体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
業界コラム
COLUMN
eスポーツ

LOL初心者が最短で上達するための5ステップやおすすめキャラクター解説

LOL初心者が最短で上達するための5ステップやおすすめキャラクター解説

世界中でたくさんのユーザーが熱狂的にプレイしているリーグ・オブ・レジェンド(以下:LOL)。夢中になって遊んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ところがLOLは非常に奥が深く、初心者から中級者になるまでにかなりの時間を要します。ゲームの大きな魅力である対人戦を楽しむためにも、速いスピードで上達していきたいですよね。

そこでこの記事では、LOL初心者が中級者になるための最短ルートや、使いやすいキャラクターなどについてくわしく解説します!

「いち早くLOLの技術を身に着けて、オンライン対戦で活躍したい」と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

eスポーツ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

レベル別にレクチャー内容を変更するので、初心者でも安心です。

LOL初心者が中級者になるまでにやるべき5つのこと

こちらでは、LOL初心者が中級者になるまでにやるべき5つのことを紹介します。

LOLはMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)と呼ばれ、日本ではあまり馴染みが無いゲームジャンルです。

よって「チュートリアルだけではよくわからなかった……」と感じて挫折する人もいます。

早くゲームの内容を理解するためにも、以下の5つのポイントを実践してみてください。

1. AI戦を何度も繰り返す
2. チャンピオンの特性を理解しておく
3. プラクティスツールでチャンピオンのスキルを確認
4. アイテムビルドの勉強
5. 慣れてきたらノーマルモードをプレイ
6. レベル30からはランク戦に参入する

特にノーマルモードに入るまでの練習を繰り返すことが、上達には非常に大切です。

それぞれくわしく解説していくので、確認しておきましょう。

【LOL初心者がやるべきこと1】AI戦を何度も繰り返す

チュートリアルを終えた後は、AI戦を繰り返して、LOLのルールやゲームの流れをしっかりと覚えましょう。

不慣れなうちは自分のキャラクター操作で手一杯になり、マップの確認すらも苦労してしまいます。

1. 敵を倒してお金と経験値を稼ぎ、お金を使って自分を強化する
2. 敵陣の防衛タワーをどんどん破壊する
3. 敵陣の本丸(ネクサス)を破壊する

という流れを確実に遂行するためにも、簡単な操作をすぐにできるように練習してみてください。

AI戦の難易度は「入門者」「初級者」「中級者」の3種類ですが、中級モードになると敵もこちらの陣地を攻めてくるため、なかなか勝利が難しいです。

ゲームに慣れるためにも、まずは中級戦の勝利を目標にAI戦をプレイしてみましょう。

【LOL初心者がやるべきこと2】チャンピオンの特性を理解しておく

チャンピオン(キャラクター)の特性を把握して、理解しておきましょう。

チャンピオンにはそれぞれ固有のスキルが備わっており、ステータスも大きく違います。状況に応じて適切なチャンピオンを利用しないと、本来の力を発揮できずに負けてしまうので注意が必要です。

また、チャンピオンごとに適した装備アイテムを使用することで、よりその強さを引き出すことができます。

とはいえ、LOLのチャンピオンは100種類以上いるため、すべてを一気に覚えるのは難しいでしょう。

そこでまずは「ロール」と呼ばれる、各チャンピオンの役割を覚えてみてください。

ロールは大きく分けて6種類が存在します。

・メイジ……魔法でダメージを与える
・タンク……HPや防御のステータスが高く、防衛が得意
・アサシン……瞬間的に大ダメージを出すのが得意
・ファイター……攻撃力が高く前線で活躍できる
・マークスマン……遠距離攻撃が得意
・サポート……味方のサポート(回復や敵の動きを止める)が得意

ロールを知っていれば、味方の構成に合わせてチャンピオンを選べるようになります。

まずは直感的に気に入ったキャラクターのロールを調べて、大まかな役割を把握しておきましょう。

【LOL初心者がやるべきこと3】プラクティスツールでチャンピオンのスキルを確認

所持しているチャンピオンをプラクティスツールで利用して、スキルを確認しておきましょう。

プラクティスツールでは、自分の持っているチャンピオンで個人練習をおこなえます。プレイボタンを押したあとにトレーニングを選ぶと、プラクティスツールが利用可能です。

プラクティスツールではスキルを確認できるほかに、モンスターの出現時間を操作できたり、敵AIをマップに追加できたりと、好きなようにゲームを管理できます。

時間を気にせずコンボやスキルの練習ができるので、初心者の方にうってつけです。

また週替わりで複数のチャンピオンが無料開放されるので、持っていないチャンピオンを練習するのも、ゲームを深く知るのに有効です。

【LOL初心者がやるべきこと4】アイテムビルドの勉強

チャンピオンのスキルがある程度把握できたら、アイテムやビルドについて勉強しましょう。

LOLでは相手のチャンピオンを倒すことでゴールドを集め、それによってアイテムを購入して自分の強さを高めていきます。
その際に「どのアイテムを使って強くしていくか」を選ぶことがビルドです。

