eスポーツ

プロゲーマーになるにはどんな資格が必要? 求められるスキルは?

プロゲーマーになるにはどんな資格が必要? 求められるスキルは?

ゲームの大会で華々しい活躍を見せるプロゲーマー。
日本でもプロゲーマーにあこがれを抱く人が増えつつありますが、プロゲーマーになるにはどのような資格が必要なのでしょうか?
今回は、資格の有無や必要なスキルなどを含めた「プロゲーマーになる条件」について解説します。

プロゲーマーになるためには資格が必要?

プロゲーマーは、個人もしくはチームでゲームの大会に参加し、優勝を目指すのが主な仕事です。
さらに大会への参加以外に動画配信をおこなったり、ゲームイベントなどへのゲスト出演などの活動をおこなったりする人もいます。
日本では、プロゲーマーとして活動する際に特別な資格は要りません。
そのため、ゲームの実力があれば年齢や性別・経歴などに関係なく、プロとして活躍することができます。しかしながら、プロゲーマーとして第一線で活躍するには、さまざまなスキルが必要です。

プロゲーマーになる際に求められるスキルとは?

プロゲーマーには、「ゲームの実力」が必要不可欠です。
しかし同時に、実力を身に付けキープするための「努力」や「根気強さ」も大切です。プロになったあとも毎日練習をしながらゲームの技術や戦略の立て方を磨いていかないと、試合で勝ち残ることができません。
実際に海外の一流プロゲーマーの中には、週に60時間もの時間を費やしてゲームのトレーニングをおこなっている人もいますので、地道な練習を繰り返しおこない、鍛錬を欠かさないように心掛ける必要があります。

また、チーム戦をおこなう場合は、仲間との意思疎通がスムーズにできる「コミュニケーション能力」も必要です。
特に海外で戦う場合は、国籍の異なる選手とチームを組むことが多いため、英語などの「外国語」を話せる力が求められます。

さらに最近では「YouTube」や「ニコニコ動画」などの動画配信サイトで、ゲームのプレイ動画を配信するプロゲーマーも多いです。
動画配信をおこなうことでスポンサーに注目してもらえる宣伝効果があるほか、視聴数が増えれば広告収入も期待できます。
ゲームスキルに加えて、視聴者を楽しませられる「サービス精神」「トークスキル」「SNSなどでの情報発信力」も磨いておくと活躍の場が広がりますね。

ゲームの腕前を磨いて、プロゲーマーを目指そう!

ゲームの腕前を磨いて、プロゲーマーを目指そう!

プロゲーマーは資格や年齢にかかわらず、ゲームの実力さえあれば誰でもなれます。しかし、独学でプロ級の実力を身に付けるのは至難の業ですし、自宅でゲーム環境を整えるのは難しいものです。
そのため「徹底的にゲームスキルを磨きたい!」と考える方は、専門学校でスキルを身に付けることをおすすめします。
専門学校で学ぶことのメリットは、何といっても「最新のゲーム環境の中、プロの講師による指導が受けられること」です。
実際にeスポーツの試合で使われているゲームや機材などを使用し、練習を重ねることでプロとして活躍できる実力を身に付けることができます。

さらに、実際にeスポーツの試合に参加する機会もありますので、本番の空気を味わいながら成長することができますよ。
クラスメイトやチームメイトとの連係プレイやコミュニケーション力、将来必要な英語スキルもしっかりと学ぶことができますので、“世界で活躍できるプロゲーマー”を目指したい人は、入学を検討してみてはいかがでしょうか?

eスポーツ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light