体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
業界コラム
COLUMN
eスポーツ

PCゲームおすすめ10選!eスポーツ化しているものを専門学校が紹介

PCゲームおすすめ10選!eスポーツ化しているものを専門学校が紹介

ハイスペックなPCが続々登場してく中で、オンラインで遊べるPCゲームも日々進化を遂げています。

PCゲームの数は増え続けているため「おすすめのPCゲームを知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

せっかくゲームを買うのだったら、熱中できるものを長く遊びたいですよね。

そこでこの記事では、将来のプロゲーマーを育成している「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」が、eスポーツになっているおすすめのPCゲームを紹介します!

世界中で大会が開催されるほど熱狂的に遊ばれているゲームばかりなので、これからゲームを購入しようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

【おすすめのPCゲーム1】League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)

League of Legends
引用:League of Legends公式サイト

リーグ・オブ・レジェンド(略称:LoL)は、5対5で戦うストラテジー(戦略)系ゲームです。

世界の競技人口は1億人を超えており、世界中で国際大会が開催されています。いままでの賞金総額は70億円以上もあるなど、熱狂的なファンが多いゲームです。

プレイヤーは「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを操作し、敵チームの本陣の破壊を目指します。

チャンピオンの種類は100を超えており、それぞれで能力値が大きく違うため、自分のキャラクターを把握したうえでチームと連携を取る必要があります。

CPU(ミニオン)を倒してレベルを上げたり、複数人が協力して敵チャンピオンを撃破したりと、チームワークや戦略性が問われます。

基本プレイ料金は無料で、ゲームをプレイすると得られる通貨(ブルーエッセンス)で全てのチャンピオンが購入可能です。

課金をすれば特別な通貨(RP)が手に入り、そちらでもチャンピオンが購入できます。ただし、LoLの運営は「課金したプレイヤーが有利になるシステムは導入しない」と明言しているので、無料でも問題ありません。

無料で始められるのでハードルが低く、100を超えるキャラクターによって長く飽きること無く遊べるゲームです。

【おすすめのPCゲーム2】Dota 2

Dota2
引用:Steam:Dota2

ドータ2も、チームで戦うストラテジー(戦略)系のゲームです。無料で始められる手軽さからか、プレイヤーの人口が1億人を超えるなど、世界的に人気を集めています。

eスポーツ大会も積極的に開催されており、いままでの賞金総額はなんと220億円以上です。eスポーツの中でも圧倒的に賞金額が高く、熱狂的に遊ばれていることがよくわかります。

ドータ2のルールは単純で、5対5でチームを組み、相手本拠地を破壊することがゲームの目的です。

「Hero(ヒーロー)」と呼ばれる自分が操作するキャラクターの数は100種類を軽く超えており、その全てがゲーム開始時に開放されています。つまりゲームの条件は、初心者も上級者も全く同じです。

ただしキャラクターに応じた戦略を考える必要があるため、特性を把握し、適切な行動を取らなくてはなりません。

戦略性が高く、1つのキャラクターを極めるにしても、いろいろなキャラクターで遊ぶにしても、多くの時間がかかります。

基本プレイ料金は無料ながらも奥が深く、長く楽しめちゃうゲームですよ。

【おすすめのPCゲーム3】Fortnite(フォートナイト)

Fortnite
引用:Fortnite公式サイト

フォートナイトは、最大100人でプレイするバトルロイヤル系のシューティングゲームです。

総プレイ人口は世界で2億人を超えており、いままでの賞金総額は90億円以上と、非常に人気を集めています。

プレイ料金は無料で、課金要素がコスチュームにしか無いため、自分のプレイスキルだけが勝敗を左右する点が魅力ですよ。

ゲームが始まると、プレイヤーは島の好きな場所に降り立ちます。島の中で自分が有利になるようなアイテムを集めて、他プレイヤーを倒すことが目的です。

さらにフォートナイトにはクラフト(建築)機能があり、集めた資材を使って壁や階段を作成できます。建築によって自分に有利な地形を作れるシステムは、他の有名シューティングゲームにはありません。

ただ相手を倒すだけではなく、いかに自分が有利な状況を作れるかも考える必要があるため、戦略性が非常に高いシューティングゲームです。

【おすすめのPCゲーム4】Hearthstone(ハースストーン)

Hearthstone
引用:Hearthstone公式サイト

ハースストーンは、世界中でプレイされているカードゲームです。

日本で世界大会が開催されているほどの人気のゲームで、総プレイ人口は1億人、いままでに20億円の賞金が出されています。

基本的なルールは簡単で、30枚のデッキを用いて、相手ユーザーのライフポイントを0にしたら勝利です。

2000種類以上もあるカードの中から30枚のデッキを作る必要があるため、やりこみ要素が強く、たくさんの人が熱中しています。

基本プレイ料金は無料ですが、やはり目当てのカードを効率よく入手するには、ある程度の課金が必要です。

ただし実装から2年が経過したカードはルール上利用できなくなるため、長くやっている人が有利ということはありません。

ていねいなチュートリアルでルールはすぐに覚えられるので、「カードゲームをガッツリやり込みたい」という方におすすめです。

【おすすめのPCゲーム5】Counter-Strike: Global Offensive(カウンターストライク)