チャンピオンごとにどんなアイテムがあるのかを覚え、効率の良いビルドを組んでいくことで、ゲームの勝率がかなり変わります。

とはいっても数多くあるアイテムの中から最適なものを選ぶのは大変なので、最初はプロのビルドを真似してみましょう。

https://www.probuilds.net/では、プロが実際に使用した最新のビルドがチェック可能です。

うまく利用して、ビルドについての理解を深めていってください。

【LOL初心者がやるべきこと5】慣れてきたらノーマルモードをプレイ

AI戦に慣れて、ゲームの流れがわかってきたら、対人戦であるノーマルモードをプレイしてみましょう。

対人戦ではゲーム内部で強さが計算されており、何度か遊べば初心者同士でマッチングできます。とはいえAIに比べると格段にレベルが上がるので、最初はうまく行かないことが多いです。

最初は修行の気持ちで気軽に参加して、敵プレイヤーや味方の動きを参考に自分のスキルを高めてみてください。

またゲーム開始前の画面では、自分の行きたいポジションをチャットしておくと展開がスムーズです。

LOLのマップには5つのポジションがあり、以下のような名称で呼ばれます。

・TOP……上部レーン
・MID……中央レーン
・ADC・SUP……下部レーン
・JG……マップ内の森

すべてのポジションに1人ずつ配置されるのが主な構成です。ただし初心者の頃はすべてのポジションで活躍できるほどのスキルが無いため、まずは得意な場所を宣言しておくとよいでしょう。

もしポジションが被ってしまったときは、初心者であることを伝えて相談してみるのもひとつの手段です。

ノーマルモードを使って、自分のスキルを更に磨きましょう。

【LOL初心者がやるべきこと6】レベル30からはランク戦に参入する

サモナーレベルが30を超え、チャンピオンを16体以上獲得したら、ランク戦に参入可能です。

ランク戦では1戦ごとに自分の持っているポイントが増減し、それに合わせて自身のランクが決定されます。

ランクはアイアン→ブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ→ダイヤモンド→マスター→グランドマスター→チャレンジャーと変化します。

ランク戦はポイントの増減があるという点から、ノーマルモードよりも勝利に本気で取り組んでいる人が多いです。

よって戦略を学ぶ機会が多く、早い上達が見込めます。

いかに上のランクに行くか、落ちないように自分の実力を高めるかが、LOLの醍醐味です。

メキメキとスキルを身に着けて、上のランクを目指せるように練習を繰り返しましょう。

プロレベルに上達したいなら、専門学校で人から教わることが大切

LOLは世界中で遊ばれており、e-Sportsとして多額の賞金が獲得できるゲームです。世界大会にもなると、数億円もの賞金が用意されます。

e-Sportsプレイヤーとして大会で活躍できるほどに上達したいなら、専門学校で人から教わることも検討してみてください。

「ゲームのために専門学校に行くなんて……」と思うかもしれませんが、レベルの高い人から指導を受けることは何よりも上達の近道です。ミュージシャンや漫画家も、専門学校で学んだ経験のある人は多いですよね。

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、実際に最前線で活躍しているプロゲーマーの講習など、いろいろなカリキュラムであなたのスキルアップをサポートしています。

ゲーマーとしての授業だけでなく、大会運営や配信のスキルも身につけられるため、ゲーム業界に携わりたいという方にもうってつけです。

就職システムも充実しており、東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校の学生は平均5社以内の就職活動で内定を獲得しています。もしプロゲーマーになれなったとしても、就職の道は幅広いです。

将来ゲームだけで生活していきたいという夢を持っている方や、ゲーム業界で働いてみたいと思っている方は、ぜひ入学を考えてみてください。

eスポーツ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎!】興味のあるジャンルの授業を受けてみよう!

