eスポーツ

ゲームプロデューサーの仕事内容&必須スキル

ゲームプロデューサーの仕事内容&必須スキル

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作の要となる職業です。1つのゲーム作品に関わる人々を統括するリーダーのような役割を果たします。
ゲームの企画からリリースまでのすべての工程に関わるため、大きなやりがいを感じたり、自身のスキルアップにつながったりという魅力があります。
そんな憧れの職業、ゲームプロデューサーの仕事内容をもっと詳しく掘り下げ、必須スキルなどについても見ていきましょう。

ゲームプロデューサーの詳しい仕事内容とは?

ゲームプロデューサーは、ゲームを制作するときの総括的な立場です。
ゲーム制作の総責任者といえ、プロジェクトがスムーズに動くように調整役を務めます。
ゲーム制作の企画や提案、制作スタッフ選定やチーム構成作り、制作スケジュールや予算調整、販促アイディアの考案など、仕事内容を詳しく掘り下げると細々していることがわかります。

プロデューサーという名前柄、地位が高く雲の上の存在というイメージを持つ方もいると思いますが、実際に現場に出たりスタッフと交流したりすることが多いのです。

ゲームプロデューサーに必要なスキルとは?

先述している通り、ゲームプロデューサーはゲーム制作に関わるすべてのスタッフを統括する職業です。
ゲームプロデューサーの指示によって制作スタッフたちが動いていくので、プロデュース能力に加えてマネジメント能力やリーダーシップ能力などが求められます。

また、多くのスタッフと関わる職業であることから、ゲーム制作に関わるさまざまな職業の作業内容、役割などをすべて理解しなければなりません。
スタッフの能力を高めて引き出しながらマネジメントを行い、制作スケジュールや予算はしっかりと抑える、このような器用さが必須です。

ゲームプロデューサーになるための道のりとは?

ゲームプロデューサーになるためにはゲームメーカーやゲーム制作会社に就職をしたうえ、下積みを経てキャリアを少しずつ積んでいくのが一般的です。
ゲームプロデューサーはゲーム制作のすべての過程に精通している必要があるため、プロデュース能力はもちろん、開発のゲームプログラマーやグラフィックデザイナーなどの仕事もこなせることが必要といえます。
そのためには、専門学校への進学をおすすめします。

専門学校ではゲーム制作における専門的な知識や技術を広く学ぶことができます。
実際のプロを講師に招いた授業などもあるため、憧れのゲーム制作の現場を生で味わうことも可能です。
専門学校では就職後、即戦力として働ける人材を育てています。
ゲームプロデューサーには特別必要な資格はありませんが、専門学校で培った知識や技術、経験は必ず就職後に活きていきます。

自分なりのキャラクターデザインのコツを掴もう

ゲームプロデューサーになるためには、ゲーム制作業界でステップアップをしていくことが必要です。
先述している通り、専門学校で知識や技術を培い、即戦力となるような力をつけることで、いち早くステップアップができます。
少しでも早くゲームプロデューサーの地位につけるよう、学生のうちから意識を高く持っておくことが大切です。

eスポーツ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light