声優

声優になるために……高校生のうちにやっておきたいこと4つ

憧れの声優になるために! 高校生のうちにやってきたいこと4つ

何事も早め早めの準備が大切だといわれていますが、声優になるための努力を若いうちから着実に進めていけば、将来のチャンスも広がるもの。
声優としての成功を手に入れるためには、早いうちから準備を初めて周囲に差をつけることが大切です。
そこで今回は、声優を目指す高校生が今のうちにやっておきたいことを4つご紹介します。

憧れの声優になるために! 高校生のうちにやってきたいこと4つ

1. ボイストレーニングをしておく

普段から聞き取りにくいスピードで話していたり、滑舌が悪くなっていたりする人は意外と多いですが、このような癖は声優にとってNGです。
声優を目指そうと思うなら、普段のしゃべり方を客観的に見つめ直し、聞き取りやすい話し方を心がけましょう。
早口言葉を練習したり、濁音をキレイに発音できるよう発声練習をしたりしておくと効果的です。
歯茎をなぞるように舌を口の中で大きく回すトレーニングをして口腔を鍛えておくのもおすすめですよ。

2. 腹式呼吸のトレーニングをする

声を出すときには、喉ではなくお腹から出すよう意識してみましょう。
腹筋を鍛え、下腹部に手を当てながら肩を動かさず発声する練習を積んでおけば、大きな声が出しやすくなります。
普段から腹式呼吸ができるようにトレーニングを積み重ねましょう。
また、声優は長いセリフを息継ぎ無しでしゃべることもあるので、肺活量を鍛えておくことも大切です。
息を思いっきり吸い込んで10秒止め、ゆっくりと吐き出すトレーニングを毎日続け、肺活量をアップさせましょう。

3. アルバイトをしてお金を貯めておく

学校によってはアルバイトが禁止されているケースもありますが、アルバイトが可能な場合は積極的に働いて夢のための資金集めをしておきましょう。
夢を叶えるためには、ある程度の資金が必要になってくるもの。

もちろん学生は学業が優先ですが、空いた時間にアルバイトをしてできるだけお金を貯めておくと安心です。
また、学生時代のアルバイトはお金を得るだけでなく、社会ルールや働く大変さを学ぶ場所としても活かすことができます。
アルバイトを通じて、声優の演技に活かせる経験が積めるかもしれません。

声を活かせる職業といえば、接客業やコールセンター、遊園地のスタッフが挙がります。自分に向いているアルバイトを探してみましょう。

4. 卒業後の進路をしっかり決めておく

4. 卒業後の進路をしっかり決めておく

大人になってから声優を目指すというライバルに比べて、高校生のうちから声優を目指している人はやはり有利といえます。
若いうちからプロの技術をどんどん磨くためにも、高校卒業後の進路は早めに決めておきましょう。

高校在学中に声優の専門学校へ見学に行き、専門学校の様子を生で感じてみるのもおすすめです。
自分に合った進路をしっかり見定めておくことが、夢を叶えるための近道になるはずです。

10代の高校生の皆さんは、将来の可能性に満ちあふれています。
声優を目指している人は多いですから、早くから準備を始めないとライバルに差をつけられてしまうことも……。
夢を叶えるためにも、早いうちからどんどん準備を進めていきましょう。

声優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light