ夢に挑戦してほしいと思います。

Pick UP Schedule スケジュール Pick UP Schedule スケジュール