オープンキャンパスで体験授業に参加しよう!

【初心者大歓迎!】興味のあるジャンルの授業を受けてみよう!

オープンキャンパスで体験授業に参加しよう!

声優・アニメ・e-sports・ゲーム業界のプロ先生が教えてくれる!

LOL初心者でも使いやすいチャンピオン

こちらでは、LOLの初心者でも使いやすいチャンピオンを紹介します。

1. アーリ(Ahri)
2. アムム(Amumu)
3. シヴィア(Sivir)
4. ムンドー(Dr. Mundo)
5. レオナ(Leona)

ぜひ参考にして、自分が使うチャンピオンを決めてみてください。

1. アーリ(Ahri)

アーリ(Ahri)
引用:リーグ・オブ・レジェンド公式ホームページ

特性:アサシン ポジション適性:MID

攻めと守りのスキルが備わっているアーリは、初心者の方におすすめです。LOLでもトップクラスの人気を集めています。

魔法ダメージで一気に攻撃を叩き込み、Eスキルのチャーム技やRスキルで戦線離脱も安易にできるので、攻守ともにバランスが良いです。
Eのスキルを当てて行動不能にさせ、Q+Wで最大火力を叩き込むのがアーリの基本的なコンボです。さらに、逃げる敵がいればRスキルで接近し追撃が可能です。

また、敵に襲われた場合もRスキルで逃亡もできます。いろいろなプレイスタイルに対応しているので、初心者にうってつけのチャンピオンです。

2. アムム(Amumu)

アムム(Amumu)
引用:リーグ・オブ・レジェンド公式ホームページ

特性:タンク ポジション適性:JG

アムムは森の中のモンスターを狩るのに向いており、ジャングル練習に便利です。また、装備次第で攻撃にも防御にも特化できます。

価格も450BEと最安値なので、金欠になりがちな初心者にとって嬉しい値段です。

Qスキルでは、包帯を前方に伸ばして当たった敵を1秒間動作不能にでき、味方と協力して敵を捕まえられます。

Rスキルでは、周囲の広範囲の敵を動作不能にします。スキルの再使用時間が長いのでミスはできませんが、タイミングが噛み合うと戦況を変えることも可能です。

チームの戦況を変えられるチャンピオンですが、防御装備をつけていないアムムはとても体力が低いです。なので慣れない間の装備は、体力や防御力が上がるものを購入しましょう。

3. シヴィア(Sivir)

シヴィア(Sivir)
引用:リーグ・オブ・レジェンド公式ホームページ

特性:マークスマン ポジション適性:ADC

シヴィアはADCポジションのチャンピオンです。扱いやすい上に、値段も450BEと最安価格帯です。

基礎攻撃力が高く、ミニオンにとどめをさしやすいというメリットがあります。ミニオンにとどめをさすことを「ラストヒット」と呼び、精度がとても重要です。

最初のうちはADCなどの基礎攻撃力が高いチャンピオンを選び、ラストヒットの練習をするのも良いでしょう。

シヴィアのRスキルは味方や自分の足の速度・攻撃の速度を一時的に早めることができます。逃げにも攻めにも使える優秀なスキルです。

攻撃力が高く爽快感があるので、使っていて楽しいチャンピオンといえます。

4. ムンドー(Dr. Mundo)

ムンドー(Dr. Mundo)
引用:リーグ・オブ・レジェンド公式ホームページ

特性:タンク ポジション適性:TOP/JG

ムンドーは回復機能を持っているタンクなので、初心者でも使いやすいです。

TOP・JGともに適性があり、このチャンピオンを使いこなせば2つポジションを覚えたということになります。チャンピオン選択画面でTOP/JGのどちらかを選べなかったとしても、もう片方を選べばOKです。

ムンドーは全てのスキルに体力を一定割合消費しますが、Qスキルのムンドー包丁を敵に当てることで、自分自身を回復させます。

さらにRスキルでは12秒間体力を大幅に回復し続けるので、敵との交戦中に真価を発揮します。

Qスキルを当てるのは少し難しいですが、方向指定スキルの練習にもなり、またタンクチャンピオンとしても優秀です。

かなり使い勝手のいいキャラクターなので、タンクに興味がある方は使ってみてください。

5. レオナ(Leona)

