アニメ

コスプレイヤーの仕事って? 誰でもなれる可能性はある?

コスプレイヤーの仕事って? 誰でもなれる可能性はある?

アニメや漫画、ゲームなどの作品に登場するキャラクターのコスプレをする人を「コスプレイヤー」と呼びます。
近年ではコスプレを仕事にしている人も少しずつ増加していますが、その仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?
今回の記事では、コスプレイヤーの仕事内容や、向いている人などについて解説します。

コスプレイヤーの仕事内容とは?

・活動内容
コスプレイヤーはアニメや漫画、ゲームなどのキャラクターになりきり、イベントや撮影会、アイドル活動などをおこないます。最近では動画配信サイトの生放送・生配信などに出演することも多く、日本のサブカルチャーを支えるうえで無くてはならない存在です。コスプレには、アニメやゲームなどの作品ありきのコスプレもあれば、オリジナルキャラクターのコスプレをおこなう場合もあります。
コスプレイヤーの中にはプロとして活動している人もおり、主な仕事内容はアニメやゲーム・書店などのイベントで、企業のプロモーション活動に貢献することです。
その他にもコスチュームやウイッグなどのオリジナルブランドを作成する人も現れるなど、活躍の場が広がっています。

・どのように収入を得ているのか
コスプレイヤーの収入源は、写真撮影会の会費や写真集・DVDの物販などです。
アイドルとして事務所に所属している場合は、事務所からの給料なども収入源となっています。
また、「メイドカフェ」「男装・女装カフェ」などのコスプレカフェ店員として雇用されている場合や、企業のプロモーション活動に起用された場合などは、給与や報酬といった形で収入を得ています。

コスプレイヤーのやりがい&向いている人とは?

コスプレの醍醐味は、何といっても「キャラクターになりきること」です。
キャラクターの仕草や立ち居振る舞いなどを研究して表現することで、作品のキャラクターがそのまま現実に出てきたかのようなリアリティを出すことができます。
また、イベントや撮影会などで写真を撮ってもらう楽しさや、コスプレを見てくれた人からの反応が良かったときのうれしさは、何物にも代えがたいものです。

コスプレイヤーは人に見てもらうことが仕事です。そのため「人前に出る度胸がある」「多くの人とコミュニケーションをとるのが好き」という人に向いています。
また、コスプレのコスチュームや小物は自作する場合が多いので、「手先が器用な人」「こだわりを持って製作に臨める、根気のある人」はコスプレイヤーに向いているといえます。
さらに、キャラクターのイメージをより魅力的に表現するため、体型を維持するストイックさも、コスプレイヤーとして活躍するために必要です。

専門学校で知識を学んで、プロのコスプレイヤーを目指そう!

eスポーツに興味を持ったら、専門学校で学ぼう!

コスプレイヤーとして活躍するには、アニメやゲームなどのサブカルチャーに関する幅広い知識が必要です。
また、コスプレに関するビジネスの知識を身に付けておけば、プロのコスプレイヤーとして仕事をする際にも役立ちます。
これらの知識を身に付けるなら、個人で活動するより専門学校で学ぶことをおすすめします。
専門学校では、アニメイベントなど「コスプレに関するビジネス」のノウハウを身に付けられるほか、部活動でコスプレ好きな仲間とともにネット配信などの経験を積むこともできますよ。
日本のアニメや漫画、ゲームは世界でも注目され、今後ますます人気が出ると予想されます。
専門学校でコスプレやエンターテイメント業界について学び、“日本や世界で愛される”コスプレイヤーを目指してみませんか?

アニメ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light