声優

声優の卵がデビューをするまでの道のりとは?

声優の卵がデビューをするまでの道のりとは?

声優を目指している人は多いですが、デビューを果たすためには越えなければならない壁がいくつかあります。声優の卵がプロとして成功していくためには、どのような流れで成功を掴み取る必要があるのでしょうか。
声優デビューのために覚えておきたい「成功までの道筋」を紹介していきます。

声優デビューをするための2つの道

声優デビューをするためには、主に専門学校に通うか、養成所に通うかという2つの道があります。
それぞれの特徴と違いをご紹介します。

専門学校に通う

専門学校に通うことで、声優になるための知識やスキル、情報などをゆっくりと時間をかけて学ぶことができます。
また、校内にはアフレコ用のスタジオもあるため、実際の声優の仕事をより近くに感じながら学んでいけます。
プロも使用しているような本格的な設備を使用して学ぶことで、実践の場に出たときにもスムーズに対応ができえるのです。オーディション対策も充実しているので、よりプロへの道が近いといえます。

養成所に通う

「養成所」とは、プロダクション会社に付属する声優を目指す人が集まっている場所です。
こちらでもレッスンなどが行われていますが、専門学校よりもレッスン時間や日数は少ないことが多いです。

レッスン費や入所費などは決して安い料金ではありません。通う人が多くいるため、その中で個性や実力を発揮しなければなりません。
声優に未経験の場合は、まずは専門学校に入学することからスタートするのがおすすめですが、特定のプロダクションにこだわりがあるのであれば学校に通いながら養成所に入所するという方法もあります。

卒業後のオーディション参加で声優への道が本格化!

専門学校などで声優の基礎を学び技術を磨いたあとは、事務所に入るための「所属オーディション」というものを受けるのが一般的です。これから声優デビューする方にとって「所属オーディション」は最初の関門といえます。
このときに求められる力は、「声質」「声優としての基礎的なスキル」「人間性」など多岐にわたります。そして、マネジメントを担当している人は「この人は将来仕事を取ってこられる人材になり得るか」「プロダクションに必要な人材か」などをチェックしています。
人柄や個性なども重視されるため、ただ単にスキルがあるというだけではNG。大切なのは、総合的に事務所に必要な人材であることをアピールすることです。

事務所所属後からデビューまでの道のり

事務所に所属できたら、今度は仕事を見つけられる人材として成長する必要があります。
小さな仕事の場合オーディションなどはありませんが、今後の成長につなげるためにはオーディションに参加する必要があります。
参加するオーディションや仕事内容は事務所との相談が必要な場合が多いです。
いつ本番が来てもいいように常に準備をしておくことが大切です。
事務所に所属したからといって発声練習や演技練習などを怠らず、さらに声優としての磨きをかけていくことがプロとして重要になります。

事務所所属後からデビューまでの道のり

声優デビューや事務所に所属することがゴールではなく、ここではまだスタートラインに立っている状態です。

プロの声優として人気を獲得するためには、継続的に仕事を取ることができ、自分に仕事が舞い込んでくるような状態を目指さなければなりません。
そのためには、スタートラインに立ったときに力が発揮できるよう、声優の卵時代の経験や勉強はとても重要になります。
将来の夢を叶えるためにも、じっくりと進路について考えて限られた学生時代の時間を大切にしてくださいね。

声優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light