アニメ

プロはどうやって発想しているの? キャラクターデザインのコツ

プロはどうやって発想しているの? キャラクターデザインのコツ

キャラクターデザイナーは、ゼロの状態から魅力的なキャラクターを生み出し、デザインするのが主な仕事。
漫画やアニメ・ゲームなどの制作に欠かせない存在のキャラクターデザイナーは、どのようにして数々のキャラクターを生み出しているのでしょうか?
今回の記事では、ゼロの状態から魅力的なキャラクターデザインを発想するコツをご紹介します。

個性的なキャラクターを生み出すには「テーマ」「色」「シルエット」が重要!

キャラクターデザインは「スポーツをしている男子高校生」「売れっ子アイドル」といったように、大まかなテーマを決めるところから始まります。
そのあと、名前や性別、身長、体重などのプロフィールをざっくりと決めていきます。こうすることで、キャラクターの体格や服装などが徐々に固まっていくのです。

キャラクターデザインのプロは、ここからさらに「色」「シルエット」に個性を持たせるよう意識しながら、デザインを決めていきます。
色やシルエットが個性的なキャラクターは、パッと見ただけで識別できるようになり、記憶に残りやすくなります。

特にキャラクターを一度に複数デザインする場合は、色やシルエットが被らないように調整しながらデザインを決めるのが鉄則です。
髪型や服装、持ち物などで変化をつけるよう意識してみてください。

キャラクターの性格によりデザインを変えてみる

人間味のあるキャラクターは見る人を惹きつけ、強く印象に残るものです。
そのため、キャラクターの性格を設定するとデザインにも反映しやすくなります。
強気な人とおっとりした人では、仕草や表情、立ち方などが違いますよね。
これはキャラクターに関しても同じで、制服を着た学生のキャラクターでも、“きちんとボタンを閉めるキャラクター”や“ボタンを開けて着崩すキャラクター”など、性格の違いを出すことで、いろいろなタイプのキャラクターを生み出すことができます。

また、「猫が好き」「たい焼きが好き」などの“キャラクターの好きなもの”を決めておいて、着ている服や持ち物などにモチーフとして登場させ、アピールするのもおすすめです。
個性が際立つデザインに仕上げることができるほか、見た人が親しみやすさを覚え、興味を持ってもらいやすくなります。

記憶に残るキャラクターデザインにはプラスアルファの「意外性」を!

例えば、ファンタジー系の作品に出すための「小柄でかわいい魔法使いの女の子」のキャラクターをデザインすると決めたとき、普通なら魔法の杖や本などを持たせることが多いですよね。
けれど、もし「大きな剣」や「重そうな斧」などを持っていたらどんな印象を受けるでしょうか?
きっと意外な印象を受けるはずです。

このようにキャラクターデザインに“意外性”をプラスすることで、インパクトを与えてグッと惹きつけることができます。
ただし、いろいろな要素を詰め込みすぎるとどんなキャラクターなのか伝わりにくくなってしまいます。
意外性を持たせるのは、あくまで数か所に留めておくのがコツだと覚えておいてください。

自分なりのキャラクターデザインのコツを掴もう

自分なりのキャラクターデザインのコツを掴もう

このようなキャラクターデザインのコツをもっと学ぶためには、専門学校への進学をおすすめします。
キャラクターデザインの技術や知識を磨けることはもちろん、イラストの描き方の基礎を一からしっかりと学ぶことができるので、その道のプロとして活躍するための力が養えるのです。

また、イラストやデザインだけでなく、魅力的なキャラクターを作るためのアイディアの出し方、設定の方法なども指導してもらえます。
専門学校で技術や知識を身につければ、就職後は憧れの業界で即戦力として活躍できますよ。
キャラクターデザインの第一線で活躍するためにも、ぜひ専門学校への進学をご検討ください。

アニメ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light