アニメ

2次元を3次元に! フィギュア原型師の仕事内容をご紹介!

2次元を3次元に! フィギュア原型師の仕事内容をご紹介!

アニメや漫画などのキャラクターを立体的に表現したフィギュア。

クールジャパンの影響もあり、その人気は日本のみならず、海外でも注目されています。
そんなフィギュアの原型を作成するのが、原型師です。
どんな仕事内容なのか、どうすれば原型師になれるのか、意外と知らない「原型師」という職業についてまとめてみました。

フィギュア原型師の仕事とは、どんなことをしているの?

原型師とは、造形物(フィギュアなど)の原型を作るのが仕事です。
いわば“スペシャリスト”と言ってもいいでしょう。
フィギュア、おもちゃの他にはガレージキットなどの原型を造形します。
フィギュアを制作する際には、担当者とどういったものを作成するかを打ち合わせ、キャラクターのポーズや細かなデザインなどを決めていきます。
その後、設計図を作成し、原型の制作に入っていきます。

制作方法は主に手作業による「手原型」、パソコンで作成する「パソコン造形」に分かれます。
手作業の場合は粘土やパテで制作していきますが、手先の器用さや立体的な表現をする力が必要になります。
パソコン造形の場合は、パソコンを使用して原型を作成します。
近年は手原型に加えて、CGや3Dプリンターでモデリングを行うことも増えていて、プリントの際に元となるデータ作りも原型師が行います。
また原型師は、色彩を決定するペイントマスターや、仕上げを行うフィニッシャーを兼任することも多いようです。

原型師にはどうすればなれるのか?

フィギュア原型師として働くには、フリーランスと会社員の二つの方法があります。
フリーランスの場合は外注スタッフとして依頼を受け、制作をします。

単価の高さや依頼を受ける件数によって収入が変化します。
フィギュア製作会社へ入社して会社員として働く場合は、一般的な会社員と同じく給与制になります。
どちらも造形における表現力や手先の器用さ、依頼先とのやりとりにおいてのコミュニケーション力が求められます。

また、最近ではフィギュア原型師を目指す人向けのカリキュラムを設定している専門学校もあります。
キャラクターの魅力を引き出すための魅せ方や、パソコンでの造形技術など、原型師として活躍していくためにはさまざまなスキルを磨く必要があります。
フィギュア原型師にあこがれているけれど、知識や経験が浅くて……という人は、学校に通うことで必要なスキルを身につけ、原型師として働く道が開けます。

キャラクターの魅力を引き出す、フィギュア原型師を目指そう

2次元を3次元に! フィギュア原型師の仕事内容をご紹介!

漫画やアニメなど、キャラクターの持つ魅力を引き出し、立体化するフィギュア。
その人気は衰えることを知りません。クールジャパンの影響もあり、これから国内外で需要が増えることが予想されています。
原型師として活躍するためには、日々技術を更新し、勉強し続ける姿勢が大切です。

そして何よりも大切なのは、作品に対する理解と、フィギュア制作への情熱です。
フィギュアが好き! という気持ちが強い人や、もの作りが好きな人は、原型師に向いています。
原型を作るための材料はネットやホームセンターなどで簡単に揃えることができますので、まずは手原型にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

アニメ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light