体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
業界コラム
COLUMN
ゲーム・アプリ・VR

アプリの作り方とは?3つの方法や開発ツール、具体的な手順を詳しく紹介

アプリの作り方とは?3つの方法や開発ツール、具体的な手順を詳しく紹介

「ゲームや日常で使える便利なアプリを作ってみたいけど、作り方がイマイチわからない……」と悩んでいませんか?

アプリ作成と聞くと、難しくて時間がかかるイメージがありますよね。分厚い教科書を片手に制作を進めても、なかなかうまく行かずに挫折してしまう人もたくさんいます。

確かに本格的なアプリを作るにはプログラミング力が大切なのですが、簡単なものであれば誰でもサクッと作れるツールも存在するんです!

ただしツールでは簡単なものしか作れないため、本格的なアプリが作りたい場合は、しっかりと手順やプログラミング力を身につける必要があります。

そこでこの記事では、スマホアプリ制作の専門学校である「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」が、アプリの作り方や必要なもの、手順などを細かく解説します!

また初心者でも簡単にアプリを作れるツールについても紹介しているので「これからアプリ制作を始めてみたい!」という方は、ぜひ記事を確認してみてください。

ゲーム・アプリ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

スマホアプリ、スマホゲームの制作をしてみよう!

アプリの作り方とは?主要な方法を解説

こちらでは、アプリの主要な作り方について解説します。

大きく分けて、以下の3つです。

1. プログラミング言語を使って作成
2. ゲームエンジンを使って作成
3. 作成ツールを使って作成

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【アプリの作り方1】プログラミング言語を使って作成

プログラミング言語を使って、アプリを作成する方法です。アプリ作成と聞くと、まずこの方法をイメージするのではないでしょうか。

プログラミング言語は覚えるまでに時間を要しますが、どんな機能でも盛り込むことができるので、自由度が非常に高いです。

アプリ制作に使われる言語には『java、php、C/C++、Swift』などが挙げられます。iPhoneなのかAndroidなのか、またはPCなのかで使う言語は変わるため、まずは自分が作りたいものをイメージしてから勉強すると良いでしょう。

習得までに時間はかかりますが、自分の好きな機能を自由に盛り込みたいと考えている方にうってつけの作成方法です。

【アプリの作り方2】ゲームエンジンを使っての作成

ゲームアプリを作りたいという方は、ゲームエンジンの利用も適しています。

ゲームエンジンは簡単に言うと、ゲームを作るための基本機能をパッケージ化したものです。例えばキャラクターの移動や音楽の再生などは、どんなゲームにも使えますよね。そのような機能を最初から搭載しているのが、ゲームエンジンです。

ゲームエンジンはすでにあるプログラムを配置していけばゲームが作れるため、プログラミング知識が少なくても簡単にゲームを作れます。

代表的なゲームエンジンは「Unity」です。こちらはプロのゲーム会社も使っており、スマホ向けに作られた「ドラゴンクエストⅧ」や「ポケモンGO」も、Unityをベースに作られています。

もちろん本格的なゲームを作るにはプログラミング知識が必要になりますが、簡単なゲームなら手軽に作れる点が、ゲームエンジンの魅力です。

【アプリの作り方3】作成ツールを使って作成

3つめは、アプリ作成ツールを使う方法です。

ツールが用意しているフォーマットに当てはめていくだけなので、まったくプログラミング能力が無くても簡単にきれいなデザインのアプリが作れます。

作れる機能は、飲食店の予約やショッピングサイト、スケジュール管理などがメインです。自分でビジネスをやっている方からすると、手軽に集客用のアプリが作れるのは、大きなメリットですよね。

ツールごとに作れるアプリは大きく違っているので、自分で作りたいコンテンツを考えた上で、最も合うものを探してみてください。

アプリを作るうえで必要なもの5選

こちらでは、アプリを作るうえで必要なものを5つ紹介します。

1. パソコン
2. 仕様書
3. テスト用の端末
4. プログラミング力
5. 企画力

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【アプリ作成に必要なもの1】パソコン

パソコンは、アプリ作成において最も重要です。

プログラミングを打つにしても、ツールを使うにしても、パソコンがなければ効率よく作業を進められません。

一部スマホでもプログラミングができるツールは存在しますが、行き詰まった際の調べものがしづらいのであまりおすすめできません。

【アプリ作成に必要なもの2】仕様書

仕様書も、アプリ作成に重要です。

仕様書は簡単に言うとアプリの設計図みたいなもので、アプリがどのようにして動くのかを細かく記載します。

たとえば最初の画面から次のページに移動するという行程だけでも、以下の決定が必要です。

1. どのボタンを押せば移動するのか
2. ボタンの配置場所はどこか
3. 色・大きさ
4. 押したときの処理(へこむように見せるのかなど)

