イラスト

「illustrator」と「photoshop」の違いとは?

「illustrator」と「photoshop」の違いとは?

2Dのキャラデザインなどに欠かせないソフトとして「illustrator」と「photoshop」が挙げられます。
この2つのソフトは、将来デザインの仕事に就きたいという人なら習得必須のスキルですが、それぞれの違いがよく分からないという人もいるのではないでしょうか?
今回は「illustrator」「photoshop」の必要性や、特徴と違いについてご説明します。

illustrator・photoshopがデザインの場で重宝される理由

「illustrator」と「photoshop」は、どちらもAdobe社が提供している優れた画像制作ソフトです。
「illustrator」はくっきり・はっきりした線などを使用した画像を製作する際に使用されることが多く、拡大縮小を多用する企業のロゴやタイトルを作成する際に重宝されています。

一方の「photoshop」の得意分野は、写真などの画像加工や合成を行うことです。
また、ペンツールの種類が多く、筆のようなタッチで色を塗ったりぼかしたりといった機能に優れていることから、イラスト制作時に多く利用されています。

2Dデザイナーの場合、アプリなどのUIをデザインする場合はillustratorを使用し、キャラクターデザインをする際はphotoshopを使用する……というように、用途別に使い分ける場合も多いのですが、制作内容によっては両ソフトを駆使してデザインを行う場合もあります。
2Dデザイナーを目指す人にとっては、どちらのソフトも欠かせないものなのです。

illustratorとphotoshopの違いとは? それぞれ何に向いている?

illustratorとphotoshopの大きな違いは、画像の表示方法や描画方法です。
illustratorは「ベクター画像」と呼ばれる画像を取り扱うのが得意なソフトです。
ベクター画像は拡大・縮小を繰り返しても画質が落ちず、ぼやけないというメリットがあるので、ロゴマークやアイコンなどのはっきりくっきりと表示させたいデータを製作する際に最適です。

一方、photoshopは「ビットマップ画像」という画像方式を使用しています。
ビットマップ画像は小さな無数の点のあつまりでできていて、拡大するとドットが荒く目立ってしまうため、拡大・縮小を多用するロゴなどの制作にはあまり向いていません。
しかし、画像の背景の一部分をぼかしたり、色を変更したり……といった加工には抜群の効果を発揮します。
また、筆のタッチを活かした描画や、特殊効果を加えるといった機能も充実していますので、イラスト制作には欠かせないものとなっています。

illustratorやphotoshopを習得するなら、専門学校で学ぶのがおすすめ!

eスポーツで活躍するプロゲーマーになるなら、専門学校でスキルを磨こう

illustratorやphotoshopはデザインを行うための機能が充実している反面、独学で技術を習得するのはなかなか大変です。
そのため本格的に学びたい場合は、専門学校で指導を受けることをおすすめします。専門学校ではプロの講師の指導のもと、授業や課題制作などで実際に両ソフトを操作しながら学ぶことができるため、独学よりも効率的にスキルを身に付けることができます。

また、講師や同級生などの自分以外の作品に触れる機会も生まれるので、表現力や観察力などの”デザインの引き出し”も増えますよ。
2Dデザイナーを目指したいと考える方は、ぜひ進学を検討してみてください。

イラスト業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light