コラム

一般小説とは違う? ライトノベルの定義や、作家になる方法とは

一般小説とは違う? ライトノベルの定義や、作家になる方法とは

ライトノベルは「ラノベ」とも呼ばれ、アニメや漫画などの世界観を活字でも気軽に楽しむことができるため、若い世代を中心に人気があります。

また、ライトノベルが好きでライトノベル作家を目指す人も多いといわれています。
今回はライトノベルと一般小説との違いや、ライトノベル作家になるにはどのような方法があるのかをご紹介します。

ライトノベルと一般的な小説の違いとは?

小説の分類の1つとして広く知られている「ライトノベル」とは、いったいどんなものなのでしょうか。
ライトノベルとは英語の「light(ライト)」と「novel(ノベル)」を組み合わせた和製英語で、一般小説との違いは

・ゲームやアニメ、漫画とのメディアミックス作品として刊行されるものが多い
・比較的若者向けの作品が多く、コミカルな展開や読みやすさから気軽に楽しめる
・ファンタジー系・恋愛系の作品が多いこと

などの点が挙げられますが、ライトノベルそのものに明確な基準・定義があるわけではありません。
出版元や作者がライトノベルと定義することで、ライトノベルとして分類されるケースが多いとされています。
最近のアニメ作品にはライトノベルを原作としたものが多く制作されていて、中には高視聴率を記録したり、劇場作品として公開され大ヒットしている作品もあったりします。

ライトノベル作家になるには、どうすればいい?

ライトノベルが好きな人の中には、ライトノベル作家を目指す人も多いといわれています。
プロの作家としてデビューするにはどうすればよいのでしょうか? 最もオーソドックスな方法としては、各出版社で公募されている新人賞に応募して、デビューする方法があります。
小説を全く書いたことがないとなると、作品を完成させるだけでもなかなか大変なものですが、まずは「書きたいテーマ」を考えることが作品作りの第一歩です。

文章力は作品を書くことで少しずつ上達していきますので、最初は思いのままに書いてみてください。
作品作りに行き詰まったら他人に読んでもらってアドバイスをもらったり、小説や映画を見たりしながらアイデアの引き出しを増やすことが、面白い作品を生み出すコツです。
ライトノベルの新人賞の応募総数は数百~数千ともいわれています。
狭き門のため決して楽な道ではありませんが、経験を積むことで実力がつき、デビューへ近付きます。
どんどん作品を書いて投稿してみてくださいね。

実力をつけてデビュー! ライトノベル作家を目指そう!

実力をつけてデビュー! ライトノベル作家を目指そう!

ライトノベル作家としてデビューしたあとも、読んだ人の心に残る作品を生み出し、人気作家として活躍できるようになるには、完成度の高い作品を生み出せる力をつけることが大切です。
そのためには基本的な文章力や語彙力のほか、ライトノベルの要ともいえる「魅力的なキャラクター」作りのスキルも磨いておきたいものです。

とはいえ、これらのスキルを一から独学で身に付けるのは時間がかかりますし、とても大変ですよね。より効率的にライトノベル制作のノウハウを学ぶなら、専門学校へ進学することをおすすめします。
専門学校では、プロの講師による授業を受けることができ、ライトノベル制作に関する知識・スキルを効率良く身に付けることができます。
さらに作品の添削を受けることで客観的な意見を聞くことができて、作品のクオリティも上がりますよ。
本気でライトノベル作家を目指すなら、進路の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

コラム業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light