eスポーツ

大人気の職業「ゲームクリエイター」になるにはどんな方法がある?

「趣味や特技などを仕事に活かしたい」「大好きなゲームに関わる仕事がしたい」

このような人におすすめなのが、ゲームクリエイターという仕事です。
ゲームの企画やシナリオ決め、プログラミングなど仕事内容はさまざまですが、ゲーム好きにはもってこいの職業といえます。
今回は、ゲームクリエイターの主な仕事内容や、ゲームクリエイターになるにはどんな方法があるのかなどをご紹介いたします。

ゲームクリエイターってどんな仕事?

ゲームクリエイターとは、ゲーム制作に携わる人々の総称として使われることが多い言葉です。
そのため、ひと口にゲームクリエイターといっても仕事内容はさまざまです。
プロデューサーやディレクターなどの肩書きがある人のことをゲームクリエイターと呼ぶこともあり、プランナーやシナリオライター、プログラマーなどの開発者たちのことを指すこともあります。

この他に、グラフィックデザイナーやサウンドクリエイターなどもゲームクリエイターの中に入ります。
ゲームプランナーを目指すのであれば、ゲームプランナーの中のどの役割を仕事にしたいのかということを考えることが大切です。

ゲームクリエイターになるには?

ゲームクリエイターという仕事は資格や学歴が必須になるわけではありませんが、高校を卒業し、専門学校や大学に進学して知識や技術を身に着け、ゲーム会社に就職するのが一般的です。
また、中には独学でゲーム作りのノウハウを学び、ゲームクリエイターになる人もいます。
ゲームクリエイターになるための道はたくさんあり、進学の選択肢もさまざまなのです。

ゲームクリエイターになるための進路

・高校を卒業後に独学で技術や知識をつける

高校を卒業し、独学でゲームクリエイターになるための技術や知識を身につける人もいます。

とくに、ゲームクリエイターの中でもプログラマーなどの場合、学歴よりもスキルを重視されることがあるため、独学でも就職のチャンスはあるといえます。
プログラミングのセンスやスキルなどを磨いていくことが大切です。

・専門学校へ進学をする

ゲームクリエイターとして働いている人の中には、専門学校の卒業生が多く存在します。
専門学校の強みといえば、ゲームクリエイターの仕事に就くために学べるところ。
プランニングやプログラミングなどの基本的な知識をはじめ、企画・プロジェクトやキャラクターデザインなどの専門的な勉強をすることもできます。
ゲーム開発の専門知識を持った講師たちによる講義を受けることができるので、ゲームクリエイターの即戦力になれるでしょう。

・大学へ進学をする

工学系や芸術系の大学へ進学してプログラミングやプロジェクトなどを学び、ゲームクリエイターになるという道もあります。
コンピューターの基礎知識から学ぶこともできるので、広く学びたいという方に向いているといえるでしょう。

また、プロデューサーやディレクターなど、ゲームの企画や統括をする仕事に憧れているという方は、マーケティングなどが学べる学科を選ぶという方法もあります。
技術者を目指すのであれば、情報工学やCGグラフィックなどを学んでおくことが大切です。

ゲームクリエイターになるための進路

ゲームクリエイターになるにはさまざまな道があり、目指す仕事内容によっても学ぶべき事柄が異なることもわかりました。

人気の職業といえるゲームクリエイターになるには、高校卒業後の進路選びが重要になるのです。
「ゲームクリエイターとして何をしたいのか」「ゲームクリエイターになるには何が必要か」
ということをきちんと考えて、進路選びをしていきましょう。

eスポーツ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light