体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
業界コラム
COLUMN

声優・アニメ・eスポーツ・ゲーム業界コラム

アニメ

アニメの“音”をつくる、音響エンジニアになるにはどうすればいい?

アニメの“音”をつくる、音響エンジニアになるにはどうすればいい?

アニメ制作において欠かせないものが“音”。音は、絵とともにアニメを形作る、重要な要素のひとつです。
そのため、作中で流れる音楽や効果音は、すべてこだわりぬいて用意されたものです。
そんなアニメの音を担当する“音響エンジニア”の仕事とは、いったいどのようなものでしょうか?
さらに、音響エンジニアになる方法と合わせてご紹介します。

アニメの音響エンジニアとはどんな仕事?

アニメの音響エンジニアは、アニメの中で使われる効果音や音声、BGMなどの“音”全般を扱います。
音響エンジニアは担当するポジションによって、任される仕事が異なります。代表的なポジションには次のようなものがあります。

音響監督

音響エンジニアを総指揮する「音響監督」は、アフレコや効果音のほか、BGMなどアニメーションに使われる「音」のすべてをディレクションします。
特に、アニメのキャスティングを決定したり、アフレコで演出を付けるなどの重要な作業は、音響監督が担当することが多いのです。
キャラクターの感情を最大限表現できるよう演者である声優の演出としての指導を行うことも……。
声優さん達とのコミュニケーション能力が求められます。

音響効果

音響効果と呼ばれる仕事は、アニメのさまざまな場面で音を入れていくスペシャリストです。
効果音やBGMなどをどんな場面で・どのタイミングで入れるかを任されます。
膨大な量のデータから音を選ぶため、音に関する知識が必要になります。
音の選び方でアニメの印象が変わる、とてもやりがいのある仕事です。

MAエンジニア

アフレコの際に音声と映像をマッチさせる作業を行うのがMAエンジニアです。
また、アニメの世界観に合わせた効果音を作ることもあります。
音と映像を合わせる作業はタイミングが大事ですので、音響に関する優れたスキルが必要になります。

アニメ音響エンジニアになるには、どうすればいいのか?

アニメの音響エンジニアとして働くには、アルバイトとして番組制作会社へ入社する方法もあります。
しかしいきなり音響会社に入るとなると、応募資格などの条件が設定されているケースが多いので、難しいかもしれません。
まずは大学や短大、専門学校などの「音響に関する知識」を学べる学校で、知識や技術を蓄えながら、音響エンジニアを目指してみることも良い方法です。
特に専門学校では独自のカリキュラムや機材があり、音響エンジニアになるための知識・技術について専門的に学ぶことができます。

学校によっては、実際に音響の仕事をするときに使用される、機材やツールを使って演習を行えます。
また、専門知識や技術のほか、業界の情報についても効率的に学ぶことができます。
独学では知識が付いても、機材を揃えるのが困難で、実践までいかないことが多いものです。
実際の仕事と同じようなスタジオブースや使用機材に触れて練習しておくことで、学校卒業後には即戦力となれるようなスキルが身に付きます。

音が好きでアニメが好き、を仕事に!音響エンジニアになろう

音が好きでアニメが好き、を仕事に!音響エンジニアになろう

アニメの音響エンジニアという仕事は、アニメが好きで、音に興味がある方なら誰でもなれます。
また、声優さんや他のセクションのスタッフともやり取りが発生するため、さまざまな人たちとの繋がりから、自分自身の財産になるような経験ができます。
知識と技術を身に付けながら、憧れのアニメ音響エンジニアを目指しましょう!