eスポーツ

ゲーム好きにはたまらない? ゲームテスターの仕事内容とは

ゲーム好きにはたまらない? ゲームテスターの仕事内容とは

ゲームテスターとは、発売前のTVゲームやPCゲーム、スマホアプリゲームなどをプレイして、不具合(バグ)がないかをチェックする仕事です。
実はテストプレイ以外にも、さまざまな仕事があるのをご存知でしょうか? 
今回の記事では、ゲームテスターの詳しい仕事内容と、それに伴って必要なスキルをご紹介します。

ゲームテスターはどんな仕事?

ゲームテスターの主な仕事は、発売前のゲームをテストプレイし、ゲームの不具合である「バグ」を発見することです。
制作されたゲームが仕様どおりに作動するかどうかを細かくチェックし、全て記録していきます。
テストプレイ中にバグを発見した場合はエンジニアに詳細を報告し、エンジニアが修正作業を行ったあと再度テストプレイをして、バグが修正されているかをチェックします。
バグには「キャラクターを移動させたとき、地面に埋まってしまった」とか、「突然画面が停止してしまった」などさまざまな種類があります。

特定の条件下で発生するバグを調べるために、ときには一歩ずつ進んでコマンドを繰り返し実行する、といった地道な作業も必要になるのです。
またバグ以外にも、ゲーム全体の操作性や難易度などの細かな問題点を洗い出し、指摘するのもゲームテスターの重要な役目です。

最近は開発段階だけではなく、ゲームがリリースされたあとにもゲームテスターが必要とされるケースも増えてきています。
ゲームリリース後にバグが発見されたときの修正パッチや、新たなストーリーを楽しむための追加コンテンツの配信が多くなっているからです。
そんなときに開発に参加したゲームテスターがいれば、開発当時の経験や声を活かせるため重宝されるのです。

ゲームテスターとして働くため必要なスキルとは

ゲームテスターとして働くためにまず必要になるのが、忍耐力と集中力です。
テストプレイではひとつひとつ動作を確認したり、修正点をチェックしたりと、長時間にわたって細かく同じ作業の繰り返しになることも多いとされています。
数多くのテストプレイに耐えられるだけの忍耐力と集中力がある人は、ゲームテスターに向いているといえます。

また、ゲームを生み出すプロジェクトでは、エンジニアなど各部署と連携してゲームを作り上げていきます。
発生したバグや問題点を報告するときは、エンジニアに伝わりやすく、分かりやすい報告書を作成することが求められます。
そのため、プロジェクトのメンバーに適切な意見を伝えられ、円滑にやりとりを行えるコミュニケーション能力も必須です。

さらに、ゲームの開発期間から完成までは時間に追われることが多いので、短時間で正確に報告を行うことが求められます。
報告は主にPCで行うので、タイピング技能が高ければ素早いやりとりが行えて、レスポンスの速さが評価される場合もあるので、ゲームテスターを目指すなら日ごろから練習しておいて損はありません。

「ゲームが好き」をきっかけに、ゲームテスターを目指そう

「ゲームが好き」をきっかけに、ゲームテスターを目指そう

ゲームテスターになるには「ゲームが好きで、面白いゲームを開発してみたい」という情熱をもっていることが大前提です。

また、ゲームテスターの仕事では地道にコツコツと作業を行うことも多く、大変な部分もあります。
しかし自分が見つけたバグや問題点が修正されてゲームの品質が良くなれば、大ヒット作になる可能性もありますし、苦労したこと以上の“大きな達成感”が得られるに違いありません。
優秀なゲームテスターとして活躍するためには、専門学校へ進学してゲームの専門知識を学ぶという方法があります。

ゲームをプレイする技術だけでなく、ゲーム制作の基礎を学んでおくことで、ゲームテスターとしてのスキルもアップします。
高校卒業後の進路にお悩みの方は、ぜひ1つの道として検討してみてくださいね。

eスポーツ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light