イラスト

イラストレーターになるためには「資格」が必要?

イラストレーターになるためには「資格」が必要?

雑誌やWEB、商品などのイラストを描く「イラストレーター」になるには、何か資格が必要なのでしょうか? 今回はイラストレーターに資格が必要なのかを解説するとともに、“あると有利になる資格”についてもご紹介します。

イラストレーターになるには、何か資格が必要?

イラストレーターになる上で必要となる資格は、特にありません。
イラストレーターになるには、イラスト制作会社に就職するか、フリーランスとして仕事を獲得する必要があります。年齢や学歴などに関わらず、誰でもイラストレーターになれる可能性があるのです。

ただし、イラストレーターとして仕事をしていくのであれば、最低限の絵に関する技術は必要となります。また、「この人でなければ」と言われるような売れっ子になるには、絵の個性や魅力も不可欠です。
また、常にセンスを磨き、時には新しい表現方法を取り入れるなどの「向上心」を持つことも大切だといえます。

イラストレーターになるのに有利な資格もある?

イラストレーターには資格も免許も不要ですが、持っていることで就職や営業面で有利になる資格は存在します。

Adobe/Illustrator(またはPhotoshop)クリエイター能力認定試験

Adobe社の画像編集ソフト「Illustrator」の技術や知識を認定する試験で、筆記と実技によって「ソフトの機能を実務へと活かせるか」を判定します。サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会という団体が主催している民間資格で、年齢や性別に関係なく受験でき、スタンダード・エキスパートの2階級に分かれています。

ちなみに、同様の試験は「Photoshop」においても開催されています。試験内容はIllustratorと異なりますが、資格の内容や受験条件はどちらも同じです。

Adobe Certified Associate(アドビ認定アソシエイト)

こちらはAdobe社によって提供されている資格試験です。IllustratorとPhotoshopのそれぞれのソフトで、利用スキルを問う試験が開催されていますので、片方だけ取る、もしくは両方取ることも可能です。
Adobe社が開催している資格のため、取得することで世界でも通用するのが大きなメリットだといわれています。

色彩検定/カラーコーディネーター検定試験

色彩検定は「色に関する理論的・系統的な知識や技能を身に付けること」を目的として、色彩検定協会が主催している資格です。色の仕組みについて学ぶことで、イラストレーターに必要な色彩理論が身に付きますよ。
また、色彩検定と同じく、色についての知識や商品向けの色の利用方法を学べるのが「カラーコーディネーター検定試験」です。3~1級まで受験でき、1級ではファッションや商品、環境デザインに関するカラーコーディネートの知識が問われるなど、高度な内容になっています。

イラストレーターを目指すには、専門学校で学ぶのがおすすめ

イラストレーターになるためには「資格」が必要?

今回ご紹介した資格があると、就職や仕事獲得の際にプラスへと働く可能性があります。ただ、何よりも「イラストが持つ魅力」や「描画スキル」などが重視されるというのは、言うまでもありません。

もし本気でイラストレーターを目指しているなら、専門学校でイラスト制作のノウハウを学ぶことを強くおすすめします。独学だとイラスト制作で悩んでしまうことも多いですが、専門学校ならば授業で基礎的な作画方法から丁寧に教えてもらえますし、先ほど紹介をした資格を取得するための基礎も学ぶことができますよ。ぜひ、専門学校への進学を検討してみてくださいね。

イラスト業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light