声優

「アイドル声優」のブームは継続中! その歴史は意外と深いって本当?

「アイドル声優」のブームは継続中! その歴史は意外と深いって本当?

ライブ活動やテレビ出演など、さまざまな舞台で活躍する「アイドル声優」が増えています。
アイドル声優というと最近のブームのように思われがちですが、実はアイドル声優の歴史は意外と深いものです。
アニメ作品のキャラクターに合わせた衣装やメイクでステージに立ち、パフォーマンスでファンを楽しませるアイドル声優。
今回はそんなアイドル声優の歴史を紐解いていきます。

70年代から80年代に活躍したアイドル声優

2000年代から急激に増えてきた「アイドル声優」という存在。それまでは、声のみで仕事をし、表舞台には一切出ないという声優も少なくありませんでした。
とはいえ、全ての声優が表に顔を出さずに活動していたわけではありません。

70年代には「機動戦士ガンダム」の古谷徹さんや古川登志夫さんが結成したバンド「スラップスティック」が女性ファンからアイドル的な人気を集めていました。
80年代のアニメ界には、アイドルから声優になり、アニメ「タッチ」の朝倉南役を演じた日高のり子さんの存在があります。

90年代から2000年代に活躍したアイドル声優

90年代に入ると椎名へきるさんや國府田マリ子さん、そして林原めぐみさんがアイドル活動や歌手活動をし、注目を集めるようになりました。
さらに2000年代に入ると深夜アニメの本数も増え、これにともなって多くの声優が表舞台で活躍するようになってきました。
アーツビジョン系の堀江由衣さんや田村ゆかりさんはその代表格といえるでしょう。
キングレコードは2004年頃に水樹奈々さんをアーティスト系声優としてプロデュースし、その人気は現在まで続いています。

アイドル声優がユニットを組むケース

2000年代になると、ユニットを組んで活躍するアイドル声優も増えてきました。

豊崎愛生さんや戸松遥さんといった人気声優で構成される「スフィア」をはじめ、アニメ作品をベースとしたアイドル声優ユニットがたくさん登場し、人気を集めます。
「THE IDOLM@STER」や「ラブライブ!」といったアイドルもののアニメ作品で、出演する声優がアニメのキャラクターと同じような衣装を着てライブを行うことも増えてきました。

歴史に名を残すアイドル声優もいる

声優のアイドル化、タレント化は年々進み、近年では「声優は歌って踊れるのがステータス」
という時代になっています。また、一般の芸能事務所に所属するタレントや歌手がアニメ声優を担当し、マルチに活躍できるアイドルとして売り出すケースもあります。
スキルの高い声優は表舞台で長く活躍し続けられるものです。
実際に水樹奈々さんや田村ゆかりさんはアイドル声優として長期的な人気を集め続け、声優界にその名を残しています。

歴史に名を残すアイドル声優もいる

アニメファンから高い人気を集めるアイドル声優は、声優としてのスキルだけではなく高い歌唱力やダンススキルを持っているものです。
歴史に残る有名声優になるためには、早いうちから声優の基礎を身につけておくことが大切です。
専門学校で声優に必要なスキルを学んでおけば、将来第一線で活躍しアニメ界にその名を残す声優になることも夢ではありません。

声優業界で『好き』なことを『仕事』にする学校
「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の資料請求はこちら

手続き簡単!資料請求をする!

  • f.light