これらを仕様書の時点でしっかり決めておかないと、途中でどうしたらいいかがわからなくなり、統一感がないアプリができてしまいます。

仕様書はアプリを作るうえの骨組みになるものなので、きちんと準備しておくことが大切です。

【アプリ作成に必要なもの3】テスト用の端末

テスト用の端末も、アプリ作成には必要です。

スマホ(iPhone or Android)やパソコンなど、作りたいアプリが実際にちゃんと動くかどうかのテストは欠かせません。

スマホであれば仮想エミュレーターなどで、パソコン上にスマホ画面を表示してテストができますが、完璧を求めるのであれば実機で試したほうが良いでしょう。

とは言ってもそこまで高性能な端末は必要ないので、いま使っているスマホやパソコンで十分です。

【アプリ作成に必要なもの4】プログラミング力

プログラミング力も、アプリ作成には重要です。

ツールやゲームエンジンを使えば簡単にアプリが作れるとは言っても、やはり完成度の高いものを作る場合はプログラミングを求められます。

技術の進化に伴い、凝ったアプリが多く作られているため「アプリをいろいろな人にダウンロードして欲しい」と考えているなら、なおさら必要です。

とはいえまったくの初心者が独学で作ろうとしても、本には「変数、関数、コンパイラ」などの馴染みのない言葉ばかりが並ぶため、すぐに心が折れてしまいます。

初心者こそ、専門学校やプログラミングスクールなどに通って勉強をすすめる必要があるでしょう。

講師が近くにいる状態だと、不明点もすぐに質問できるため、効率がケタ違いです。

「アプリを公開してお金を稼ぎたい」「将来はプログラマーになりたい」と考えている方は、講師がいる学校への入学を推奨します。

【アプリ作成に必要なもの5】企画力

企画力も、アプリ作成には大切です。

世の中にたくさんのアプリが出回っている中でダウンロード数を増やすには、ユーザーの目を引くコンテンツを作る必要があります。

世間をあっと驚かせるような、便利で新しいアプリを作ってこそ、その価値が認められるでしょう。

また企画力を高めるには、プログラミングの技術もある程度必要です。アプリ内にどんな機能が搭載できるのかを知っておかなければ、いいアプリの発想はなかなか浮かんできません。

やはり初心者の方こそ、学校に通って基礎を勉強する必要があります。

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、スマホアプリやゲームの開発技術の基礎をじっくり勉強可能です。

「専門学校なんてお金がかかるからもったいない」と思うかもしれませんが、プログラミングができればそれだけで就職に有利です。2030年は79万人のIT人材が不足するという経済産業省の発表があるほど、プログラマーのニーズは高まっています。

つまり専門学校でお金を払って学んだスキルで、将来的に長くお金を稼ぐことが可能なんです。もちろん作ったアプリでお金を稼ぐことも十分できるでしょう。

本格的にプログラミングを学びたいと考えている方は、ぜひ東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校を活用してみてください。

初心者でも簡単にアプリを作れるツール3選

こちらでは、初心者でもアプリを簡単に作れるツールを3つ紹介します。

1. GameSalad
2. Buildy
3. SmartApps mobile

いずれも簡単にアプリを作れて便利ではありますが、有料課金が必要なケースもあります。

料金をしっかりとチェックしてから、利用を検討してみてください。

1. GameSalad

GameSalad
引用:GameSalad公式ページ

GameSaladは、プログラミングの知識無しでゲームが作れる開発ツールです。

必要な機能をドラッグ&ドロップで配置していくだけなので、直感的な操作で簡単にゲームが作れてしまいます。

かなり本格的な3Dゲームも手軽に作れてしまうので、素敵なゲームアイデアを持っている方はぜひ試してみてください。

ただし日本語対応はしておらず、基本的に英語環境で開発をしなければなりません。

プランはベーシック(月額17ドル)とプロ(月額25ドル)の2種類です。

プロプランじゃないとアプリの公開はできないため、App StoreやGoogle Playにアプリを公開したい人はそちらを選びましょう。

>>GameSaladの公式ページはこちら

2. Buildy

Buildy
引用:Buildy公式ページ

Buildyでは、ニュースの配信やクーポンの配布など、お店向けのアプリが最短3分で作成できます。

好みのレイアウトや色を選んでいくだけなので、プログラミングの知識も一切必要ありません。

アプリの作成自体は無料で行えるので、まずは登録して雰囲気を確かめてみると良いでしょう。

もし気に入ったアプリが完成したら、月額9,800円でApp StoreとGoogle Playへの公開も可能です。

>>Buildyの公式ページはこちら

3. SmartAppsMobile

SmartAppsMobile
引用:SmartApps mobile公式ページ

SmartApps mobileでは、レストランの予約やEコマース(ネットショップ)、スケジューリング機能などを搭載したアプリを作れます。

6種類のレイアウトから好きなものを選ぶだけなので、非常に簡単です。

アイコンを自由に設定して、自分の好きな機能だけを盛り込んだアプリを作ってみましょう。

料金体系は、以下の3種類です。

・LITE(機能制限プラン):初期費用15,000円・月額8,000円
・STANDARD:初期費用28,000円・月額12,000円
・CUSTOMIZE(独自カスタマイズプラン):見積もり後に決定

