体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
業界コラム
COLUMN
ゲーム・アプリ・VR

Webプログラマーとは?仕事内容や必要な3つのスキル・資格などを紹介

Webプログラマーとは?仕事内容や必要な3つのスキル・資格などを紹介

「Webプログラマーの具体的な仕事内容って何?」「どうすればWebプログラマーになれるのか」と疑問に感じていませんか?

Webプログラマーは需要がある仕事なので、就職を考えるうえでも情報を知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、Webプログラマーについて、以下の内容を解説します!

・仕事内容
・必要な能力
・有利な資格
・なるための具体的な方法

これからWebプログラマーを目指したいと考えている方は、ぜひ記事を参考にしてみてください。

ゲーム・アプリ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

スマホアプリ、スマホゲームの制作をしてみよう!

Webプログラマーの仕事内容

Webプログラマーの仕事内容は、WebサイトやWebアプリを構築するのに必要なプログラムを作ることです。

システムエンジニアが設計した仕様書に沿って、HTMLやJavaScriptなどのプログラミング言語を使い開発を進めていきます。Webプログラマーは1人で業務を進めるのではなく、チームで仕事を進めることがほとんどです。

また、Webプログラマーの仕事はプログラムを作ったら終わりではありません。仕様通りに動作するか、エラーが無いかを繰り返しテストし、バグがあれば修正をします。

そしてWebサイトやアプリをリリースした後の保守運用を、Webプログラマーが請け負うこともあります。

このように開発から運用まで、プログラミングを使ってクライアントの要望を満たすのが、Webプログラマーの仕事だといえます。

Webプログラマーに必要な3つの能力

こちらでは、Webプログラマーに必要な3つの能力を解説します。

1. プログラミング能力
2. 論理的思考能力
3. コミュニケーション能力

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1. プログラミング能力

Webプログラマーに必要な能力1つめは、プログラミング能力です。クライアントの要望に応え、ユーザーが使いやすいWebサイトやWebアプリを構築するには、プログラミングに関する高いレベルでの知識と技術が求められます。

ブラウザの見た目のデザインをするためのHTMLやCSS、ブラウザの動きをコントロールするJavaScript、サーバーでWebサイトの動きをコントロールするPHPやJavaなどの様々なプログラミング言語を使いこなせないといけません。

バグの修正やリリース後の保守運用に対応するためにも、Webプログラマーにプログラミング能力は必要不可欠です。

2. 論理的思考能力

Webプログラマーに必要な能力2つめは、論理的思考能力です。プログラミングとは、結果を得るためにどういう処理をするのかをパソコン上で細かく指示をしていくものです。

より効率的なプログラミングをするためには、ゴールから逆算して手順を考え、正確に指示ができないと上手くいきません。

例えば、料理がうまい人は完成形を考えてから、材料の購入や仕込みの時間などの手順を逆算し、並行してできることを考えて論理的に作業をしています。

料理と同じく、効率的なプログラミングをするために、Webプログラマーには論理的思考能力が必要です。

3. コミュニケーション能力

Webプログラマーに必要な能力3つめは、コミュニケーション能力です。基本的に、Webプログラマーの仕事は1人ではなくチームで進めます。そのため、円滑に仕事を進めるには綿密にコミュニケーションを取ることが大切です。相手の要求する内容をきちんと理解する必要がありますし、こちらの考えも正確に伝えないといけません。

また、バグや問題などが発生したときに、すぐにコミュニケーションをとることで事態が悪化するのを防ぐことにもつながります。

クライアントや上司、チームメンバーと滞りなく仕事をするために、Webプログラマーにコミュニケーション能力は欠かせません。

ゲーム・アプリ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎!】興味のあるジャンルの授業を受けてみよう!

オープンキャンパスで体験授業に参加しよう!

【初心者大歓迎!】興味のあるジャンルの授業を受けてみよう!

オープンキャンパスで体験授業に参加しよう!

声優・アニメ・e-sports・ゲーム業界のプロ先生が教えてくれる!

Webプログラマーに有利な資格4選

Webプログラマーに必須の資格はありません。しかし、資格を取得すると就職に有利です。こちらでは、Webプログラマーに有利な資格4選を紹介します。

1. 情報処理技術者試験
2. Oracle Certified Java Programmer
3. PHP技術者認定試験
4. Ruby技術者認定試験

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1. 情報処理技術者試験

基本情報技術者試験とは、情報技術全般の基礎的な技術・知識を問うための国家試験です。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が「情報処理の促進に関する法律」に基づいて行っています。

情報技術に関する基礎的な知識や内容、そしてプログラミング言語を使って設計・作成ができるか、また作成したプログラムの単体テストが実施できるかなど、知識や技術が一定以上の水準であるかを総合的に評価します。

2. Oracle Certified Java Programmer

Oracle Certified Java Programmerは、Javaを開発したOracle社が主催する認定資格です。
Javaによるオブジェクト指向プログラミングの技法や、Javaアプリケーションの作成方法に習熟していることを証明します。

2012年春から改訂され、ゴールド・シルバー・ブロンズの3段階に分かれています。ブロンズとシルバーは誰でも受験可能ですが、ゴールドはシルバーの資格取得が受験の条件です。受験者は知識レベルにあった試験の学習を進めることで、スキルアップを図ることができます。

3. PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、データベースを活用するサービスを作る場合に必要なプログラミング言語であるPHPの基本的な知識をはかるための試験です。受験者のスキルレベルに応じて初級・準上級・上級の3段階に分かれています。

「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的としており、PHP技術者認定機構が行っています。

4.Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験とは、Rubyベースでシステムを開発する技術と知識を証明する認定試験制度です。プログラミング言語のRubyは、Webアプリ開発やスマホアプリ開発で活用します。

Rubyアソシエーションが運営団体であり、試験はゴールドとシルバーの2段階です。認定者はRuby技術者としての技術力を公正に評価され、高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されます。

Webプログラマーになる方法3つ

こちらでは、Webプログラマーになる方法3つを紹介します。

1. 独学で学ぶ
2. プログラミングスクールや講座で学ぶ
3. 専門学校や大学で学ぶ

Webプログラマーになるための進路が知りたい方は、こちらを参考にしてください。

1. 独学で学ぶ

Webプログラマーは独学で目指すことが可能です。プログラミングに関する学習サイトや書籍は豊富なので、費用を抑えながら自分に合った学習方法が選べます。また、空き時間や移動時間など自分のペースで学習できるのも独学のメリットです。

ただし、プログラミングの独学は挫折する人が多いと言われています。モチベーションの維持が難しいことや、質問する相手がおらずエラーが解消できないことなどが理由です。

独学でWebプログラマーを目指す場合は、質問や相談ができるメンターを見つけるといいでしょう。

2. プログラミングスクールや講座で学ぶ

プログラミングスクールや講座で学ぶことも、Webプログラマーになる方法の1つです。
近年ではオンラインでの授業や講座が充実しており、通学する手間がありません。独学と比べて費用はかかりますが、プロの講師から教わることで効率的にスキルが身につくでしょう。

しかし、プログラミングスクールや講座中には授業の質が低かったり、表示されているよりも高額な費用を請求されたりなど、残念な話も少なくありません。無料体験や無料相談を利用し、自分に合ったプログラミングスクールや講座を選ぶことが重要です。

3. 専門学校や大学で学ぶ

Webプログラマーになるには、専門学校や大学で学ぶことが一般的です。Webプログラマーは学歴や資格が必要のない、実力が重視される職業だと言えます。しかし、応募要項に専門学校卒業以上の学歴を記載している企業も多いのが現状です。

学校に通う場合は学費や卒業までの時間がかかりますが、プログラミングに必要な知識や技術を基礎からしっかりと学べます。また、教授やOBなど人脈が広がることで、将来に役立つ知識を得られるチャンスが増えるのもメリットでしょう。

Webプログラマーを目指すなら専門学校がおすすめ!3つの理由とは

こちらでは、Webプログラマーを目指すなら専門学校がおすすめの理由を3つ紹介します。

1. 資格が習得できる
2. 同じ目標を持った仲間ができる
3. 就職サポートが充実している

1つずつ詳しく確認していきましょう。

1. 資格が習得できる

資格が習得できることが、専門学校の魅力の1つです。繰り返しにはなりますが、Webプログラマーに資格は必須ではありません。しかし、資格によってスキルを証明できることで条件が良い企業に就職できる可能性が高くなります。

特に実務経験が少ない若い世代では、資格によって他のWebプログラマー志望者と差別化ができるでしょう。学んだスキルを証明できる資格が習得できるので、専門学校がおすすめです。

2. 同じ目標を持った仲間ができる

同じ目標を持った仲間ができるのも、専門学校のメリットです。プログラミング学習で挫折する理由として、モチベーションの維持や難しさが挙げられます。

専門学校であれば仲間と切磋琢磨できるので、挫折する可能性は低くなるでしょう。また、卒業後も友人同士で現場の情報交換ができたり相談できたりと、助けられる機会が多いはずです。

同じ目標を持った仲間ができることが、Webプログラマーを目指すにあたって専門学校がおすすめの理由だと言えます。

3. 就職サポートが充実している

就職サポートが充実していることも、専門学校がおすすめの理由です。独学では実際のプログラマーの現場の声などが聞けず、就職対策に苦労することもあるでしょう。

専門学校ではキャリアセンターや履歴書の添削・就職対策授業があり、学校によっては企業プロジェクトにも参加できます。実際に東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、生徒がディー・エヌ・エーの企画開発に参加しました。

ひとりひとりの就職をバックアップする体制が整っているので、Webプログラマーを目指すなら専門学校がおすすめです。

まとめ:Webプログラマーを目指すなら基礎からしっかり学ぼう

まとめ:Webプログラマーを目指すなら基礎からしっかり学ぼう

今回は、Webプログラマーになりたい人に向けて、仕事内容や必要な能力を紹介しました。Webプログラマーは、自分の構築したシステムが人々の生活に貢献するやりがいのある仕事です。

特別な資格や学歴は必要ありませんが、プログラミングの知識と技術を高いレベルで求められます。Webプログラマーを目指すなら、整った環境で基礎からしっかり学ぶのが最適です。

東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校では、「好き」を仕事にするためにひとりひとりをバックアップします。資格習得のカリキュラムも用意しているので、ぜひ入学を検討してみてください。

ゲーム・アプリ業界に興味のある方へ

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

【初心者大歓迎!】ゲーム・アプリ業界の仕事がわかる体験入学開催中!!

初めてのスマホアプリ制作体験!

スマホアプリ、スマホゲームの制作をしてみよう!