体験入学

資料請求

学校情報公開

▼コンテンツ一覧

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
業界コラム
COLUMN

声優・アニメ・eスポーツ・ゲーム業界コラム

その他

憧れの「ユーチューバー」になるには何から始めればいい?

憧れの「ユーチューバー」になるには何から始めればいい?

YouTubeで動画を配信し、収入を得ている「ユーチューバー」。現代における憧れの職業の1つですよね。
しかし、ユーチューバーになるには一体どうすればよいのでしょうか?
ここでは、「何が特別な資格が必要なのか」「どのような方法でなれるのか」といった、ユーチューバーになるための方法をご紹介します。

ユーチューバーになるには何が必要?

YouTubeでは、ゲーム実況やメイク・ヘアアレンジなどの美容関連の内容、おもちゃの遊び方紹介、〇〇をやってみた系など、さまざまな動画がアップされています。
このような動画を配信するユーチューバーになるには、特別な資格や学歴は必要ありません。
ただし、ユーチューバーとして収入を得るには、多くの人に見てもらい、閲覧回数を増やす必要があります。
そのためには動画の構成を考えて編集をしたり、視聴者を楽しませられる話し方をしたりといった努力が不可欠です。
また、動画の配信頻度が少なくなると、視聴者が離れていってしまうことも。
「毎日1本は動画をアップする」といった心意気で動画を配信し続ける「継続力」も重要だといえます。

ユーチューバーにはどのような方法でなれる?

ユーチューバーになるには、スマホやビデオカメラを使って動画を撮影し、YouTubeへ動画をアップロードする方法が一般的です。
動画の内容はゲーム実況やヘアアレンジやメイク、コスメの方法を紹介するもの、料理、おもちゃの紹介、自分で考えた企画物などが人気となっています。
撮影した動画をそのままアップロードすると、どうしてもテンポが悪く間延びしたような動画になってしまいますので、不要な部分をカットする・BGMや効果音やテロップを入れるなどの編集が必要です。
編集には専用のソフトを使用しますが、無料のものから有料のものまでさまざまなソフトがあります。色々試して自分が使いやすいものを選んでみてください。
動画配信のための編集作業は、慣れていないうちは多くの時間がかかるかもしれません。
しかしそれを乗り越えて、魅力的な動画をコンスタントに動画を配信できれば、次第に閲覧回数やチャンネル登録数が増えていくはずです。

また、さらに収益を上げるにはYouTubeの「パートナープログラム」に参加する必要があります。
パートナープログラムへの参加条件は「公開動画の総再生時間が4000時間以上である」「チャンネル登録者数が1000人以上である」などの条件がありますが、審査に通ると広告収益やYouTube Premiumユーザーが視聴した場合に利用料金の一部が収益として入ってくるようになります。
パートナープログラムの収益化機能は複数あり、チャンネル登録者数に応じて利用できる内容が異なります。
より多くの人にチャンネル登録してもらうには、視聴者に「また見たい!」「続きが気になる!」と思わせるような動画を作ることはもちろん、SNSなどで宣伝をして多くの人にアピールをする発信力も大切です。

多くの人を楽しませるユーチューバーになろう!

プロゲーマーの第一歩として、「自分から行動できる」ようになろう!

YouTube動画は、小さなお子さんからお年寄りまで幅広い年代の人をワクワクさせられるエンターテイメントです。今後も新たな人気ユーチューバーが続々と誕生していくと予想されます。
もしあなたが真剣にユーチューバーを目指すのなら、専門学校で動画制作や実況などについて学んでみるのがおすすめです。
動画配信に関するノウハウや実況の盛り上げかたなど、独学では分かりにくいことも知識豊富な講師に聞いて学ぶことができますよ。
人気ユーチューバーを目指す第一歩として、専門学校へ進学することをぜひ検討してみてくださいね。