レオナ(Leona)
引用:リーグ・オブ・レジェンド公式ホームページ

特性:タンク ポジション適正:SUP

レオナは防御面にすぐれており、なおかつスキル構成が戦いを始めることを得意としています。

Eスキル→Qスキルと連続して発動することにより、自分が相手のチャンピオンに接近しながら、相手を長時間行動不能にすることが可能です。

また接近後では、Wスキルを使って自身の防御力を上げられるため、すぐに倒されてしまうことも少ないです。

Rスキルでは遠距離から相手の行動を妨害でき、より簡単に戦いを始められます。

味方との連携をうまくとり、攻撃のチャンスをつかみましょう。

LOLを快適に遊ぶための3つのコツ

LOLは対人戦ということもあり、トラブルが起きやすい一面も存在します。

そこでこちらでは、LOLを快適に遊ぶための3つのコツについて紹介します。

1. ミュート機能を使う
2. 用語を覚えておく
3. マナーが悪いプレイヤーは通報

それぞれ確認していきましょう。

1. ミュート機能を使う

マナーの悪いプレイヤーには、ミュート機能を使いましょう。ミュートを使えば、相手の発言が表示されません。

LOLは個人ではなくチームで戦うゲーム性のためか、思うようにゲームが運ばないと味方へいらだちをぶつけるプレイヤーが存在します。

とくに初心者に対しては、他人の装備から戦略まで、すべて自分の思う通りに人を動かそうとするプレイヤーがいるのも事実です。

そのようなマナーの悪い人の発言は、ミュートを使って非表示にしましょう。

ミュート機能を使う

Tabキーの長押しで、画像のような情報を出せます。

敵味方のプレイヤー名の右側にある吹き出しマークをクリックすれば、チャットの非表示が可能です。

チャットのほかにも、顔マークをクリックでエモート(ゲーム中に表示できるスタンプ)のミュートもできるので、活用して快適なLOLライフを過ごしましょう。

2. 用語を覚えておく

用語を覚えておくのも、快適にプレイするコツの1つです。

チャットで会話をするという性質上、味方の言葉がわからないと戦略を立てづらいです。知らない言葉が出てきたら、まずは調べることをおすすめします。

代表的な用語は、以下のとおりです。

・ハラス……レーン戦中に、敵チャンピオンにダメージを与えること。
・レーン(ポジション)……ゲーム中に自分が行く場所のこと。
・グループ……全員で集まって動くこと。
・エンド……ネクサスを破壊しにいこう、という意味。
・ゾーニング……敵を自分の射程内に入れないように邪魔するテクニック。
・フィード(feed)……デスを重ねること。敵の養分(feed)にされているという由来から。
・ガンク……主にJGがレーンに介入し戦うこと
・プッシュ……ミニオン集団を倒してタワーに近づくこと。
・シージ……タワーを削ること
・ラストヒット(別名CS)……ミニオンにとどめをさすこと。

これらの用語はかなりよく使うので、ぜひ覚えておきましょう。

3. マナーが悪いプレイヤーは通報

あまりにもマナーが悪いプレイヤーには、通報処理を行いましょう。

マナーが悪いプレイヤーは通報

これは試合終了後のロビー画面です。

敵のプレイヤー名にカーソルをあて、赤い「!」マークを選択すると通報できます。この時に通報理由をしっかり書き込むと、運営に意図が伝わりやすいです。

通報が多く寄せられているプレイヤーは、運営から処置が降ります。処置の内容は。チャット制限から永久追放(BAN)まで処罰内容はさまざまです。

マナーの悪いプレイヤーを通報することは大切ですが、自分も通報されないように常にスポーツマンシップのあるプレイを心がけてください。

まとめ:適切な練習法で、はやく初心者から脱却できるように努力しよう

まとめ:適切な練習法で、はやく初心者から脱却できるように努力しよう

今回は、LOL初心者が中級者になるための練習方法について紹介しました。

LOLは非常に奥が深いゲームなので、長期的に遊ぶつもりでゆっくりと内容を把握していきましょう。

また、大会で活躍できるくらいに実力を高めたいのであれば、プロからの指導を受けることも検討してみてください。

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校のスーパープロゲーマー専攻やプロゲーマー専攻では、実際にプロゲーマーとして活躍しているプレイヤーからの指導を受けられます。

まさにゲームの上達に特化した豊富なカリキュラムが揃っているので、まずはホームページやオープンキャンパスで授業の雰囲気を掴んでみてください。

eスポーツ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

レベル別にレクチャー内容を変更するので、初心者でも安心です。