Counter-Strike
引用:Steam:Counter-Strike: Global Offensive

カウンターストライクは、対戦系のシューティングゲームです。

発売当初は有料ゲームでしたが、2018年に基本無料化され、プレイしやすくなりました。

ゲーム内に、様々なルールが存在している点が特徴です。

①爆破(チーム戦)……マップ上にある爆破目標を爆破or守り抜けば勝利

②人質救出(チーム戦)……マップ上に居る人質を奪還or守り抜けば勝利

③バトルロワイヤル……最大18人で戦い、最後まで生き抜けば勝利

など、各ゲームで戦略が違います。

いままでの賞金総額が100億円を超えており、世界中で長く楽しまれているゲームです。

【おすすめのPCゲーム6】PlayerUnknown’s BattleGrounds(通称:PUBG)

PlayerUnknown's BattleGrounds
引用:PUBG公式サイト

PUBGは、韓国発祥のバトルロワイヤル系シューティングゲームです。日本でも知名度が高く、遊んだことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最大100人のプレイヤーが1つのマップに集まり、最後の1人になるまで戦いを続けます。マップ内に落ちているアイテムを集めて、いかに自分に有利な状況を作れるかがゲームのポイントです。

また世界では総額約5億円の大会が開催されるなど、eスポーツとしても注目を集めています。

プレイ環境は、以下の3つです。

①本家PC版(3,300円)

②低スペック向けの「PUBG LITE」(無料)

③スマートフォン版(無料)

それぞれで武器の反応が違ったり、マップが変わっていたりします。ただしそれぞれは別物として扱われているため、たとえばスマートフォンとPC版の人がマッチすることはありません。

低スペックPC向けの「PUBG LITE」やスマートフォン版は無料でプレイできるので「とりあえず遊んでみたい」という方はそちらをダウンロードしてみてください。

eスポーツ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

レベル別にレクチャー内容を変更するので、初心者でも安心です。

【おすすめのPCゲーム7】Rocket League(ロケットリーグ)

Rocket League
引用:Rocket League公式サイト

ロケットリーグは、車とサッカーを組み合わせた、3対3で戦う架空のスポーツゲームです。

ゲームのルールは非常に簡単で、車を操作して、ボールを相手のゴールにいれるだけ。車の操作性が良く、多くの人が熱中しています。

最初にソフト代として1,980円がかかりますが、追加の有料コンテンツに性能差が無いため、数千円で長く遊べる点も魅力です。国際大会になると、2,500万円を超える賞金が用意されています。

単純ながらもプレイヤーのスキルが必要とされる、ゲーマーの腕が試されるゲームです。

【おすすめのPCゲーム8】Street Fighter(ストリートファイター)

ストリートファイター
引用:ストリートファイター公式サイト

「俺より強い奴に会いに行く」のキャッチコピー で有名なストリートファイターは、日本発祥の格闘ゲームです。非常に知名度が高いので、プレイしたことがある方も多いのではないでしょうか。

最新作であるⅤはPC版でも発売されていて、日本だけでなく世界中で人気を集めています。

日本発祥のゲームなので日本人プロゲーマーの数も多く、年収1,000万円以上稼いでいる人も珍しくありません。

1対1で対戦相手を倒すだけのゲームではありますが、何十人もいるキャラクターを使いこなし、技の熟練度を磨くゲーム性はやりこみ要素が強く奥が深いです。

【おすすめのPCゲーム9】Rainbow Six Siege (レインボーシックスシージ)

Rainbow Six Siege
引用:Rainbow Six Siege公式サイト

レインボーシックスシージは、マルチプレイがメインのシューティングゲームです。

プレイヤーは攻撃側と防御側に分かれ、人質や爆弾を巡って戦います。

プレイヤーが使えるキャラクター(オペレーター)にはそれぞれ特性があり、うまく活かしてチームを勝利に導くことが重要です。

復活や体力回復の手段がほとんど存在せず、相手を倒すために重要な弾薬も指定の場所でしか補充できません。

シューティングゲームの中でも上級者向けのゲームではありますが、その分やりこみ度が高く、長く楽しめるゲーム性が魅力です。

【おすすめのPCゲーム10】OverWatch(オーバーウォッチ)

Overwatch2
引用:Overwatch公式サイト

Overwatch(オーバーウォッチ)は、6対6で対戦するFPS系のシューティングゲームです。

プレイヤーはそれぞれ性能が違う30体以上のキャラクターの中から1つを選び、チームを組みます。チームは攻撃側と防御側に分かれ、それぞれに与えられたミッション(拠点を奪う・車を護衛するなど)をこなします。

チームプレイが前提なので、ただ相手を倒すだけではなく、時には味方のサポート役に徹するなど、柔軟なプレイングが重要です。

eスポーツとしても盛んにプレイされており、過去には賞金総額約5億円の大会も開かれました。
料金はレア度の高い衣装などの特典がつくレジェンダリー・エディションが4,180円、特典なしのスタンダード・エディションが2,200円です。

本格的にテクニックを学びたいなら専門家の指導を受けよう!

今回は、eスポーツにもなっているおすすめのPCゲームを10個紹介しました。

eスポーツ化されているだけあって、戦略性が高く、長く楽しめるゲームがたくさん存在します。

いろいろなジャンルがあるうえに、無料で遊べるゲームも多いので、ぜひ興味があるゲームをダウンロードしてみてください。

なお、eスポーツ大会に出られるくらいの実力を身に着けたいという方は、専門家による指導を受けるのがおすすめです。

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、現役プロゲーマーから実践的な技術や戦略を学べます。

卒業者には「レインボーシックスシージ」などのゲームでプロゲーマーとして活躍している人がいるなど、指導による実績も確かです。

プレイヤーだけでなく裏方やイベント運営の基礎についても学べるので、将来的にゲームに携わっていきたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

eスポーツ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

【初心者大歓迎】eスポーツ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

プロゲーマーリアル体験

レベル別にレクチャー内容を変更するので、初心者でも安心です。