無料のトライアルプランも用意されているので、興味がある方はチェックしてみてください。

>>SmartApps mobileの公式ページはこちら

アプリの具体的な作り方5ステップ

こちらでは、実際にアプリを作るための具体的な手順を紹介します。

1. 作りたいアプリの仕様を考える
2. 開発するための環境を用意する
3. 画像や音声のデータを用意する
4. プログラミングを行う
5. テストし、バグがなければ公開

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【アプリ作成の手順1】作りたいアプリの仕様を考える

まずは、作りたいアプリの仕様を考えます。

・ジャンル
・ダウンロードしてほしいユーザー層
・想定する端末(スマホやPC)
・画面のサイズ
・画像やボタンなどの位置
・必要なページ数
・音楽や効果音などの把握

などをまとめて、仕様書として用意しておきましょう。紙やエクセル、ワードなど、自分が見やすいものであれば何でも構いません。ただし複数人で共有する場合は、ちゃんと全員がパッと見て分かるようにしておきましょう。

仕様書がしっかり作られていると、プログラミング途中で迷ったり、不必要な作業を進めたりせずに済みます。反対に言うと仕様書がしっかりしていないと、途中で挫折してしまう可能性がぐっと高まるので注意してください。

仕様書はアプリの骨組みとなる重要な部分なので、何時間もかけてじっくりと作り込んでみましょう。

【アプリ作成の手順2】開発するための環境を用意する

仕様書ができたら、開発するための環境を用意します。

開発環境は、公開する端末や使用言語で変わるため、最も合うものを探しましょう。

有名な開発ツールは、以下のものです。

・Xcode(iOSアプリ作成・Macのみ)
・Android Studio(Androidアプリ作成)
・Visual Studio(Windows・スマホなど総合)
・Unity(ゲームエンジン)

有名なソフトを使うとサポートが充実しているというメリットがあるので、よほど自分が作りたいアプリに適さない場合以外は、上記のソフトを使ってみてください。

【アプリ作成の手順3】画像や音声のデータを用意する

作るアプリに合わせて、画像や音声のデータを用意しましょう。

特に画像は、しっかり座標を合わせて配置を行うため、開発時に必要不可欠です。

もし画像が手に入らない場合は、サイズだけを合わせた仮素材を用意しておきましょう。

音声は後から差し込めることが多いので、開発中に少しずつ集めていっても構いません。ただし先にあったほうが臨場感を得られるので、なるべく用意しておくとよいでしょう。

【アプリ作成の手順4】プログラミングを行う

仕様書と素材が用意できたら、いよいよプログラミングです。ゲームエンジンなどの手軽な開発環境を使っている場合は、仕様書に合わせて素材を配置していきます。

作るアプリや端末に合わせた言語を使用して、少しずつイメージを形にしていってください。

【アプリ作成の手順5】テストし、バグがなければ公開

プログラムが完成したら、テスト用の端末を使って実際に使ってみてください。ここでバグが発生した場合は原因を突き詰めて解消し、またテストを行うという繰り返しです。

アプリ開発においてエラーやバグは避けては通れないので、じっくりと検証を重ねて、少しずつ取り除いて行きましょう。

根気のいる作業ではありますが、この工程が終わるといよいよ完成です。

あとはApp StoreやGoogle Playなどに公開手続きを行ってください。

まとめ:簡単なアプリはツールでOKだが、複雑なものにはプログラミングが必要

まとめ:簡単なアプリはツールでOKだが、複雑なものにはプログラミングが必要

今回は、アプリの作り方や必要なもの、具体的な手順などを紹介しました。

いまはプログラミングに頼らなくても手軽にアプリが作れるサービスが充実しているので、簡単なアプリであれば誰でも作れます。

ただし複雑な仕様や、オリジナリティのあるアプリを作ろうと考えているなら、プログラミング知識は必要不可欠です。

難易度が高く、独学で進めることが難しいプログラミングだからこそ、初心者の方は学校で教わることも検討してみてください。

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校のスマホアプリ&VR制作専攻では、プログラミングの基礎から3Dモデリング、VR制作などの応用分野まで、4年間でしっかりスキルを身につけられます。

4年間で身につけられるスキルは、一生使える自分の財産です。本格的にアプリ制作を頑張りたいと考えている方は、ぜひオープンキャンパスなどに足を運んで、実際の雰囲気を確かめてみてください。

ゲーム・アプリ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

スマホアプリ、スマホゲームの制作をしてみよう!