eスポーツ

eスポーツに協賛する企業が増えているって本当?

eスポーツに協賛する企業が増えているって本当?

世界中でますます盛り上がりを見せるeスポーツ。日本でも公式大会の数が増加し続けていますが、この大会をサポートしてくれる「協賛企業」にも“変化”が起こっているのをご存知でしょうか? 今回は、eスポーツの大会などに協賛している企業が“どのように変化しているのか”を解説します。

eスポーツと企業の関わりが変化している?

ゲームで熱い試合を展開する「eスポーツ」では、試合を開催する際にさまざまな企業が“協賛”という形で関わっています。その多くは、ゲーム会社やPCメーカーなどの「ゲーム関連企業」でした。
しかし近年では、「日清」や「NTTドコモ」「日産自動車」「サントリー」「コカ・コーラ」などの「ゲーム以外の企業」が協賛となるケースが増えているのです。

では、なぜゲームに関係のない企業が「協賛」をおこなっているのでしょうか?
その目的は、「知名度アップ」「商品やサービス、企業に対するイメージアップ」だといわれています。

例えば「実況パワフルプロ野球2018」というゲームの試合では、三井住友銀行がスポンサーとなりました。三井住友銀行は大会のライブ配信映像に動画広告を出したほか、実況解説席や大会会場へ看板を出し、ゲーム内に登場する球場の看板にもロゴを掲出するなどして、企業の宣伝に大きな効果をもたらしたのです。
さらに、大会の表彰式に自社のキャラクターである「ミドすけ」を登場させ、話題になりました。
また、eスポーツに関する宣伝活動や資金面のサポートをおこなうだけではなく社内でeスポーツのチームを結成して活動をおこなう所もあります。

これらのさまざまな協賛活動は、自社の宣伝に大きな効果をもたらすだけではなく、商品やサービスなどを通じてeスポーツを広く知らしめることにもなります。つまりeスポーツという文化の認知度を高め、盛り上げていくという活動でもあるのです。

eスポーツは今後、どのような広がりを見せる?

日本ではeスポーツが国体の種目に選ばれるなど、年々注目度が増しています。しかし、大会規模や選手の数は、世界に比べるとまだまだ少ないもの。日本のeスポーツが発展していくには、eスポーツのファンを増やし、競技人口を拡大する必要があります。そのためには「eスポーツへ“興味”を持ってもらうこと」がカギとなるのです。

もし、企業によるeスポーツへの協賛活動がもっと活発になれば、協賛企業の商品やサービスなどを通して、より多くの人に興味を持ってもらえるはずです。さらに、ごく身近な企業が宣伝をおこなうことで、ゲームに興味関心がある層以外にも「eスポーツ」文化が浸透しやすくなります。

協賛企業の多くは自社の宣伝をおこなうとともに、eスポーツを盛り上げようとさまざまな角度からサポートしています。また、ネームバリューのある参加企業が増えることで、大会の規模やクオリティも上がっていくに違いありません。

eスポーツ選手を目指して、専門学校で学ぼう!

eスポーツに協賛する企業が増えているって本当?

eスポーツに魅了された人の中には、プロ選手を目指す人も増加しています。このような“夢”を叶えるには、eスポーツ科のある専門学校でしっかりと学ぶことが近道ですよ。

eスポーツ科では、最新のゲーム環境の中でeスポーツに必要な技術・知識・精神を学ぶことができます。
さらに、本番さながらの練習試合を繰り返し経験できたり、国際試合にも対応できるよう英会話を学んだりすることも可能です。「必要なスキルを効率よく身に付け、日本や世界で活躍できる選手になりたい!」という人は、ぜひ進学を検討してみてください。

eスポーツ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light