コラム

「Web漫画家」としてデビューする方法&成功するポイントとは?

「Web漫画家」としてデビューする方法&成功するポイントとは?

「漫画家になる方法」と聞くと、紙とペンで漫画を仕上げて漫画雑誌の賞に応募したり、編集部に作品を持ち込みに行ったり……という方法を思い浮かべる人も多いですよね。
しかし最近では、Web上で漫画家デビューを果たす人も少なくありません。
今回の記事では、Web漫画家としてデビューするための方法をはじめ、成功の秘訣をご紹介します。

そもそもWeb漫画とはどんなもの?

通常の漫画は雑誌や単行本などの紙媒体に印刷されて流通していますが、Web漫画はインターネット上で掲載されるものです。
今や、紙媒体をしのぐ勢いで人気が出ているWeb漫画ですが、ここまで注目されているのは、ネット環境が発達してスマホが普及したことにより、幅広い世代の人が漫画サイトやアプリで手軽に漫画が読めるようになったからだと考えられています。

また、サイトやアプリによっては無料で楽しめる作品があることや、スマホが漫画雑誌や単行本よりもかさばりにくく、片手で読めるというのも人気の理由です。

Web漫画家としてデビューするための方法とは?

Web漫画家としてデビューするには、投稿サイトを利用する方法が一般的です。
投稿作品はデジタルで作成するケースがほとんどですが、紙とペンで作成したアナログ原稿の場合でもスキャンしてPCに取り込み、データ化すればOKです。
漫画作品のデータが完成したら、漫画投稿サイトを経て投稿し、編集部に審査をしてもらいます。
一定の水準をクリアしていて見込みがありそうだと思ってもらえれば、編集部からスカウトが来ることもあります。

サイトによってはそのまま連載のチャンスが巡ってくるかもしれませんので、Web漫画家を目指すなら積極的に投稿を続けることが大切です。

また最近では、TwitterやpixivなどのSNSにアップロードした自作の漫画が注目を集め、話題になることも珍しくありません。
そこから多くの人に閲覧してもらったり、拡散されたりすることで漫画編集者の目に留まり、漫画家デビューするケースも多くみられます。
デビュー後も人気が継続されれば単行本が発売されることもありますので、SNSに漫画を投稿するときは、多くの人に見てもらえる内容かどうかを意識して作品を作ってみてください。

活躍できるWeb漫画家になるためのポイントとは

Web漫画サイトに投稿する場合、サイト利用者のメインとなる年齢層やニーズを意識した内容や絵柄を意識することで、作品が評価されやすくなります。
まずは投稿先のメインターゲットや掲載作品の傾向を調査して、どこに投稿するかをよく吟味することが大切です。
そのほうが結果につながりやすいですし、連載などでデビューした際に自分の強みを活かした作品が作りやすくなります。

また、デビューの足掛かりとしてSNSで作品を発表するなら、メインである利用者層が10代~20代であることから「読者に強い共感を与える作品」が反響を呼びやすいといわれています。
そのため「恋愛もの」や「学園もの」などのジャンルが人気を呼びやすく拡散されやすいので、作品作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

可能性は無限大! 人気Web漫画家になろう!

可能性は無限大! 人気Web漫画家になろう!

独学で漫画の描き方を勉強している人も多いと思います。
しかし本気でWeb漫画家を目指すなら、専門学校で漫画制作のノウハウを学ぶことをおすすめします。
専門学校では、ストーリー作りや作画の方法、魅力的なキャラクター作りのコツなどの漫画制作に必要な技術と知識を磨くことができます。

また、漫画業界で活躍するプロから指導を受けられるのも大きなメリットです。
自分の漫画作品の良い点や悪い点を客観的に評価・添削してもらうことで、作品のクオリティがどんどん上がっていけば、憧れのWeb漫画家デビューも夢ではありません。
独学では学べない技術や知識をしっかりと身に付けておけば、デビュー後も活躍することができます。
Web漫画家としてどうしても成功したい……という人は、ぜひ専門学校へ通うことを検討してみてください。

コラム業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light