アニメ

アニメの質をアップさせるキーマン「作画監督」の仕事内容とは?

アニメの質をアップさせるキーマン「作画監督」の仕事内容とは?

1つのアニメ作品を作り上げる過程には、さまざまな職種の人が関わるもの。
その中でも、作画監督というのはアニメ全体のクオリティを支える重要なポジションといえます。今回は、作画監督の仕事内容について探っていきましょう。

アニメ制作の現場において、作画監督ってどんなポジションなの?

例えば、30分のテレビアニメを作り上げるまでには、原画が300枚前後、動画が4000枚前後も必要といわれています。これだけ多くの原画や動画を作成するためには、たくさんの人手が必要になるため、複数人の原画マンや動画マンが協力して絵を描き下ろしています。
しかし、絵柄には描く人のクセや個性が出やすいもの。たくさんの人が関わればその分、絵柄にはどうしてもバラツキが出てしまいます。これをそのままアニメにしてしまうと作画に統一感がなくなってしまい、映像が成り立ちません。
そこで活躍するのが作画監督です。作画監督は、アニメ映像の作画を統一して、アニメのクオリティをアップさせるという重要なポジションなのです。

作画監督の仕事の主な流れとは?

アニメ制作の過程では、まず原画マンがアニメのレイアウトを作ります。
作画監督はこのレイアウトをチェックし、修正を入れていきます。修正は原画の上に別の紙を置き、元の原画を写しながら修正点を描き変えていく手法で行うのが一般的です。
背景やキャラクターを簡単に直すだけでなく、時には全て修正して描き直すこともあります。
修正を終えたレイアウトは原画マンによって描き直されるので、これをまた作画監督がチェックしていきます。チェックや修正が終わった原画は動画マンの元に送られ、動画マンが動きのあるアニメーションにしていきます。
作画監督は動画マンが作った動画をさらにチェックし、動きが適切か、抜けがないか、絵の質が統一されているかといった点をチェックしてアニメを仕上げていきます。

作画監督になるための道のりは?

海原画マンの仕事内容4. 原画をどんどん描く能力が求められる

新人アニメーターのほとんどは、まず動画マンとして活躍することがほとんどです。
クオリティの高い絵を速くたくさん描けるようになったら、原画マンの仕事も任せてもらえるようになります。アニメーターの仕事は、実力や努力次第でどんどんステップアップできるやりがいのある仕事といえます。
アニメーターのリーダー的ポジションである作画監督になるためには、アニメの原画や動画を描く経験を多く積むことが大切です。
実力が認められれば、早い段階であっても作画監督としての重要な仕事を任せてもらえるようになります。

作画監督の主な仕事は、全ての原画をチェックして絵柄の雰囲気を統一していくこと。
作画監督は、アニメの作画を総チェックしてアニメ全体のクオリティをアップさせる重要な仕事といえます。
世界から注目されている日本のアニメ業界で、やりがいや責任のある仕事をしたいという方は、作画監督を目指してみてはいかがでしょうか。

アニメ業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light