アニメ

アニメーターの夢を叶えるため、専門学校に通おう!

アニメーターの夢を叶えるため、専門学校に通おう!

アニメを制作する「アニメーター」になるには、特別な資格は必要ありません。その代わり、技術や知識といった「アニメ制作スキル」が必須です。このようなスキルを獲得するには、専門学校で学ぶのがおすすめですよ。そこで今回は、専門学校で学ぶのがおすすめな理由や、メリットについて解説します!

アニメーターを目指す人が、専門学校で学ぶメリットとは?

日本のアニメは世界からも注目されていますが、そのアニメ制作を支えるのが「アニメーター」と呼ばれる人たちです。アニメーターは脚本やレイアウト、原画、色彩設計、演出、音響、仕上げなど、担当セクションごとに仕事が異なっていて、それぞれが連携して1つの作品を作り上げていきます。

アニメーターになるには、アニメ制作会社に入社するのが一般的です。入社試験では画力がものをいいます。その際もただ絵が上手いだけではなく、「動きのある絵が描けるか」「骨格や構造などのデッサンが整っているか」といった専門的な部分をチェックされるのです。
これらの実力を身に付けるのは、相当な量の練習をこなす必要があります。そのため、独学で身に付けられる人は、残念ながらごくわずかです。また、アニメーターは何百枚という量の絵を描くため、絵の描画スピードも重要となります。

これらの総合的な画力を身に付けるには、専門学校の授業を受けることがもっとも効率的といえます。専門学校では知識が豊富なプロの講師が指導してくれるため、即戦力として働くための技術と知識を養うことができるのです。自分の絵に足りないものや直すべきクセ、デッサンの狂いなども講師が指導してくれるので、どんなものでも描き分けられるようになります。

さらに、近年のアニメには欠かせない「デジタル作画の技術」や「CG演出の方法」といった技術も、学校でしっかりと学ぶことができるのも大きなメリットです。

専門学校のアニメーター専攻科は2年制のところが多いですが、2年間みっちりと絵を描き続ければ、画力もぐんぐん上達します。つまり、アニメーターとして必要なスキルがしっかりと身に付くというわけです。

専門学校は就職にも有利って本当?

専門学校には「産学連携」といって、企業と手を組んで生徒の就職をサポートしてくれる制度があります。この制度は就職対策講座などの就職活動に必要な知識・マナーを学べるうえ、在学中に企業の方からアニメ業界の話を聞ける、とても貴重な体験となります。
また、インターンシップで希望職種の企業での現場体験が行える場合もあり、学生の頃からプロの現場を肌で感じることも可能です。そのインターンシップで、実力を発揮することができればそのまま採用が決まるケースもあります。専門学校で必要なスキルを身に付けつつ、こうしたシステムを利用すれば、アニメーターとして活躍できる未来も遠くありません。

専門学校でスキルを身に付け、アニメーターの夢に向かって進もう!

アニメーターの夢を叶えるため、専門学校に通おう!

専門学校のカリキュラムには、独学では得られないような技術を習得できるメソッドが詰まっています。さらに、業界とのつながりが深いという点も夢を叶えるためには有利に働きます。
技術や知識を身に付け、アニメーターとして活躍するために、専門学校で本格的に学んでみてはいかがでしょうか?

アニメ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light